NTTダービーに思った

土曜日のNTTダービー。
解説が薫田ACであったので、主音声で作業しながら録画を回して見た。

実況が両チームの熱心な応援団に触れ、それぞれ3千人だか4千人だか来るの来たのだと、昨年はゴールドと赤に観客席が染まっただの、述べる。まあそれはそれで結構なことである。

薫田AC、観客増加にはプレイのレベルを更に向上させ、お客様にいいラグビーをお見せすることが重要だと。
間違いではない。

スポーツを見る楽しみというのは、妙技を堪能するのも勿論であるが、贔屓のチームに自我の一部を託し、チームの勝敗=我が勝敗となることではないだろうか。

たまたま9/21の記事でNTTコールのことを書いたが、我を一企業に託すのには抵抗がある。
他方、地域というのは人格の一部を構成しており、それ故、○○県民は○○県の悪口を言われると不快なわけである。
by skipoyaji2 | 2012-10-08 08:12 | Comments(0)


<< Rugby Champions... ニューフレンドが・・・ >>