<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

決戦の朝(RWC2015) / ワレも何かせねば

早いものでRWC2015もファイナルの朝を迎えた。
日本では懸念したいたとおり特定選手のみに焦点を当てた表層的なメディアカバレッジが続く。

それを嘆いてばかりでも仕方がない。ラグビーをしっかり根付かせるためには、ラグビー者の地道な活動が欠かせない。身近なラグビーの何かに何らかの貢献をすることだ。
折よく高校新人戦を前に、現役の台となるOBへ招集(全員不惑というのはいかがなものかと思うが)。
久々にしっかりとしたスクラムを組ませてもらった。それも1番から3番まで全て。
b0032468_17263421.jpg

こうして、1人でも多くの若者をラグビーの世界に引き入れる何かができればよい。

午後遅くまで失念していたが、KSWは本日が日野戦。
16-11で辛くも躱したようだが、この辺が勝ち点5を日野から取った三菱との差であろう。
但し、その差は僅かと考えていい筈だ。

SNSでは支持者の歓喜が窺われる。秩父宮で勝試合を見せられてまずはよかった。
by skipoyaji2 | 2015-10-31 17:32 | Comments(0)

横河戦 画像全編

昨日掲示分と重複があるが、リサイズ版で109枚を以下にご案内。
http://1drv.ms/1Luxk9L
FWの絵が多いのはゲーム展開を反映してのことである。

時に昨日の北上陸上、ゲーム後に選手が外に出て来る。
「なにしたべぇ?」と思っていたら、観客のお見送りであった。
b0032468_16205394.jpg

b0032468_16211788.jpg

初めて見るが、これは前からやっていただろうか。
常にできることでもなかろうが、こういうのが嬉しい支持者もいる筈だ。
by skipoyaji2 | 2015-10-25 16:23 | Comments(0)

KSW59, 横河14 (R5, TE 2015)

毎度のことではあるが、いかなる結果にも対応できるよう心の準備のうえ出撃した。

結果、いい試合であった。
スタンドオフの長いキックでテリトリーを取り、そこからFWがしっかり前に出る。
セクシーではないがソリッドなラグビーであった。

FWでは5番北川が絵になったし、仕事ぶりも際立っていた。ロックが前に出だすとFW全体、ひいてはチーム全体に勢いが出る。2番松原はラインアウト安定にも大きな役割を果たした。
b0032468_19595243.jpg

b0032468_20131859.jpg


BKではトロケ息子が弾けていた。
b0032468_2021175.jpg



しかし、オラはやはりスクラムを評価。
トライの起点となった敵ゴール前の敵ボールスクラムをターンオーバーの図。
前進ぶりは背後の岩手銀行の広告幕を基準にされたい。
b0032468_205116.jpg

b0032468_2063637.jpg

b0032468_2083733.jpg

b0032468_2095639.jpg


ここまで取りこぼしのないいいシーズンといえよう。
本日、三菱は日野相手に31-22と差は開かぬながらも勝ち点5。
次節、秩父宮では首都圏の支持者にもいい試合を見せてもらいたい。
by skipoyaji2 | 2015-10-24 20:10 | Comments(0)

QF, RWC2015、凱旋日本など

前の記事で若干触れたが1週間ほど東欧某国へヤマノカミ及びオオヤマノカミ(こう書くと生物の呼称のようだが)孝行のために赴いていた。期間中、RWCのQFがあることは分かっていたが、訪問先がラグビー強国ではないためTV放送なども限定的であろうと観念。

通りかかったアイリッシュパブではPVもやっていたが、行程の都合上、入るわけにもいかず、宿舎近くのスポーツバーの店先でこういうものを発見した程度と。
b0032468_20225010.jpg
b0032468_2023588.jpg
b0032468_20232264.jpg

但し、今回の本来の目的は十分達したと思われるので、まずこれはこれでいい。

さて、そのQFは、帰国後ダイジェストでしか見ていないが、4試合ともそれぞれに見応えがあったようだ。大きな論議を呼んでいるAus v Scoの例の判定については、オラごときが論評するものではないのだが、メンタルにヤワな身としてはレフ本人の心中いかばかりかと心配になる。

このクラスになれば職業レフリーとして報酬を受けているのだろうし、プレイヤーよりは賞味期間も長いだろうが、これのみで生計を立てていけるとも思えないし、特に負けた側からは不満をぶつけられがちな立場だ。ラグビーの判定というものの本質的なところを、メディアも含め権威ある立場からきちんと説くべきだ。

こういう故事がある。
http://www.ms.osakafu-u.ac.jp/~kayanuma/try.htm
これがラグビーではないのか。

日本では代表チームへの賛辞が止むことがなく、TLも切符が売り切れという試合もあるようだ。
関心が高まるのは結構だが、特定選手ばかりを取り上げるような底の浅いカバレッジにならぬことを祈りたい。

紙媒体では、Numberほか特別号も3誌発行され、渡航中のウェブ情報では売り切れ続出の由。オラが帰国する頃には、もうないんだろうなあと思っていたが、なんの近所の書店には全て揃っていた。3誌いずれも見たが、ラグマガでフロントローの扱いが少ないのはいただけないし、五郎丸のRWCなどと書いているのには専門誌としての見識を疑う(時にWales戦でのdu PreezのトライはSHのみものではなく、スクラムのものだ)。


週末には北上でKSWが横河を迎え撃つ。ラグビーへの関心の高まりもあり、初めて、あるいは久々にスタジアムにお越しになる方もあろう。我々は4年後にRWCをホストするのだ。KSW諸兄はラグビーの素晴らしさを伝えるゲームをしなければならない。

さて,その検証に赴くべきか。
by skipoyaji2 | 2015-10-22 20:34 | Comments(0)

2015 体育の日 仙台ゆうわく戦 ほか

体育の日は恒例の仙台ゆうわくとの定期戦。
今回は10周年記念ということで昨日のナイトゲーム、懇親会、そして本日は南公園で試合と拡大版。フル参加のつもりであったが、昨夕は急用が生じナイトゲームをキャンセル。本日も出番は限定的であったこともあり撮影重視とした。

問題のEOS7D Mk2は結局別シリアルの個体と交換と相成り、本日が本格的な試写。
今度こそ問題発生せぬようにと祈りつつだったが、結果、約900ショット中、一度のみErr01の通信エラーが発生した。これまでの機材でもたまに出ることはあったので許容範囲ともいえるが、もう少し試してみる必要がある。

試合ももう少し出たいところだったが、充実した10分であったし、試写の要に加え、水曜からは欧州への私的重要任務(RWCではないよ)も控え、ケガもできず、ま、これでよかったかも知れない。

画像選抜基準はいつものとおり大幅緩和にて。
U59後半の後半KIK_2705(撮影時間13:18)以降はヤマノカミ作。
FWに開眼したF野ロックの力強いお絵っこに始まり、敵方助っ人に回ったF澤ロックがオラにタックル見舞うの珍しい図も。

記念式典
http://1drv.ms/1Lpjhnf
Over 60
http://1drv.ms/1WWlwSJ
Under59
http://1drv.ms/1WWlAC3

その他、日本代表のRWCでの活躍については、オラから特に言うこともなし。これだけ注目を集める存在となったことに敬意、感謝、感動。サモアも頑張ったが、スコットランドも負けない地力があったということだ。

イーストの星取は下記のとおり。
b0032468_1952091.png

次節は北上で横河だが、北上協会がそのFBで中盤にKSWは北上でよく負ける傾向があるといった趣旨のことを書いている。ほんにそのとおりであった。
http://skipoyaji2.exblog.jp/23591960/
http://skipoyaji2.exblog.jp/19371676/
出撃すべきか、否か。
by skipoyaji2 | 2015-10-12 19:45 | Comments(0)

サモア戦勝利に関し(RWC2015)

昨晩のサモア戦はこういうラインアップを友に観戦。
b0032468_15491919.jpg

ハイネケンは古くからラグビーとの関わりが深い。久々に飲んだが、いいアロマだった。

さて、RWCにおけるサモア戦。試合を通じて勝利が危ぶまれるような場面がない盤石の試合ぶり。ああいう勝ち方ができるとは実に感慨深い。

近年の日本代表、今回のRWCと現HCの働きに注目が集まってきたが、この試合を見ていてオラは日本の総体のラグビー力に思いを致した。一国の代表は基本的に当該協会の選手プールから選ぶしか方法がない。ここに自国代表無資格者を海外から登用できるTLや大学との大きな違いがある。

一方、モンゴロイド系日本人(血統的日本人)のみで今回の如き成績を収めることは凡そ不可能だ。日本代表で大きな役割を占めてきた非モンゴロイド選手の登用を可能ならしめたのは、ほかならぬ日本のラグビーそのものの在りようである。トンプソンなどTLの(少なくともその当初は)お雇い外国人選手として来日し、その後、帰化を含め日本への同化が進んだ選手は、日本がTLという日本の企業リーグを実現したこと、そして自チーム強化のため海外からのリクルートを進めた日本のビッグビジネス群があってのことだ。

更に、TLは大学、高校(広範ではないにしても中学、RSも)などの伝統的日本システムにおいて血統的日本人が中心として支えている。リーチはホラニなど高校から日本で育った選手は我が国のHome grownというべきであろうし、その在り方に議論あるにせよ日本の学生スポーツで育まれてきた。

我ら市井のラグビー者も日本ラグビーの在りようの(極一部にせよ)なにがしかを担っている。したがって代表が勝利するにせよ敗北するにせよ、その1億分の1ほどの責任があると考えてよいとオラは思う(分母の1億に数字的な意味はない)。

現HCは退任にあたり、日本ラグビーへの不満を述べているようだが、今次RWCの戦いぶりや30年ほど前は勝ったり負けたり関係であった韓国に大きな差をつけたことからも、(少なくともアジア諸国において)我が国の進歩は明らかである。

(サンスポ)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/09/23/kiji/K20150923011188060.html
(原典の英国Independent。高級紙のカテゴリーに入る)
http://www.independent.co.uk/sport/rugby/rugby-union/international/rugby-world-cup-2015-eddie-jones-says-lack-of-ambition-in-japan-forcing-him-to-quit-10511869.html

4年後は我が岩手もRWCのホスト地を担う。オラもラグビーでいえば後半20分頃の人生となったが、1億分の1が1億分の2なり3なりになるよう、本日も朝練習に赴いたところである。
b0032468_15492359.jpg


時に、オラの「する、観る、撮る」のうち、撮るを担うEOS7DMk2が入院から昨日漸く帰還。
オラはボディ側の問題の筈だと、修理に出したのだが、案の定、症状出現せずとの診断。
本日朝練習でヤマノカミに試してもらったが、治っていないどころか、Err01の頻発ぶりは悪化しているといってよい状況。全くどういう品質管理か。善後策を取るよう依頼したが、体育の日に間に合うのか??033.gif050.gif
by skipoyaji2 | 2015-10-04 17:31 | Comments(0)