<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミッドウィークトレーニング

前回は減量のことを主に書いたが、本日はトレーニングが主題。

体を絞ることができ、この歳になっても肉体改造が自身の感覚としてもイケそうだと、当然に鍛えたくなる。昨季まではシーズン中のジムトレーニングは朝練に出られない週のみとしてきたが、先週から木曜を自主トレーニングに充てる。

ジムには痩身ながらよく鍛えられたナイスバディの大先輩もいらして気合が入るが、先日求めた教本では、ウェイトは自分との勝負につき、他人が挙げている重さは気にしてはならぬと、同じような考え違いをする向きがほかにもいるんだね。

更に高校総体を控えた先週土曜は、高校生のスクラムの台を務めるべく、母校グランドに赴く。
3対3の後、5対5に移行するが、生スクラムの機会が少ない高校生は、ロックが付くところからもたつきはじめる。

漸く形になってくると、「あとは本数だッ!」というフロントの大先輩もおり、最終的に8対8まで1時間も組むことになる(・・当該先輩、久々の5対5で前後から押され、どこだか痛め最後はリタイア。OBきっての長身ロックは四十肩が固まったとかで、腕が下がらなくなっているw)。1番、3番両方で相手をしたが、このクラスの高校生にはまだまだ負けない(残念ながら本日の1回戦は大敗であったようだ)。

ときに自分がスクラム組んでいるところを見たことがないので、デジタル一眼の動画(動画モードを殆ど使っていなかった)のテストも兼ね、ヤマノカミに撮影を依頼。再生してみると、自分もトイメンも組み方のいいところ、悪いところ種々わかり、何度も見入ってしまう。

(これは動画の切り出しを更にフォトショップで加工。オラは手前の1番にいる)
b0032468_20593270.jpg
翌朝の不惑朝練では、大会が近いことから久々に「分かれ」があり、ここでもスクラムを組む。3対3では白パン本職3番のK君にトイメンになってもらうが、流石に質・量ともに高校生とは違う。その後、中学生も交え、Over60対U59で8対8へ。こちらのお相手はM工業黄金期の3番、K先輩。フロントとは思えぬ小柄な方だが、やはりお強い。

続くADでもその流れで自然と組んでしまう。しばらくして、お互いきついことに気が付き、途中からコンテストなしとなるが、結構な負荷。何か今日は息が上がるなあと思ったら、気温が上がったせいもあるが、スクラムのせいであった。

大学生の頃に、世界の名選手が自分のポジションを語るという趣旨のラグマガ別冊があった。
面白いのは皆がワレのポジションこそ最も重要なのだと言っている点で、プロップはどんな素晴らしいBKがいてもスクラムからボールが出なければなんともならぬというし、SOは10番こそ王様だという。
プロップ編は古のイングランドの名選手、Fran Cottonの筆で、よく覚えているのは「私だってスクラムがなければびゅんびゅん走れます」との一節。
御意。


by skipoyaji2 | 2017-05-25 21:00 | Comments(0)

The way I lost my weight

最近の記事の中で、「減量の成果で走れるようになった」という趣旨のことを書いてきたが、今回はそのお話である。

高校時代、西田敏行扮するカメラマンが主人公の池中玄太80キロというTVドラマがあり、写真部だったオラもこれにあやかり80kgと自称していたが、たぶん、そこまでなかった筈だ。

大学でラグビーを始め、体重が一旦落ちて、その後筋肉がつき80kg内外を保ってきた。当時の衣類は殆ど残っていないが、唯一、当時の体格を推定できるのが、アンブロのラグパン。V7時代の釜石が着用し始め流行った英国型のしゃれた奴。オラも英国からメールオーダーで取り寄せたが、そのウェストが81cmで大学当時、これがジャストフィットであった。

社会人となり中高年に至る過程の常で、その後、筋肉は落ち無駄な貫録がつき、見事なビール腹となっていき、真冬の最盛期には(自慢できたものではないが)88kgくらいに至り、このラグパンなど入る由もない。

もうこうなれば、減量などできるわけもないのだ、食いたいものは体が欲しているものなのだ、場合によって3番を組むのには重さも要るのだと(ガチでなど組むことないのに)、半ば開き直ってきた。

ところが、昨冬、太った芸能人が糖質制限で減量に取り組むというTV番組があり、家人がレシピ本を取り寄せて、これをやってみると、なんということか、ひもじい思いをすることなしに、みるみる痩せる。2月末には概ね82kg、3月には80kg台、4月に入ってからは78kg台を記録することもあるほどで、概ね10kg減が言い過ぎではないところまで来た。

体組成計で見るに筋肉量は減っておらず、というか、今冬はトレーニングも熱心にやったのでむしろ増え、脂肪が減るという極めて健康的な組成となり、胃腸の具合まで快調。

こうなると節制が非常に楽しくなってきて、糖質が多いものを避けるのも全く苦にならず、家で連日取り組むダンベルトレーニングにも非常に張り合いが出てきて、さて最近のトレーニング理論は、と筋トレ本まで求めるありさまである(基本、学生当時の基本的な考え方、即ち、筋繊維を太くするにはギリギリまで負荷をかけることが肝要ということは変わっていなかった。)。

そしてそのアンブロのラグパン。
腹回りがややきつめだが、履けるようになっており、過日の朝練で着用してみた。
b0032468_21193054.jpg
もう入ることはあるまいと捨ててしまった衣類の数々、そして今となってはぶかぶかで着るに着られぬスーツ数着。不経済なことである。

by skipoyaji2 | 2017-05-22 21:21 | Comments(0)

2017 IBC杯 KSW v 帝京大 画像リサイズ選抜版

52回を数えるIBC杯、ホームサイドが無得点で負けたのは初めてだそうだ。
ご覧になりたい向きもあろうから、選抜画像をリサイズ版にてご案内する。
1か月ほどの期間限定公開とする予定である。

by skipoyaji2 | 2017-05-15 23:05 | Comments(0)

2017 IBC杯 KSW0 - 帝京大52

スコアを象徴するような一枚を取り敢えず貼っておく。
b0032468_21152362.jpg

by skipoyaji2 | 2017-05-14 21:15 | Comments(0)

2017 岩手不惑 初戦を愉しむ

今季の初試合も恒例の市民体、緑生園戦である。
全体では結構な人数が集まったが、U59のFWは8人に満たずフル出場。
3本前の記事で触れたAsics Gel Lethal Tight Fiveもおろしたが、気になっていたつま先のキツさも気にならず、非常にフィット感がいい。
愛用する選手が多いのも頷ける。

気温も27℃まで上がり、快晴の空の下、きれいな芝生で皆ラグビーを楽しんだことと思う。

撮影はオラがOver60のほぼ全編、ヤマノカミがU59の全編を担当。
1枚ずつ貼っておく。
b0032468_17174252.jpg
b0032468_17181207.jpg
撮れないでいた白パンから紫パンまでの集合写真も青空の下、収めることができた。
こいつは公式ブログに貼るべきものだが、まだ本文が上がってこないね。

by skipoyaji2 | 2017-05-06 17:20 | Comments(0)

心配な日本代表

タイトルのとおりであるが、同じような印象をお持ちの向きも少なからずおいでかと思う。
昨季のARCの結果。
b0032468_16235025.jpg
そして今季のこれまで。
b0032468_16243687.jpg
昨年同期はこういう(↓)記事を買いたが、今年は納得のいく試合がない。
韓国戦のもたつきを払拭する試合を期待したが、本日の香港戦もひどい。
英語実況でも盛んに日本の不出来を指摘しており、その流れか、最後の監督インタビューでも「特に前半は失望したのでは」と質問していたが、対してJosephは言下にそれを否定し、香港の強さを挙げた。これは本心ではあるまいし、もし、最初からそう思っていたなら、前半序盤のPKは3点を取りにいくべきだ。

新しい選手が多いせいもあるが、随所に何しろちぐはくだ。
現HCのスタイルと聞くが、陽狼同様、日系チームにしては蹴りすぎではなかろうか。

スクラムがチームとしての強みというのも色褪せた印象だ。
3試合続けてそうなので意図的と断じていいと思うが、フランカーがあれほど開いて組むのはどういう意図か。
内側に押し込んではアングルの反則を誘発するばかりだと思うのだが。

考えがあってやっていることだろうが、どうも納得がいかない。
SR組が戻って6月の国際試合月間でどういう戦いになるか、いずれ、ここである程度の答が出るということだろうが。

by skipoyaji2 | 2017-05-06 16:29 | Comments(0)