日本の力

好調なチケット販売などからも薄々感じていたが、我が国がホストするのは一生に一度ではないかもしれぬ。
https://news.yahoo.co.jp/byline/taramasataka/20190910-00142027/
こういうところ(↑)も、これまた日本らしく、ホスト国の評価を上げることに相違ない。

# by skipoyaji2 | 2019-09-10 21:30 | Comments(0)

2019 盛岡一三北工OB戦

標記試合は数年前の一高・三高のOB戦に始まり、年々参加校が拡大し、お盆の定例行事となった。昨年は若手がずらりと揃った三高に完敗。今年も我が方は直前までのweb集計では15人に届かず、オラも出ねばなるまいと思っていたが、前日に突然の腰から背筋への鋭い痛みで走れなくなる。なにかの弾みと思われ、一晩寝れば治るかと思ったが、痛みが引かず撮影に専念することにした。

なに行ってみれば、BKに若手がごっそり来ており、人は足りているし、スクラムはノーコン。オラが出ねばという心配は杞憂に終わる。敵方も娘の出身校であり両軍均等に撮ったところ最大の収穫はこれ。

我が方フロントローのT大先輩が、短いキックオフボールを見事にキャッチし前進する様子。
b0032468_18061021.jpg
フロントローがボールを持って走るショットは常に難しいが、不惑世代でパンツのカラーを重ねていくと更に難度が上がる。いろいろ世話になってきただけに収められてよかった。背・腰痛で欠場したが故、一種の怪我の功名か。

時に、撮っているうちに痛みが気にならなくなり、終わった頃には何ともない。ナンダッタノダ、これは。

# by skipoyaji2 | 2019-08-16 18:08 | Comments(0)

ネプチューン名倉の一件(頸椎ヘルニア)

ネプチューン名倉氏の2か月休養。大元の原因は頸椎ヘルニアという。隠された事情もあるらしいとの憶測もあるようだが、事象そのままに捉える限り、ヘルニア持ちとしては、大いに同情するところ。

思えば、オラにも星の国時代に既に首にヘルニアが見つかっており、する方のラグビーを断念と決めたこともあったように記憶するが、帰国後、時効ということにして不惑でラグビーを継続。

この春、ヘルニアは他にも発見され、複数による不調が見られるものの、オラは手術には及ばぬ状況につき、服薬とストレッチや体操、軽負荷の筋トレで何とかしようとしている。
関連の書物などにも当たっているが、どうも手術で症状が取れぬ場合もあるらしく(症状の本当に原因がヘルニアではないという場合もあると説く向きもある)、名倉氏のケースは、もしかして(あくまでももしかしてだが)それでメンタル不調に至ったのではないかと推察する。

書物によっては症状は、歳を重ね経年劣化した体に無理をさせないための自己防衛機能、神様からのドクターストップともいう。
b0032468_19502287.jpg
オラはこのイラストほどジサマではないつもりであり、ドクターストップを頂戴するにはまだ早いような気もするが、元来がアスリートでないオラには仕方ないかも知れぬと思ったり、日々異なる調子に気持ちも揺れる。

時に、40年前の全日本プロレス中継。御大のG馬場の試合にて、倉持アナの曰く「馬場のココナッツクラッシュ!!、この技が出る時は調子がいいんです!!」。
大して難しそうでもない技にこのコメント。逆にいえば、出ない時は調子が悪いともいえ、当時既にいい歳で動きもゆっくりになってきた馬場に、普段は調子が悪いのか、大丈夫なのかと、漠然とした不安を感じていた(当時はショーだとは思っていなかった)。

そういうオラも、毎日、不具合の箇所毎に調子は異なり、今日は比較的いいの悪いの、その日暮らしである。「SKPのターップキック!!これをノックオンしない時は調子がいいんです!!」ココナッツクラッシュとどっちが難しいかな105.png

# by skipoyaji2 | 2019-08-05 19:52 | Comments(0)

何と素晴らしき一日(2019.7.27 日本 v フィジー 於:釜石鵜住居)

釜石で日本代表が快勝。沢山書きたいことはあるが、タイトルのとおりである。
何しろ万事楽しかった、本当に。

EJ崇拝が止まぬ一部メディアにはJJを辛辣に批評した向きもあったが、この結果に何という。無論RWCの結果を待たなければならないが、まずはチームの方針に間違いがなかったことを証明したといえるだろう。
b0032468_08483588.jpg
b0032468_08483566.jpg
(このラインアウトの後に最初のトライとなる。ジャンパーはほぼ不惑のトンプソン。38歳、あの暑い中、フル出場とは驚異的)
b0032468_08483517.jpg
(10番田村は円熟期。明大時代の若干のナッタ気感は過去のもの)
b0032468_08483573.jpg
(綺麗なスクラム。負傷中の選手が積みあがるが、逆に層が厚くなってきたともいえる)

最も心配された観客輸送に纏わるロジスティクス。オラもここを懸念しており、盛岡駅からのライナーバス乗車を珍しくFBに投稿したが、自身で体験した限り、加えて周囲からこれまで聞いた限りにおいて、及第点だと思う(釜石線は4本の臨時列車を出したが、首都圏の電車の如き混みようだったらしい。)。

前例のない釜石での大イベント。(恐らくは)想定以上の暑さも加わり、事前、当日と大変な苦労があったことと拝察する。オラの本職でのお知り合いが現場仕事に携わる姿もあちこち見える。この素晴らしい一日を実現するために尽力された関係の皆様に、心から敬意と感謝の意を表する次第である(一杯350mlで650円のハイネケンも一種のドネーションと心得るべきなのであろう。)。
b0032468_08483529.jpg
これを糧にRWC本番は更にオペレーションが進化するだろう。
皆さん、鵜住居でまた会いましょうノシ

# by skipoyaji2 | 2019-07-28 09:06 | Comments(0)

釜石から日本代表を(東北の先達の如く)

流石、こういう記事は氏にしか書けない。



# by skipoyaji2 | 2019-07-19 18:59 | Comments(0)

Well done, boys!!

It would have been a lot better, if our BOYS had been there!

b0032468_18192941.jpg


# by skipoyaji2 | 2019-07-13 18:20 | Comments(0)

TLC2019第3節 於 釜石鵜住居復興スタジアム

先週末は標記試合の公式撮影に赴いた。
仮設スタンド完成後の最初の試合、その姿で国内公式戦が行われるのは、これが最初で最後なのかも知れない、そういう意味もある試合であった。

設計の意図どおりなのであろう、ピッチサイドから見ると常設スタンドとよく調和し仮設感がない。このスタンドが7月のPNC、秋のRWCと、大観衆で埋め尽くされるのだ。
b0032468_20004567.jpg
b0032468_20004684.jpg
TL公式サイトの当該記事はこちらである。プレイの画像はせいぜい2枚ほどだろうと思っていたら、結構掲載してもらった。これは使われないだろうと補正もしないでしまったショットもあって油断ならぬ。今後の糧としよう。


本来2試合目だったKSWの公式戦はトヨタの不祥事により練習試合に差し替え。
この大観客席のあるウノスタの公式戦は幻に。
b0032468_20004642.jpg
仮設撤去後の本来の姿でよいから、それなりに賑わうスタジアムにできるか否か、ホームチームにかかっている。

# by skipoyaji2 | 2019-07-09 20:17 | Comments(0)

2019年6月のあれこれ

気が付くと6月もお仕舞、早くも1年の折り返し。

今月は8日、9日と東日本大会をホスト。
オラホは例の如く撮影がお役目、一部は奥州の〇キさんにも協力願う。
オラホはヤマノカミと2台体制で臨み、2日間で6千ショット近く撮っていた。
セレクトしたうえで試合ごとにまとめるのが帰宅後の一仕事。助っ人が入っていたりジャージ裏返しがあったりで余計にややこしい。

まとめた結果は公式ブログに掲示したとおりだが、ネットに親しまぬ先輩方もおいでかと思われ、ご本人まで届いたかどうか。それでも、どこかで誰かの励みになっていれば幸いだ。
例の如くB級品まで掲載したが、ベストショットでまとめてみようかと選んでみると、結構な枚数。これを見る暇な向きもなかろうとお蔵入りにする。

オラは主にOver60を撮影したが、ほんに諸先輩方お元気なこと。特に仙台と秋田の皆さんが印象に残っている。あちこち調子が悪い最近、あの御年までプレイできるんだか、そもそも生きていられるんだか。

23日はTLC開幕戦。昨季は仕事との兼ね合いで全く手伝えなかったが、今回はこちらも撮影で事務局入り。KSWではU59主将御子息が公式戦デビュー(画像はかなりトリミングしてある)。
b0032468_20025095.jpg

TLC公式サイトの試合レポートは昨年度から記者会見の模様のみで、試合の画像は必須でなくなったそうだが、あるに越したことはない。というわけで拙作も載せていただいた公式レポートはこちらである。
こうして見るとなかなか立派なショットに見える(でしょ?)。

============

その前日、22日土曜は以前から関心のあった村尾隆介氏の講演を釜石で聞いてきた。
当日講演のサマリーではないが、こちらでよくまとまっているので、御関心の向きは御覧あれ。外国からのお客を迎えるのに本当に必要なことが分かる。

また、御商売など営まれている向きは、こちらのアイコンを是非活用いただければと思う。
オラも今の職場で展開中である。


RWC、とりわけ釜石での開催をいろいろな意味で成功させるには、多くの人々の力が必要だ。
オラは関係ないと思わないことだ。

# by skipoyaji2 | 2019-06-30 20:02 | Comments(0)

2019年、令和元年 IBC杯

聞けば種々事情あって中華台北との試合になったそうである。
相手方どれだけの力か、例年以上に分からず、今季を占うゲームではないので、ワレラガムスコラの活躍を収めればと思ったが、残念ながら出場の機会なし。

ムスコラを収めるつもりで2台体制でやる気満々であったが、
(以下の機材関係の記述の一部は分かる向きのみにて)
なんとメインのフルサイズ機が連休中に故障。
本日はサブのAPS-C機一台(とはいえ従来、これういう体制が常だったが)で撮る。
但し、今回はエクステンダーを噛ましながら、プレイはプロっぽく大口径単焦点レンズ1本で撮る。ボケ具合がやはり違う。
b0032468_19143317.jpg
縮小版で以下にご案内する。



# by skipoyaji2 | 2019-05-12 19:08 | Comments(0)

不惑のステキなオジさま

昨日は全国一斉ラグビー体験会ということで、盛岡RSとコラボ練習日。
普段と違う会場に向かうと、E会長がお一人ぽつねんと。
オラも以前からある芝生の辺りであろうと思い込んでいたら、共に勘違いをしていた。

というわけで若干遅れて本隊に合流。
医師からもほどほどにしろと言われているので、ストレートは控えめにして、少し撮影の練習をする。
その後練習に加わり、今回もGPSで測ると結局4km走っていた。
ADでは完治していない小指をまたもや痛め、全然ほどほどではない。

さて、終了後はスクールの体験会の手伝い。
オラにできることは撮影なわけだが、高学年のスピードとスキルの高さにびっくり。
そして、幼稚園から低学年のちっちゃいわらしゃんどの可愛いのなんの。こればっかり撮っていた。他所様のお子さんがたのことゆえ、画像の扱いは主催がに委ねたが、RSとしては公開OKのようで、彼らのFBでは岩手不惑のステキなオジさま提供とご紹介いただいた。ご関心の向きはご覧ください。見れば萌えるじぇ(´∀`*)ウフフ、なんて言っているとステキなオジさまでねえな。
ここにはフォトショップで加工した一枚だけ貼る。原版は実はピントが甘いのだが、甘いのが逆に何ともいえぬショット。更にプライバシー配慮も兼ねさらに柔らかな雰囲気にしてみた。
b0032468_19355010.jpg
オラも早く孫が欲しい。
もはやオジさまでなくジサマでよい。

# by skipoyaji2 | 2019-04-22 19:40 | Comments(2)

平成最後の年度はじめ

下ろしたての制服に光る自転車、全てが真新しい高校生。
小学1年生とはこんなに小さかったか、子犬の一団の如く駆けていく。
街に見るスーツがまだ馴染まぬ新社会人。
年度末の寒さがなかなか抜けぬ当地だが、確実に新しい季節が巡ってきたことを伝える。

一方のオラは、十年一日、毎度のバスに揺られる年季の入った勤め人。
毎春の芽吹きに感慨が年々深く、同じようなことをこの時期書く次第。

今季は、昨年よりもワークライフバランスが取れそうで、やれ、これでトレーニングにも励めるわいと思ったのだが、どこかが良くなってくると別の何かに故障が。

今回の不調の原因は腰と神経。
コシとシンケイだって、爺さんだなあ。
腰痛には無縁だったので、ここだけは丈夫なつもりでいたが、よく覚えた右臀部の違和感も腰に由来していたようだ。悪いと分かると余計に不調感が増す。病は気からとはこういうこと。
最近は適度な運動が推奨されているようなので、ま、だましだまし行こう。

といいながら、昨日の朝練習はやっぱり思い切り普通にやってしまう。
GPS測定では最高が18.0km/hと前回を1.5上回る。
何がダマシダマシなものか。
b0032468_11151728.png
さて、若いといえば、女子15人制のTID合宿に招集された柏木。釜石商工から日体大に進んでいたんだね。


この関連か、拙ブロクの過去記事でもアクセスがあり、確か、この子の筈である。


自分でいうのも恐縮だが、何度見ても、これはいい絵だ。
かつて撮った子がその後、世に知られるとはシニア冥利。
大成を祈る。

# by skipoyaji2 | 2019-04-15 19:03 | Comments(0)

ラグビーあっての人生

中高年の常であるが、オラもあちこちに不調箇所が。
この冬、それがひとつ増え、診てもらうことにした。

初日。
MRIで脊椎を診断するに、経年劣化が認められる。医師は更なる診断の材料として血液検査を求め、最終判断は翌日に持ち越しに。

結果、深刻な病ではないことが判明。
そこで、医師とのやりとり。

SKP「んで、ラグビーはしても大丈夫でやんすね(嬉)!?」
(医師のPC画面、右上には紺パン世代のオラの年齢が表示されている)
医師「えっ!?ラグビーですか??その御年で」
(と、改めPC画面を見る。診察室内のナースも困惑の色が)
SKP「オラのクラブにはもっと大先輩もおいででやんす♪」
医師「SKPさんの症状で若くしておいでになるのは、実は柔道かラグビーか、どっちかです。ラグビーでしたか・・・。でも楽しいんですよね?」
SKP「楽しがんす!」
医師「では、ほどほどというところで・・・」
SKP「ウェイトもよござんしょ?デッドリフトは止めときますが、スクワットだったら」
医師「そういうのが響くんですが・・・」
SKP「では、ベンチプレスならよがんすべ?」
医師「それは首に負荷がかかるんですが・・・」
SKP「ま、では自重トレだば?」
医師「いずれ、ほどほどに・・・」

というわけで症状が治まるまではほどほどにするが、
「ラグビーは人生にはいいが、健康には悪い。」、と、そういう本日のお話。

# by skipoyaji2 | 2019-03-23 17:58 | Comments(0)

2019シーズン 不惑練習の始まり

月末の釜石マスターズを控え(オラは参加できないが)、例年より早い始動となった。
オラも仕事はヤマを越え、久々にピッチを走る。オフの間は、月に一度ロードに出るのが精いっぱいで少々心配もあったが、まずまず動けたと思う。フィールドでボールを追うのは、やはり気持ちがいい。

腹にスマホを巻いてruntasticで測ると記録は下記のとおり。1時間で4kmになるんだね。最高速度の16.5km/hとはロードでダッシュする時と同じだ。
b0032468_19250926.jpg
走れなくなったら撮影に回ろうと思っていたが、結局最後まで持ち、撮影は結局ヤマノカミに全部任せた。
リンクは公式ブログに貼ってあるので、ご興味ある方はどうぞ。結構ナイスショットもある。


さて6Nは目出度くウェールズがグランドスラム。スコットランドも惜しかった。英蘭勢には努々油断ならぬ。
陽狼は悔しい結果。

オラだちもシーズンの始まり。毎年が一回こっきりだが、特別に記念すべき2019年の。

# by skipoyaji2 | 2019-03-17 19:32 | Comments(0)

あれから8年

あれから毎年、この日には何か書くことにしているが、被災県の住人とはいえ、沿岸被災地に住むわけでもなく、本当の辛さを知るわけでもない。

NHKの特番を見ていると、通り一遍のことを書くのも憚られ、8年間の3月はこういう記事を書いていたということだけリンクを張る。当時、トニーブラウンが現役だったんだ。


時に、震災がなければ恐らく実現しなかったであろう釜石でのRWC。
公式ボランティアで奉仕することになっていることは既に書いたが、本日、要望どおりVIP対応とのロールオファーが来た。これまでの仕事で培った経験を生かす時だ。

# by skipoyaji2 | 2019-03-11 19:51 | Comments(0)

賛 陽狼2019第3節

今季のチーフスは不調のようだが、NZのチームにアウェイで勝つとは大きな意義がある。
3番山下はランでも貢献。フロントローとしては嬉しい限り。

これも仕事でライブで見られず、気をつけていたのに、うっかりSNSで結果を見てしまってからの録画観戦。

それでも勝った試合はよろしい。

# by skipoyaji2 | 2019-03-03 20:03 | Comments(0)