ネプチューン名倉の一件(頸椎ヘルニア)

ネプチューン名倉氏の2か月休養。大元の原因は頸椎ヘルニアという。隠された事情もあるらしいとの憶測もあるようだが、事象そのままに捉える限り、ヘルニア持ちとしては、大いに同情するところ。

思えば、オラにも星の国時代に既に首にヘルニアが見つかっており、する方のラグビーを断念と決めたこともあったように記憶するが、帰国後、時効ということにして不惑でラグビーを継続。

この春、ヘルニアは他にも発見され、複数による不調が見られるものの、オラは手術には及ばぬ状況につき、服薬とストレッチや体操、軽負荷の筋トレで何とかしようとしている。
関連の書物などにも当たっているが、どうも手術で症状が取れぬ場合もあるらしく(症状の本当に原因がヘルニアではないという場合もあると説く向きもある)、名倉氏のケースは、もしかして(あくまでももしかしてだが)それでメンタル不調に至ったのではないかと推察する。

書物によっては症状は、歳を重ね経年劣化した体に無理をさせないための自己防衛機能、神様からのドクターストップともいう。
b0032468_19502287.jpg
オラはこのイラストほどジサマではないつもりであり、ドクターストップを頂戴するにはまだ早いような気もするが、元来がアスリートでないオラには仕方ないかも知れぬと思ったり、日々異なる調子に気持ちも揺れる。

時に、40年前の全日本プロレス中継。御大のG馬場の試合にて、倉持アナの曰く「馬場のココナッツクラッシュ!!、この技が出る時は調子がいいんです!!」。
大して難しそうでもない技にこのコメント。逆にいえば、出ない時は調子が悪いともいえ、当時既にいい歳で動きもゆっくりになってきた馬場に、普段は調子が悪いのか、大丈夫なのかと、漠然とした不安を感じていた(当時はショーだとは思っていなかった)。

そういうオラも、毎日、不具合の箇所毎に調子は異なり、今日は比較的いいの悪いの、その日暮らしである。「SKPのターップキック!!これをノックオンしない時は調子がいいんです!!」ココナッツクラッシュとどっちが難しいかな105.png

by skipoyaji2 | 2019-08-05 19:52 | Comments(0)


<< 2019 盛岡一三北工OB戦 何と素晴らしき一日(2019.... >>