釜石の現実2016/怯まず仇を討て

釜石市の人口は1963年(S38)の約9万2千人がピークで、当時(1962年)の釜石製鉄所の従業員数は約7800人(a)(出典:岩手日報)であった。
市公式サイトでの2016(H28)年3月の人口は約3万6千人と、ピーク時の約4割にまで減少している。

人口減少に最も影響しているのが、釜石製鉄所の累次の合理化であることはご承知のとおり。

その従業員数は1975(S50)年の約4300人から、以下10年ごとに、
1985年(S60, V8ならずの年)で約2600人、
1989年(H元, 東日本リーグでまだ上位にいた頃)には高炉を停止、
1995年(H7, 東日本リーグ入替戦V7時代といえば聞こえはいいが、毎年入替戦に回っていた苦しい時期)には約440人、
更に2005年(H17, イーストでも低迷の時代)には150人足らずと
激減してきている。
(本段落の数値はウェブ上にある学術資料を参考としたものだが、新日鐵住金のアニュアルレポート2016では現状、従業員237人(b)とある。こうして改めてみるとオープンクラブ化に舵を切ったことも、十分に首肯できる判断であるが、それも大いに奏功しなかったことは、我が方の地域の総力が至らなかったともいえる。)

上記(b)237人/(a)7800人から最盛期との比較を求めると従業員は97%の減少、即ち、最盛期の3%と、全市の人口減とは桁が違う。こうして数値化してみると釜石製鐵所の劇的な縮小ぶりは、ぼんやり想像していたレベルを遥かに上回る(地元・釜石の方々は実感されていようが。)。

中小企業の定義は資本金3億円以下、又は常用従業員300人以下であり、こと釜石製鐵所のみの従業員数を取る限り中小企業の水準にあるということも分かる。

237人が関連企業を含むかどうかまで明らかではないが、いずれそのクラスの規模の事業所が、その全てではないにせよ、スタッフまで含め50人規模のラグビーチームを抱えているという事実は驚愕に近い(実態としてどうなのかまでは分からないが)。

従業員で最盛期比3%、300人を割る事業所が、いかに日本の近代製鉄発祥の地という背景はあるとはいえ、鉄鋼巨人全社的にどういう存在か、社会人の端くれとしてそれも想像に難くない。

しかしながら、RWC2019という、恐らく今後二度とないであろうラグビー界最大のイベントをホストするに当たり、今いちどだけ、夢を見させてはもらえないだろうか。今年2月の桜庭HCの発言は、そういう思いに応えたものと理解している。

(以下画像は過日、ラグカフェを訪れた際に撮った何枚かから)
b0032468_19493087.jpg
b0032468_19492094.jpg
b0032468_19485952.jpg

前々節の日野戦もスクラムがあそこまで崩壊しなければ、勝機はあった。
あと全部勝てばよいなどと例年の繰言に組みするほど、もはや純粋ではないが、三菱も10回やって10回勝てないほどの力の差はない筈だ。

残り試合を見るに3位は確保できそうな気はするが、来季のために3位までに入ればいいと思ってしまってはいけない。何回でも書くが三菱は東日本リーグ陥落の際の仇敵である。

11月中旬の県内・内陸での試合とは降雪の虞もある困難な時期だが、困難ついでに克服することを祈る次第である(アイリッシュを見習え!)。

さて今週末。
出撃できるのにしなかった時に三菱に勝ったことがあるので、


ここは思案のしどころ。
オラが行がねえほうがいいべか。


# by skipoyaji2 | 2016-11-08 20:11 | Comments(0)

R6, Div. 1, TE 日野戦 (K14, H27)

どうも敵方に回った元味方は、
b0032468_19305745.jpg

b0032468_19312544.jpg

味方にいた時より強く見えてしまい、

主将へのスリーパーの返礼に
b0032468_1932667.jpg

ジャンピングニーパットは黄札と。
b0032468_19333944.jpg


冗談はさておき、1番趙(昨季で契約満了)、3番佐々木和樹(今季は長引く怪我か)で
昨季までは「スクラム強いは七難隠す」できたが、スクラムが万難を招く今季である。
b0032468_1936825.jpg

本日を見る限り日野もさして攻めに怖さはない。
但し、本日の強風下、取りこぼしなきよう、極めて堅いゲームとしたのかも知れないが。
# by skipoyaji2 | 2016-10-29 19:42 | Comments(0)

今季占う土曜

TLとのダブルヘッダーになる土曜、両軍メンバーは次のとおりである。日野はFWが相当でかい。
b0032468_20423398.png

日野にはKSW在籍経験者が千布、片岡、Leと3人もいる。
KSWにも転籍組はいるし、専業選手である以上、やむを得ないが、こういう相手に負けたくなかろう。

どうやら敵さん、大応援団の動員もあるらしい。
これまでの星取りは以下のとおりであり、勝つなら僅差、負けるなら大敗もありえそうだが、
b0032468_2043311.png

ホームがホームであり(アウェイもホームとしてきたのは本来釜石のお家芸だった)、RWC2019に希望が繋がるようなゲームとなることを祈りたい。
# by skipoyaji2 | 2016-10-27 21:04 | Comments(0)

国体も終わり/ワレの最終戦など=イカンだ

本県は目標の8位以内を大幅に(と言っていいのだろう)上回る2位で大会を終えた。
多種、多様な競技に挑んだ選手、準備・運営に携わられた各位のご尽力に敬意を表したい。

他方、ラグビーは三つのカテゴリーとも遺憾な結果に終わった。
成年7人制では愛媛が優勝。失礼ながら愛媛のラグビー???と思ったら、来年の国体開催県だという。国体そのものに纏わる議論、種々あろうし、オラも思うところがないわけでもないが、これ以上は触れない。いずれ、ラグビーの結果は、強化してもなお本県の力がこのレベルという現実を示したものであり、今は昔となるが、高校、社会人と日本王者を生んだ(地区対抗では大学も)岩手県は重く受け止めなければならない。

(週日とはいえラグビー者たるもの見に行って然るべきと考え、少年男子の2日目のみではあるが拝見してきたので画像を貼っておく。)
b0032468_19564162.jpg


さて、一昨日、体育の日は、我が方恒例の仙台との定期戦。
オラは開始早々、スマザーに行った相手を抱えたままワレが下になって落ち(あるいは単にふっ飛ばされたのかも知れない)、一時、呼吸困難となり無念の退場。チームとしても、東北不惑での借りを返すべく挑んだのだが、返り討ちに遭うと、これも遺憾×2。オラが退場せねば・・・・もっと取られていたかもね。

息ができなくなるほど胸部をしこたま打ったのは、これが3回目。しばらく痛みも抜けないだろうが、この感じだと恐らくホネまでは行っているまい。あと2回の練習で今季も終了である。

前節KSWは東ガス相手に1点差の辛勝。10/29はTL前座で東ガスを粉砕した日野が相手。
協会S君からの撮影依頼もあり出撃するのだが、遺憾がもうひとつ増えないことを願う。

(○キさんへギョームレンラク。今年もオラはB面担当でお願いしやんすじゃm(_ _)m)
# by skipoyaji2 | 2016-10-12 19:57 | Comments(3)

2016 TE第3節まで/地元職員の思い

オラもフェイスブックのアカウントは持っているが、専ら読むばかりのライトユーザーである。
そんなにいろいろフォローしているわけではないが、最近、釜石市の若い職員さんが開設しているRWC杯関係のグループを気にしている。

釜石出身と思しき彼だが、もともとのラグビー者かどうかは分からない。
RWCに向けKSW関連のイベント告知などを投稿している。

KSW発足からはや15年。10年を振り返るという記事を書いたのも6年前だ。
http://skipoyaji2.exblog.jp/14666990/

この間、ラグビーに関心がなかったであろうと思われる向きが、ウェブの世界で一時盛り上がっては程なく消えていく様子を少なからず見てきた。生粋のラグビー者は、KSWと完全に無縁になることはないのだが、一般の方は関心を失えばそれまでである。そうした関心を引き留めるのは、それに値する感動の類をもたらす以外にない。ラグビーなしで生きられないオラだぢだって、毎年これでは気持ちが持たないんである。

成程、開幕3連勝ではあろうが、RWC2019までに必ずTLに上がる、その言葉に真実味を感じる今季の成績であろうか。念のため申し添えるが、得失点差まで考慮すると暫定3位である。
b0032468_1933323.png


件の職員さん、いつまで付き合ってくれるか。
# by skipoyaji2 | 2016-09-29 21:33 | Comments(0)

皆にラグビーを

オリンピックに続くパラリンピックで障がい者スポーツに注目が集まっている。前節放送のワールド・ラグビーでは豪州ブリスベンでの知的障がい者の取組みが紹介されていた。
b0032468_1840418.jpg


岩手のラグビー界では、知的障害者自立支援施設、緑生園との交流が長く続けられている。
http://iwatekouseikai.jp/about/

オラも若いときに雪上戦の相手をしたり、平成14年にNZの障がい者チームが来盛した際に、お手伝いさせていただいたりしたことがある。当時、NZにもこうした障がい者ラグビーは存在しておらず、遠征のために編成されたチームだった。

その後も、緑生園とは高校のOBチームとしても何度か試合をしたところがあるし、我が不惑では、5月の開幕戦では手合わせさせていただくのが恒例となっている。

その緑生園、岩手国体ではエキシビションゲームに出場ということであり、その他種々巡り合わせあって、昨日はその壮行試合を行うこととなった。

今回は白パンから紫パンまでの混成で、オラは諸先輩の配慮により、なんとウィングで出場。いつもとは違うラグビーと、試合後は岩手vs山形の薯煮共演を十分に楽しませていただいた。

14年ぶりに園にお邪魔したが、眼下に広がる盛岡南部の景色が変わらず清々しい。(この絵ではその感じが出せていないね)
b0032468_18403326.jpg

狭いながらもピッチには草が張られ、程よい汚れが付くのが人工芝にはないラグビーらしさ。

さてその国体での試合。
http://www.iwate2016.jp/wp/wp-content/uploads/2016/03/28%E7%B5%84_%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%AB%B6%E6%8A%80.pdf
3ページの中ほど、右側に記載があるが、10/6、7人制女子の予選プールの日、釜石にて13:35から岩手選抜と対戦である。こちらも是非注目いただきたい。

我がクラブには、小学生のタグの指導を地域活動としてお手伝いしているメンバーもいる。
ピッチ内外で様々なスキルを持つ中高年が、年齢はもとより健常者・障がい者を問わず、広くラグビーに親しめるフォーマットであることが不惑の魅力である。
# by skipoyaji2 | 2016-09-26 18:41 | Comments(0)

SR2017シーズン

日程が発表となり、現王者のハリケーンズを秩父宮に迎え初戦。
今季はNZフランチャイズ5チームと対戦と楽しみなことだが、観るのが辛いシーズンとならぬことを願う。

編成の混乱など、既にメディアからは聞こえてくるが、どこまで本当か。
課題は大いにあるだろう。一朝一夕にはいかぬことも多かろうが、来季はNZ勢相手にまずは戦えること、、ホームの試合では遠吠えの定着とともに、観ることが参加することに昇華し、更に楽しいラグビーとすることが目標となろう。

そういう雰囲気を醸し出しえぬ、実質遠征となるシンガポールとの共同ホームは如何にも惜しい。
# by skipoyaji2 | 2016-09-22 22:37 | Comments(0)

2016 TE2節まで

TLは4節までを終え、スクラムが勝敗を決する傾向が顕著になってきた。

イーストは2節終了後の星取りが下記のとおり。
b0032468_20504269.png

初戦、感心しないスコアの日野が前節東ガスを粉砕。
一方、KSWは栗田に辛勝。以後、IBM、東ガス、セコム、そして10/29の盛岡での日野戦となる。
趙が抜け、佐々木が怪我なのか、今季がスクラムが厳しい。
日野戦まで持てばいいが。
# by skipoyaji2 | 2016-09-22 20:54 | Comments(0)

満身創痍・2016東北不惑

タイトルどおりU59の岩手不惑は満身創痍な遠征であった。
ツアーメンバーはぎりぎりの15人。
GMたる10番も肉離れ爆弾を抱え、案の定といっては何だが1戦目開始早々、トライと引き換えに発症し、以後はだましだましと。生きのいい1番のS君、今回はフランカーだったが、彼も派手に肉離れを起こし、こちらは無念の退場。チームとして第一列の本職はオラのみとなり、今季から赤パンのO先輩を急遽2番で起用。ほかにも種々あり、前節の県内五惑とはうって変わり、厳しい展開となった。

初戦の仙台戦では細かくラックを作ってくる敵方への警戒が過ぎたせいか、密集にFWが入りすぎ、人のことは言えないが、前節、盛岡不惑としてFWがうまく行ったせいか、軽いプレイも頻出。オラもスローイングがうまくいかず、ラインアウトでは殆どいいボールが出せない。というわけで、久々の大敗。

続く秋田戦。相手方には白パンも多く、いやな雰囲気であったが、ここは何とか勝利を収めると、ま、U59はそういう案配であった。

一方のOver60。初戦は快勝、2試合目は引き分けであったが、いい試合展開で今回は撮りどころも多かった。ところが、帰宅しPCで確認すると、専用ソフト上でAFポイントが表示されないという謎の現象。実際、ピンが甘い画像が多い。撮影時にAFが駆動していないとは覚知しておらず、これは一体どうしたことか。別レンズで撮った終了後の集合画像には問題がないので、レンズ側の問題か。中古で購入し10年以上経過したレンズであり、遂に不具合が出てしまったか・・・。ホストの秋田が配したと思しき撮影者がいたので、あとはそちらに期待。

時に、前の記事で「スクラムはガチで」ということを書いた。
今回の2試合ともスクラムはコンテストなしのはずであったが、結構本気で組んでしまっていた。再三、ノーコンの旨をリマインドするオラも、ついつい組んでしまう。秋田のトイメンはでかい白パンであったが、終了後は彼も辛そうであった。オラは今回、ずっと慣れない3番。右を組むと決まっていたくなる部位を早々に痛め、これもきつかった。20分ハーフで2試合だから、公式戦並みに組んだことになる。もっと若い選手を遠征に参加させないといかんね。

今回は少しだけGM、主務氏の補佐も仰せつかったが、こういう遠征はしっかりした裏方仕事に支えられていることを忘れてはいけない。
# by skipoyaji2 | 2016-09-12 20:35 | Comments(0)

明日は東北不惑/KSW開幕戦

ということで、オラだぢは秋田は男鹿に遠征。

替わって秋田が釜石入りし、イースト開幕戦。
本日の岩手日報には、見開きでスポンサー付の企画記事。
b0032468_21501160.gif


明日は日野 v 栗田の結果にも注目である。
# by skipoyaji2 | 2016-09-09 21:55 | Comments(0)

2016県内五惑大会 する・見る・撮る/スクラムはガチで など

観測史上、初めて東北に直接上陸した台風10号。
沿岸北部では、日に日に被害の広がりが判明してきている。
我がクラブにも被害に遭ったり、災害対応に追われたりしているメンバーがおり、心からお見舞いを申し上げます。

さて、もう旧聞に属するが、先週日曜の県内五惑大会。
我がチームのチームラビットこと兔年生まれ4人衆でいい絵が揃ったので、前の記事で取敢えず4枚御覧にいれた。

肉離れのオラは、先週2回ゴッドハンド先生に通い、更に当日もテーピングをいただき万全を期す。前回の朝練も、スローイングの合わせくらいしなければならないかとも思ったが、行けば走ってしまいかねず、パスして休養に充てた。

恐る恐る出場したが、セーブして走ったこともあり(いつもか!?)、幸い腿裏にも問題は起こらず楽しく1試合半出場させていただいた。当日、正スローワーが来てくれたので、スローイングの件も杞憂に終わる。

いずれ、東北不惑では放らないといけないし、ジャンパーも2枚になったわけであり、もっとうまくならないと。というわけでTLなどTV中継でもスローイングを丹念に見ているし、関係する筋力向上も必要だろうと、家のダンベルでフレンチプレスなぞやってみている。

読んでいる向きもあろうが、古の名センターの横井章氏のブログ。
この記事では、
http://rugbycreator.blog103.fc2.com/blog-date-201608.html
試合を決するのはフロントローであり、スローワーを務めるフッカーは特に重要とある。ムムム。

~~~~

撮影はヤマノカミと分担。彼女の進歩も著しいが、同じチームの仲間を多少は自ら撮ってやらねばなるまいと、Over60とU59の最後の15分はワレが撮影に回った。

Over60は完敗であったため、撮りどころも少なく残念な結果となったが、U59はそれなりにいいショットもあり、「する、見る、撮る」すべてを堪能した1日となった。

2試合目は、オラのごっつぁんトライで先制。公式ブログに言及されているので、画像はそちらに掲載したが、トライシーンはグランディングの際に、選手が大きく前傾することが多く、また、撮影レンジが短い中で大きく迫ってくるので、水平を含め構図、ズームの画角調整が難しい。トライだという興奮も相俟って、オラも失敗することが多いが、ゴール脇にいたヤマノカミ、上手く撮っていた。感謝、感謝。

滅多にないフロントロー(ま、ばんばん取る奴もいるが)のトライが皆に祝福されるのは、テストマッチから草ラグビーまでレベル不問。赤パンBKのKさんのゲインの賜物ではあるが、こちらも有り難いことだ。

我が方、この日の前8人は、新鋭巨漢ロックのS君が3番に入り、KSW・OBのR君が8番と稀に見る大型FW。生きのいい1番のS君、バックローに回った本来フッカーのT君も再三突進を見せるなど、パックとしてもいい仕事ができたと思う。

一方、痩身のほうの新鋭ロックのS君(S君ばっかりだな)、懇親会で曰く、たまにはガチのスクラムでやってみたいと。まさに御意(時に、懇親会はビアガーデンでの開催。ビアガーデンも実に久々でいい企画であった。ホストの奥州にも感謝である。)。

トライは勿論嬉しいことだが、先のヤマハの如くスクラムで圧倒して、それがチームの勝利に繋がる、これがやはりFW、特に前5人にとっては最高の喜びである。

東北不惑はこちらもメンツが揃わないが、体育の日定期戦は、仙台に我が方からフロントを貸し出してでも、スクラムの優劣が勝負を決するようなゲームをしてみたいものだ。
# by skipoyaji2 | 2016-09-03 08:26 | Comments(0)

2016 県内五惑大会 チームラビットの活躍

本日は標題のお絵っこのみにて(原版は後刻)

b0032468_19281256.jpg
b0032468_19281296.jpg
b0032468_19281247.jpg
b0032468_19281298.jpg

# by skipoyaji2 | 2016-08-28 19:28 | Comments(0)

2016TL開幕

今季、Jスポーツが全試合中継となり、開幕2試合とも生中継。
多くのファンと同様かと思うが、オラも秩父宮でのパナ・ヤマハ戦をライブ観戦した。

今まで贔屓する理由がオラ的には見出しにくいチームであったが、フロントローはこのヤマハにつかずにはおられまい。
少々短絡的だが、これくらいであればSRでも通用するのではあるまいか。
東芝、神鋼、サントリーなどなどスクラムに拘るチームとの対戦が楽しみだ。
スクラムは完全勝利でヤマハ1番のMOMも当然。
南アから獲得のFBも噂通りのキックであったし、HB団の出来もよかった。
パナはバーンズの真の国際級プレイが随所に見られ、非常に見応えのある開幕戦となった。
当たり前だが、イーストなどとは別次元である。

お客さんがもっと入るかと思ったが、ここは少々残念。
時にパナがあれだけ反則取られていて、両チームともスクラム成功率100%って、おかしかないか。

b0032468_22061940.png


# by skipoyaji2 | 2016-08-26 22:08 | Comments(0)

今季KSW 関東協会FBから

関東協会がそのFBで「今年のイーストは楽しいらしいぞ?!」との連載記事を掲載しているのだが、今回KSWが取り上げられた。
新入部員がイースト最多やら、TLでの特別枠選手が4人いるとか、この辺は初めて知った。
イーストのレギュレーションはTLと完全に同じではなかったような気がしたが、おべでら人は教えでけで(知っている人は教えて)。

b0032468_20221100.png
ま、なんにせよ、勝てるかどうかだが。

# by skipoyaji2 | 2016-08-23 20:26 | Comments(0)

取り返しのつかないこと

本日閉幕のリオ五輪にて4連覇を逃した女子レスリング吉田主将が、試合直後のインタビューにて。
通常、人の命を過てしまった際に使うような非常に重い言い方だ。
それほどの重さがあったということだろう。
しかし、あの敗戦は、選手としてのみならず、彼女の人間的な成長に資するものとなるはずだ。


あるクラブにもそういう敗戦があった。
組織が人の思いを継承しつづけることは難しいが、そのクラブに成長の糧は遺されていったのだろうか。

# by skipoyaji2 | 2016-08-22 20:31 | Comments(0)