2019 盛岡一三北工OB戦

標記試合は数年前の一高・三高のOB戦に始まり、年々参加校が拡大し、お盆の定例行事となった。昨年は若手がずらりと揃った三高に完敗。今年も我が方は直前までのweb集計では15人に届かず、オラも出ねばなるまいと思っていたが、前日に突然の腰から背筋への鋭い痛みで走れなくなる。なにかの弾みと思われ、一晩寝れば治るかと思ったが、痛みが引かず撮影に専念することにした。

なに行ってみれば、BKに若手がごっそり来ており、人は足りているし、スクラムはノーコン。オラが出ねばという心配は杞憂に終わる。敵方も娘の出身校であり両軍均等に撮ったところ最大の収穫はこれ。

我が方フロントローのT大先輩が、短いキックオフボールを見事にキャッチし前進する様子。
b0032468_18061021.jpg
フロントローがボールを持って走るショットは常に難しいが、不惑世代でパンツのカラーを重ねていくと更に難度が上がる。いろいろ世話になってきただけに収められてよかった。背・腰痛で欠場したが故、一種の怪我の功名か。

時に、撮っているうちに痛みが気にならなくなり、終わった頃には何ともない。ナンダッタノダ、これは。

by skipoyaji2 | 2019-08-16 18:08 | Comments(0)


<< 日本の力 ネプチューン名倉の一件(頸椎ヘ... >>