賛 スコットランド

イングランドに制圧されたケルト諸国のことを過去に書いたと思う。
こうした歴史は我ら東北人にも相通じるものがある。
Flowers of Scotlandは、哀愁溢れるバグパイプ、その歌詞と併せ東北人は深く共感できるのではないかと思う。
原語の歌詞と訳詞はこちらを参照願いたい。
以下は1987年、ブリテン島を旅したオラの若き日の撮影から。
b0032468_19182825.jpg
試合はなかったが、マレーフィールドを訪れ、向かいのパブでビターをいただいた。

ご夫婦の画像は、ネッシーのネス湖でガイドをしていた小父さんPeterと奥様のIrene(アイリーン)。
泊まるところが決めっていないというと、自宅(B&Bもやっていた)に案内いただいた。
夜は近所の、なんというかなあ、住宅街にある部落の集会場みたいなパブに連れていってくれた。
そこで理科の先生というスコットランド人と話した際に、イングランド人に対する感情を訊いてみた。
オラだぢが東京のヒトに抱くような感情に近い。
卒業してロンドンに出た子が帰省して、イングランド弁でHow are you ?なんて言われると、「けづ、なんたら なった気して」というようなことを言っていた。

スコットランドもそうだが、ケルト勢がイングランドに勝つというのは痛快だ。

by skipoyaji2 | 2018-02-25 19:21 | Comments(6)
Commented by K口 at 2018-02-27 08:35 x
映画ブレーブハートの世界ですね。久しぶりのなった気しで(笑)
Commented by skipoyaji2 at 2018-02-27 22:01
K口先輩、お久しぶりでやんす。今年の当地は厳寒だども御地如何でやんしょ。かの映画、拝見したことがながんすども、見でみねば。
「なったぎ」は、生意気では表現しきれない微妙なニュアンスがありますね。方言には豊かな表現力がありやんす。
Commented by K口 at 2018-02-28 09:12 x
こちらも今年の冬は寒がんした。今朝も氷点下でしたが、日中はもう春ですね。映画、是非観てください。今すぐ都南のツタヤさあべ(笑)
Commented by skipoyaji2 at 2018-03-01 19:13
オンラインで拝見しやんす♪
Commented by K口 at 2018-03-01 20:52 x
そういう時代かぁ💦
その昔、西下台のアパートには、β⁉️のビデオデッキがあったなぁ😅
是非とも映画の感想を聞かせてけで😄
Commented by skipoyaji2 at 2018-03-02 20:49
じゃっ!学生でβ持ってってらってすか。ブルジョワでゲスなあ♪ラグビー録画用への熱意に頭が下がります(ってが)


<< あれから7年 元気に、楽しく、末永く(201... >>