<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2016 東日本不惑大会 函館

先週末は東日本不惑大会で函館遠征であった。メンバー中、唯一のスロワーとなったため、15分ハーフ・3試合を2番でフル出場と、嬉しいような、厳しいような2日間。

スクラムはいずれもコンテストなしではあったが、何というか「わさっと」本当に形だけ組むのではなく、ヒットまで結構きちんとしていた。相手も全く素人というケースはなかったと思われ、フロント同士だと次第に熱が入ってくるんだね。

一方、最後の函館は130㎏の白パンが3番で出てきて、我が方1番のS君、支えるだけでも辛そうだった。彼はランプレーがいいので、スローイングを覚えて出場機会を増やすべきであり、その訓練に当たることにしよう。

コンタクトでぶつかったところは痛いが、スクラム関連部分も含め筋肉痛は殆どない。ここのところの実践に近い練習、高校生の台などしてきた成果であろう。本来の意味とは少し違うが、これも「練習は嘘をつかない」かと思ったものの、月曜にあった大事な仕事からも解放されると、やはり全般的に疲労を覚える。

3kgほどある撮影機材でU59の撮影を頼んだヤマノカミも疲れた模様。在道経験のある笛吹に教えてもらった函館名店のスイーツで癒している(笛吹に感謝)。

オラは帰ってからも画像整理、アップロードという仕事が待っているが、これも本日終了。不惑公式ブログにURLを貼ってあるが、オラ的観点での今回ベストショットを2点貼っておく。


Over60(オラ作)
b0032468_19552323.jpg


Under59(ヤマカミ作)
b0032468_19554251.jpg


これにてオラの遠征ミッション終了であるが、主務氏は怪我人の後始末などがあるようだ。
ラグビーに限らず万事、いろいろな人に世話になっていることを忘れてはならぬ。
by skipoyaji2 | 2016-05-31 19:56 | Comments(0)

初夏の風情 2016年5月中盤

もう10日ほどになるだろうか、当地は清々しい晴天が続く。
今週末も気持ちのいい青空で、昨土曜は高校総体前の現役の台となるべく母校グランドへ。
プロップ1番、3番両方で組んでみるが、対面の1年生、体は大きいがまだまだ楽勝。
3年になる頃にはこのオヤジなど問題にしないようになるだろうし、そうでなくてはいかん。
それにしても高校生って若い。もう自分の子供の世代より若いんだから。組んでいる子たちも、オラだぢをどう思っているんだろう。オラより更に先輩が来ているが、本来もっと若いOBが集まるべきで、この辺もどうにかせねばならぬところだ。

さて、本日の不惑朝練もまた素晴らしい天気。暑くて息が上がる。

今朝は続いてスクールがピッチに入り、イーハトーブリーグと続く。

以下は仮定法の世界だが、ひとつのクラブで子供からゴールデンエイジまで、毎週末はクラブで試合がある、それも自前のグランドとクラブハウスで、そういうクラブライフが過ごせたら、どんなにかいいことか。

b0032468_1749132.jpg


昨晩の陽狼は、またもスクラムが祟った。
Redsは珍しく自軍投入ボールで押しにかかってきた。
確かにボールを出すタイミングを自分でコントロールできるのだから、正しい制圧方法である。
by skipoyaji2 | 2016-05-22 17:49 | Comments(0)

IBC杯 2016, KSW 31 筑波大19

この時期の試合だから、チームづくりはこれからになるのだが、その勝敗で今季は期待もてそうだとか、そうでないとか、ま、いろいろ思ってしまうものである。
何にせよ勝てば支持者の精神衛生上、大変よろしい。

b0032468_17225015.jpg

by skipoyaji2 | 2016-05-15 17:18 | Comments(0)

タダより高いものはない

近年、画像をOneDriveにアップロードし、シェアしていただくのを旨としてきた。
容量が限界に近づくたびにアカウントを増やして対応してきたのだが、何と容量を1/3にすると、端的にいえば維持したければゼニを払えと来た。

複数アカウントによる整理も煩雑になってきたし、Skydrive時代にアップロードしたものはリンク切れなども見られ、整理するにはいい機会とも言えるのだが、無料お試しサービスで引き返せないところまで来させておいて、あとでゼニを請求する方式かいと言いたくもなってしまう。

なんにせよ、タダでいいことがあるわけもないか・・・・
by skipoyaji2 | 2016-05-11 20:29 | Comments(0)

2016年GW後半の諸々

5月5日は恒例の緑生園との不惑初戦。U59での早々、ワイドに展開され大外で待っていたオラは軽く外にスワーブ切られ、あっさりトライ献上。アタックでは(確か)新鋭フッカーY君から右展開でもらったボール、外に1人味方がいたが、詰まっていたので当たりに行くも、見事にひっくり返され、バンザイ状態で頭の後ろにダウンボールする始末・・・

ウォーターブレイクで若手に譲り、撮影に転じる。
と、どうもスクラムの段で混乱しており、どうやらオラも含め下がりすぎてFWは1人足りなかった模様。もう少しピッチにいればよかったかもとも思ったが、他方、撮った中にはいいショットもあり、思えば撮るのも好きなのであり、これはこれでよかったかと。「する、見る、撮る」、三拍子って結構貴重なんだ(と自分でいう)。
して、この日の夕方、帰省していた娘が帰ると。

その5日、協会某氏からロトルア戦の撮影依頼をいただいたため、7日は久々に上寄木へ。
雨中の撮影と難しい条件になったが、こういう試合は少しでも写っていることに意義があったりするので、連写しまくったら30分ハーフでは異例の1000枚以上。アップロードしたURLの拡散をお願いしたが、どこかで誰かのラグビーの力になってもらえれば嬉しい。


さて、本日は不惑の朝練。今月末は東日本大会だが、メンバーを見るにどうもU59にはスローワーがいない。
FGMに訊くと、やはりどうもそのようで、オラが放らねばならないようだ。そういうせいか、実に珍しく今朝は、所謂「分かれ」があり、FWはまずはラインアウトから。ふと見るとOver60の先輩方は既にスクラムを組んでおり、これまた久々に5(U59)対8(O60)で本格スクラムも。実際の試合ではコンテストなしのことも多いのだが、フロントローはスクラムを組まないと面白くない。

こんな4日間であった。

さて、スクラムといえば高総体前には、また現役の台にならないと、
って、なりたいんだね。
by skipoyaji2 | 2016-05-08 21:08 | Comments(0)

Iwate HS v Rotorua BHS, NZ, May 7, 2016

読者皆様
標記画像を下記URL(英文下)にアップロードしてあります。
選手諸君、保護者皆様、所属校、県協会等において必要に応じご使用いただきたく、
1) 読者皆様には関係ありそうな先へ、
2) また、NZ側とのリエゾンの立場にあられる向きにては、ロトルア関係者へ
本記事URL(↓)を適宜シェアいただきますようお願いします。
http://skipoyaji2.exblog.jp/25768398/


Dear Friends from Rotorua, N.Z.
I have uploaded a number of pics of the match on May 7th at the following URL.
As a local photographer, I had to focus on Iwate boys, however, feel free to download, if you find good ones for you.
Be sure to visit us again for RWC 2019 Japan!

https://onedrive.live.com/redir?resid=2C9AF56D812156F2!11559&authkey=!AJZcYTHzyqYnYug&ithint=folder%2c


おまけ
試合の印象はこんな感じ
b0032468_2027480.jpg

でも、こういう試合は海外との交流を深めることに意義があるね。
こういう若い友人たちが将来のラグビーを背負っていくことを大いに期待。
by skipoyaji2 | 2016-05-07 20:28 | Comments(0)

新参者には時間が要る

Super Rugby teams need timeとのタイトルでSANZAR会長(CEO)の記事。

http://www.rugby.com.au/news/2016/04/29/00/55/super-rugby-teams-need-time

SRへの新規チームは苦しむのが通例と述べる一方で、東京やブエノスアイレスで1万5千から2万の観衆を集めていることを"unbelievably good"と評し、今季加入チームは商業的にもインパクトが大きいとしている(TLの如くに企業の動員があるわけでもあるまいし、SRで秩父宮にあれほど人を集められるのをオラも意外に思っている)。

他方、既存マーケットは頭打ち、または下降気味としており、オラも最近、SRの観客数、TVで見る限りだがお客が少ないように思う。

運営母体たるSANZARは、当然儲けるためにやっているのであって、我らもこういう視点があることに多少留意しておいてよい。

移動の負担軽減も将来の課題としている。
陽狼はシンガポールとのダブルホームだが、実質的には本来のホームが半減。本来であれば、花園やレベスタなどもホストして然るべきだ。

時に、前節Highlanders v BrumbiesはInvercargillでの開催。
ここはNZ南端、人口5万の小さい都市なのだ。
by skipoyaji2 | 2016-05-03 07:20 | Comments(0)