カテゴリ:未分類( 1391 )

新しい風に 2018(H30)年度

人生は矛盾に満ちており、受け入れがたい現実に溢れている。
現実は自分の価値観で測るわけだが、一方の正義が他方には邪悪ということも少なくない。
更に、自身のモノサシの正確性も怪しい時があるし、モノサシを見る目にはバイアスがかかりがちだ。
従い、他所様から見れば、オメはんの受け入れ難い現実は、その実、ヤンバイということも多々ある。

生きていくためには、力のある者のいう正義に屈せざるを得ないことも避けられぬ。
世の中を上手に渡っていくには、素の力量のほか、阿諛追従の類が時に必要なことも太古から変わらない。

3年前の今頃、こういう記事を書いた。
明日からは「あの おんつぁま 帰ってきたじゃ」と思う向きもあるだろう。

新たなポストに赴くに当たり、(特に若い衆から)「オメ、よぐ来てけだ」と思ってもらえるやら、「オメど しごど したづぎゃ、いぢばん おもしぇがったった」と言ってもらえるほうに価値を見出す性分であるが、これはひとつ誤ると拙い結果を生む。

==========

先週は高校OBでの東京遠征であった。
試合出場は数分、あとは撮影に費やした。
桜咲く先様のグランドに躍動する我が方若きOB諸君である。
(フォトショップで加工してある)
b0032468_18523984.jpg
頼もしい限りであった。



今冬は概ね週に2回、筋トレ、インターバルを意識したランニングで鍛えた。
ヤマノカミに見せるばりだが、上腕も太くなり、方々に張りを感じる。
スロートレーニングで過重な負荷を避ける方法も憶えたので、蝶番の具合もいい。

ところが、今季はクラブへのコミットメントが薄くなりそうなんだな、これが。

by skipoyaji2 | 2018-04-01 18:59 | Comments(0)

あれから7年

人生は受け入れ難い現実に溢れている。
7年は、自らの中で不承不承納得せしめるに十分な年月であろうか。
14時46分、黙祷。


過日の大雨、このところの暖気で歩道の氷雪も溶けており、今日はロードに出るべきと30分を目途に走る。
平均時速7.7km/h, 時にダッシュを加え(いいオヤジが歩道を疾走する様は、痴漢に誤認されたかの様かも知れぬ)、その最高は16.5km/hであった。
b0032468_20384540.gif

by skipoyaji2 | 2018-03-11 20:41 | Comments(0)

賛 スコットランド

イングランドに制圧されたケルト諸国のことを過去に書いたと思う。
こうした歴史は我ら東北人にも相通じるものがある。
Flowers of Scotlandは、哀愁溢れるバグパイプ、その歌詞と併せ東北人は深く共感できるのではないかと思う。
原語の歌詞と訳詞はこちらを参照願いたい。
以下は1987年、ブリテン島を旅したオラの若き日の撮影から。
b0032468_19182825.jpg
試合はなかったが、マレーフィールドを訪れ、向かいのパブでビターをいただいた。

ご夫婦の画像は、ネッシーのネス湖でガイドをしていた小父さんPeterと奥様のIrene(アイリーン)。
泊まるところが決めっていないというと、自宅(B&Bもやっていた)に案内いただいた。
夜は近所の、なんというかなあ、住宅街にある部落の集会場みたいなパブに連れていってくれた。
そこで理科の先生というスコットランド人と話した際に、イングランド人に対する感情を訊いてみた。
オラだぢが東京のヒトに抱くような感情に近い。
卒業してロンドンに出た子が帰省して、イングランド弁でHow are you ?なんて言われると、「けづ、なんたら なった気して」というようなことを言っていた。

スコットランドもそうだが、ケルト勢がイングランドに勝つというのは痛快だ。

by skipoyaji2 | 2018-02-25 19:21 | Comments(6)

元気に、楽しく、末永く(2017-18冬季)

不惑ラグビーの本旨はタイトルの「元気に、楽しく、末永く」であるが、ラグビーを元気に、楽しくプレイするには体づくりが重要だ。以前に減量のことを書いた。特に変わったことをしたわけではなく、最近流行りのロカボと、自主トレの頻度を少しあげただけのことである。

開始して1年で10kg以上減の75kg台で安定し、健康診断の数値も一気に改善し、ほぼ悪いところはないというところまできた。トレッドミルでもロードでも、昨冬と比べ明らかに体が軽く、自分ではびゅんびゅん走れているような気がしている。1月に入り74kg台を記録することもあるほどで、更に絞るかとも思ったが、フロントローが楽しくプレイするには、ただ減らせばいいというものではなく、問題は筋肉量で、これがなかなか増えない。

適切な筋トレ方法も、自分の学生時代から進化している筈と調べると、変わらぬこと、変わっていること、そのどちらもある。

変わっていないのは基本3種が、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトということ(今はビッグスリーともいうようだ)、1セット毎に所謂オールアウト、最後の1回が挙がるか挙がらぬかのところまで追い込まなければ筋肥大が起きないということなどである。

一方、新しい方法ではディセンディング・セット法というのを見つけ、これは学生時代と違い時間がない勤め人には短時間で追い込めるいい方法である。家でやるにはスロートレーニングという、1回のムーブ、例えば自重スクワットならしゃがむのに5秒、上がるのに5秒、膝を伸ばし切らず繰り返すというのもある。

筋肥大を求めるには、週2回は必要であり、今季は週末以外にもミッドウィークに1回、なるべくジムに通うようにしている。公設体育館の設備上、フリーウェイトとはなかなかいかず、ダンベル、マシン代用となるがビッグスリーを中心に、
・アームカール(前節シックスネーションズでも、モールでボールをもぎ取るシーンが見られたが、そうでなくともモールで絡みださせないためには上腕の力が重要だ)。
・ラインアウトスローにも効くと思われるフレンチプレス(実際、家でのダンベルも効いたと思う)
・更にラインアウトジャンパーのリフター力増強のため、模した動作をダンベルを持って行うな自作ムーブ
・負荷を課した腹筋、ダンベルランジ、ダンベルカーフレイズなどなど、翌日筋肉痛が出る程度に方々を鍛える。

目的は、あくまでも楽しくラグビーをプレイするためであり、ボディビルをしようというのはないし、無理して古傷を痛めても意味がない。更に、「元気に、楽しく」プレイする前提として、「末永く」健康にいなければならないが、健康に老いるためには筋トレが有効というのが近年の常識となっており、オフに限らず何とか通年で続けたい。

走る方では、体が軽いと書いたが、マラソンを目指すわけではないので、単調なランニングではなく、これまたウェブで見つけたHIIT(高強度インターバルトレーニング)、要するに、インターバル走を高負荷で行うものをモデルに、ラグビーでの実際の走り方に即し、トレッドミルの設定で今のところ最高14.5km/hをピークにジョグでつなげる。本来、ランニングは筋トレとは別の日に設定すべきだが、流石にそこまでの時間はない。

ウェイトでは1セット毎に、トレッドミルでは終了後に、相当息が上がり、膝に手を当てねばならぬほどには追い込んでいく。ただ、「末永く」との兼ね合いがここでも必要で、心拍数や血圧には注意が必要だ。生きていてのラグビーである。

時に困るのが市立体育館の多数派、「ゆるトレ派」とでもいうべき若い子たち。重量も回数もゆるゆるで、過剰なインターバル。最大筋力にせよ、持久力にせよ相当の負荷をかける必要がある筈で、あんなトレーニングでは何の意味もなかろうと思うが、ま、それは本人のご自由。ただ、1セット後にすぐマシンから立ってくれればいいのに、いつもまでも座りこんでいるのは勘弁してほしい。

過日の屋内練習で、マッチョな3番のK君と筋トレ話になったが、フリーウェイトであれば隣のT市の体育館がいいという。行ってみればなるほど、マシンの種類は少ないがバーベルができる。空いているし、ここは穴場であった。更に、正しく追い込むウェイトトレーニングをする若い衆、先輩が多いのも好ましく、オラが息を上げても違和感がない(時にベンチでバーベルを落とす若い衆がいて、すわ首に落としたかと駆け寄ったが、ガイドバーで回避していたのであった。こういう向きにはアシストを申し出たいくらいだ)。

マイベルト持参の先輩もおいでで、オラも例の腰に巻くベルトを1本求めようかなどと思っているが、はて、またも無駄遣いになるか。

by skipoyaji2 | 2018-02-07 20:57 | Comments(2)

2017-18 TL入替戦

3試合、それぞれに見応えのある素晴らしいゲームであった。
これから録画で見る向きは、結果を知ることなくご覧になることをお勧めする。

by skipoyaji2 | 2018-01-20 16:47 | Comments(0)

2017-18 日本選手権決勝・KSW入替戦

ああ、素晴らしいラグビーフットボールであった。
出身の国如何不問、豪州代表というだけで目立ちもしない。
日本の水準がここまで来たかと、感慨ひとしおである。
いや、凄い。

==============

KSWは55-19で大阪府警を躱したようだ。
栗田が52-17だから、栗田との比較で課したオラのノルマを1点差でクリア(こんなことあるんだ)。


東京は大森まで赴いた支援者もおありのようで、頭が下がる。
オラにはもはでぎねじゃ。

by skipoyaji2 | 2018-01-13 16:43 | Comments(0)

我がラグビーの近況2018

さて昨年に続き風邪で年越しとなり、盛岡RSの初蹴りは断念、今年は出ようかと思っていた高校OB会の新年会も見送って正月3日。漸く体調も回復すると、体を動かしたくなる。

普段使っている市営体育館は3日まで休業だが、開館の旧アイスアリーナへ。
同じように来た向きも多くいたとみえて、結構な混み具合である。
基本ウェイトを中心に、最後はトレッドミルで30分。
スミスマシンも使ってみたかったがマッチョな若い衆の予約が途切れることなく、こちらは次回のお楽しみとした。

さてKSW。
入替戦は入替戦でも本来進むべきであったTL下位とのそれではなく、まさかの降格回避のための一戦。
これまでも予想外のことは多々あったが、今季も再び・・・

公式サイトで12月のスケジュールを見ると、
マツダ戦の後も練習予定が入っている。
b0032468_20565673.jpg
(まさか、入替戦が織り込み済であったということではなかろうが)
一方で本記事アップ時点では、1月の予定は掲載されておらず。
(まさか、練習していないということではなかろうが)

1月13日、ホームで迎え撃つは大阪府警。
最近の試合ぶりは見ていないが、徹底したアップダンドアンダーと(警察の訓練で鍛えた)強靭なタックルで神戸製鋼も苦手としていたことがある。敵方、純然たるアマチュアである筈であり、プロ選手も擁するKSWが負けることはよもやあるまいが、それとも再度の予想外があるだろうか。

前回対戦は辛勝だった筈だが、今季は栗田が52-17で勝っている以上、これ以上のスコアで勝たないとTCに残留する資格はない。期待値を下げ続け十数年。それでも大漁旗を振る向きがいる。こうした熱心な地元衆にせめて最後はいい試合を見せてあげてほしい。

RWC2019を控え、ラグビーそのものへの関心を高めていくことが必要だ。
そのためには地元のチームが活躍し、注目を集めることではないか。

2019年までにTL昇格とは、これまた見果てぬ夢に終わりそうだが、せめて人の心を打つ試合を見せてほしい。
これはオラの別種の感情が入っている故、一般化できないが、例えばこういう試合。


(そういう意味では、花園における我が代表の2回戦。我等仲間内の論評にオラも同意である・・・)

by skipoyaji2 | 2018-01-04 20:53 | Comments(0)

恭賀新年2018

昨年に続き風邪ひきでの年越しである。
ま、シーズン中、不調でなければそれで宜しい。

旧年中、お世話になった皆様に感謝申し上げますとともに、
引き続きご厚誼賜りますようお願い致します。
b0032468_20411433.jpg

by skipoyaji2 | 2018-01-01 20:41 | Comments(0)

2017 TL最終節

本日はジムでトレーニングの後、ヤマハ v パナ、トヨタ v 神鋼(こちらは後半から)をテレビ観戦。
どちらもレベルの高い好試合であった。日本のラグビーの進化を思う。

一方、KSWは入替戦へ。
公式掲示板には縷々声あるも、オラもうは何も言わない。
ただ、それでも応援するという向きには頭が下がる。

by skipoyaji2 | 2017-12-24 19:06 | Comments(0)

2017シーズン TC2 第2節 

前節12/16、試合があることも実は既にほとんど意識していなかった。
ま、TCの下位グループなら問題あるまいと思っていたが、何と中国電力に負けていた。
現状の星取りは下表のとおりであり、
b0032468_19513728.jpg
マツダ戦の結果如何では、入替戦の可能性があるということなんだ。

by skipoyaji2 | 2017-12-18 19:54 | Comments(2)