<   2017年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東芝が心配だ

ラグビー部も危ぶまれようし、仮に存続してもリクルートに大きく影響するだろう。
三洋はパナに救済され、ラグビー部は更に強化が進んだ。
さて、東芝は。
新日鐵時代のよき好敵手であり、拙ブログでもおおいに評価してきたチームだけに、その行く先が大変心配だ。

by skipoyaji2 | 2017-01-26 20:38 | Comments(0)

トレーニング再開

シーズンのオフのKSWの動静。
もう近年は書くこともしなくなったが、かつては早すぎるシーズン終了に、オフこそ頑張るべきだということを書いていた時期がある。

今季は既に2回公式サイトで告知があった。
これは結構な情報発信であり、スルーしてはフェアではないので、触れておく。

オラも今季は12月から自主トレを再開。
先週末には集合してタグラグビーに初挑戦したが、どっこにも筋肉痛なんてねえど。
by skipoyaji2 | 2017-01-24 21:37 | Comments(0)

改修前最後の花園を

NHK中継の冒頭でも紹介されていたが、西の聖地・花園はRWCに向け改修に入るため、今の姿は見納めとなる。
日本選手権も第54回、兎組と同期だったのだ。そして、大学が参加するのもこれで最後。
賞味期限がいつ切れるとも知れぬ人生。
最後の花園を見ておかないと一生の後悔になるかも知れない。

というわけで意を決し、紺パン世代以降の恩恵、交通系のアドバンテージも活用し、弾丸ツアーを決行することとした。

東花園駅から10分程の道中、ラグビー感が次第に盛り上がる。
b0032468_8404636.jpg

b0032468_8411618.jpg

b0032468_8413982.jpg


入口付近は公園風。開けたロケーションも素晴らしい。
b0032468_8421377.jpg


b0032468_843479.jpg


場内はさすがに時代を感じさせ、なるほどこれではRWC用には改修が必要だ。
b0032468_8433118.jpg


場内には、なんと惑惑さんの交換プラーク類が展示されており、これには驚いた。ラグビー先進国のクラブのホームスタジアムを思わせる。画像最上段は国外チームのものであり、国際交流が盛んなことにも感心する。
b0032468_844345.jpg


こちらは展示場、新日鐵時代の釜石の偉業も記録されている。
b0032468_8443389.jpg

b0032468_8444821.jpg

b0032468_8451169.jpg


これらラグビー専用競技場らしい展示は、改修後も是非残してもらいたい。

場内通路は東南アジアの屋台雑居ビルを思わせる。これまた魅力的な光景だ。
b0032468_8498100.jpg

b0032468_8493264.jpg


生駒山を正面に望み、連なる山系は、東北人を何かほっとさせる。
b0032468_8453777.jpg

TVだけではいまひとつピンと来なかった第2、3グランドの位置関係も漸く把握。
秩父宮と比べバックスタンドの傾斜があるので、歓声がよく響く。
遠吠えもよく反響するだろうに、やはりサンウルブズの試合をホストして然るべきだ。

TV観戦の際に、いつも気になっていた一般撮影者が集う第2G側ゴール裏。
b0032468_848023.jpg

現状のこの場所は逆光サイドになるが、逆サイドに一般撮影者用エリアを作ってはどうなんだろう。
追加料金を払っても使いたいという人はいる筈だ。観客席から望遠撮影禁止というのは、他のお客様への迷惑防止という意味でも合理的だが、多数撮ってもらってSNS等で拡散してもらうことも、普及の一方策ではあるまいか(公式に慫慂するには権利関係が厄介か)。

試合のほうは、オラが何もコメントすることはあるまい。
b0032468_850638.jpg

思えば高いレベルの試合をナマ観戦するのは実に久々で、TVでは分からぬことが多数あると改めて思った次第。

万事、ありがとうございます。
by skipoyaji2 | 2017-01-22 08:50 | Comments(0)

ラグビー憲章/よきラグビー者であること

とあるウェブ上の記事でIRB(現World Rugby)が定めるラグビー憲章(Rugby Charter)なるものがあると知った。

さらりと読む限りいい内容だが、なんだか和文がこなれておらず、原文に当たってみることにした。

World Rugbyの公式サイトは多言語化されているのだが、どうも日本語は前から怪しいと思っていた。ラグビー憲章の記述も同様で、ほぼ機械翻訳レベルで、何となく気持ちは分かるが論理の通らぬ訳である。

【公式英文】
In 2009 the World Rugby member unions identified integrity, passion, solidarity, discipline and respect as the defining character-building characteristics of rugby.
These are now collectively known as the World Rugby values and are incorporated within the World Rugby Playing Charter, a guiding document aimed at preserving rugby’s unique character and ethos both on and off the field of play.

【公式和文】
2009年、ワールドラグビーのメンバー協会は共にラグビーがもたらす人格修養の中心には品位、情熱、結束、規律、尊重と、5つのコアバリューを特定した。
今ではワールドラグビーのコアバリューとして知られているこれらの要素は特色である『ラグビー精神』をありのままに保つため、ワールドラグビー憲章にも取り入れられている。

【すきっぷ(超)訳】
2009年、ワールドラグビーのメンバーユニオンは、ラグビーをラグビーたらしめる特性を、integrity, passion, solidarity, discipline and respectと定めた。
(和訳していない単語は、それぞれに吟味する必要があるので、取り敢えずそのままとしている)
こうしたラグビーの特性はワールドラグビーのバリューとなり、ラグビー固有の特徴と精神を、フィールド内外を問わず継承していくために、ワールドラグビーの指針たる競技憲章にも記されている。

さて、オラの本日の主題は、このうちSOLIDARITYであり、

原文では以下のとおり。
Rugby provides a unifying spirit that leads to life-long friendships, camaraderie, teamwork and loyalty which transcends cultural, geographic, political and religious differences.
【公式和文】
結束(SOLIDARITY)
ラグビーは、生涯続く友情、絆、チームワーク、そして、文化的、地理的、政治的、宗教的な相違を超えた忠誠心につながる、一つにまとまった精神をもたらす。

さて、何となく気持ちは分かるが、英語のロジック的には誤りもある。
ときに、SOLIDARITYとは、結束や団結、連帯という意味で、ポーランドのワレサ書記長の連帯も英訳ではこの語を充てるようだ。

で、若干意訳も含め、オラとしては、
「ラグビーは、人をまとめる精神であり、文化的、地理的、政治的、宗教的な相違を越えた生涯の友情・信頼、チームワーク、忠誠心をもたらす。」
と、理解する。

さて、これを殊更取り上げるのは、先の記事で触れた現役新人戦に纏わる祝勝会、恒例の新年会(いずれにもオラは諸事情で出なかったが)であったという、若干のいざこざ。

そういうことがあったら嫌だなあと思っていたら、オラの想像を超えることがあったということを、人を介して聞いた。

ラグビーの精神に鑑みれば、取るに足らないことのように思えるのだが、よきラグビー者、よき人間であることは案外容易ではない。


by skipoyaji2 | 2017-01-15 17:25 | Comments(0)

高校決勝・大学決勝

いずれも素晴らしい試合であった。

東海3番渡邊は既にキャップ持ちだが、日本のスクラムを担う大器であることを十分に証明した。
さて4年生だが、どこに進むのだろう。

ときに帝京竹山のトライは、グランディング不明で処理すべきだったと思う人が多いのでは。
by skipoyaji2 | 2017-01-09 18:18 | Comments(0)

TC1 第1節

結果は下記のとおりであり、ドコモ以外は乗る土俵が違うということがよくわかる。
b0032468_20284357.png


外国出身選手もおらず、恐らくプロ雇用もない九電が三菱に勝利。
お見事である。
b0032468_2029158.png

by skipoyaji2 | 2017-01-04 20:31 | Comments(4)

2017年正月/アンダーアーマー祭り/古老の見立て

それほど体が丈夫なほうでないことは以前も書いたが、結構、正月明けは調子を崩したりする。今回は、それが年末に前倒しとなり、寝込むほどではないが、体調悪いままの年越しであった。

というわけで元日の初蹴りは見送り、大人しく家人らの買い物に付き合うことにした。帰省中の娘、大したスポーツができるわけでもないが、マネ経験者でありスポーツウェアは好きでアンダーアーマーの福袋を買うという。開けてみると、なかなかの当たりと、やっこさん喜んでおる。

続いてラグビー用品も扱う別の量販店に向かうと、ここでもアンダーアーマーの福袋が売れ残っている。型から入るのは父娘共通であり、オラもコンプレッションなど機能性のあるものを喜んで使いたがるタイプ。というわけで、オラも男子用XLを求めることとした。帰宅し開けてみるとこいつもなかなかの当たり。
b0032468_17342391.jpg

元日夜、オラほはアンダーアーマー祭りで、気勢を上げたのであった。

同社製にはColdgearだのHeatgearだのとの区分があり、そういえばオラのウェールズのレプリカにもなんだか書いてあったが、前者は寒冷期間用、後者は酷暑期間用という。両方とも入っていたので、早速、寒冷期用のcoldgearの上下を意味もなく着てみる。高校ラグビーで刺激を受けているところに、風邪も回復傾向とあって、着た勢いで少し近所を走ってみる。今年は雪がないので、雪氷で危なくて走れないという言い訳が自分にできない。

走っていると土地の古老(知らぬ翁だが)が、「おめはん、何たら走って元気がいいなあ」のようなことを言ってくる。続いて「歳はなんぼだえん?」と。さて、どう答えたものかと思い、「なんぼに見えるス?」と応じると、「んー、ななじゅっ!!」。70!?、この流れだから、実年齢よりも若いほうに振れることを期待していたので、返答に一瞬詰まるも、「せづよりは何ぼが、若がんす(汗)」と辛うじて応じたのだが、そうか見た目80くらいの古老に70と言われるほどにオラもヤキが回ったのだ。

そういう今年の正月である。
皆様、今年もよろしくお願いいたします。
by skipoyaji2 | 2017-01-03 17:35 | Comments(0)