<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

祝! Highlanders 敵地で首位を降す

今季の事前評芳しからぬものであったと記憶するが、昨日は見事な内容で首位Sharksに敵地で勝利。
現状の順位表は下図のとおり。1位から4位までと比べ1試合少ない中での5位であり、今後も期待できるか、な?
b0032468_7242159.png

by skipoyaji2 | 2014-04-26 07:24 | Comments(2)

桜の咲く頃

日本も南北で桜の花の咲く時期のイメージは一様ではない。

北東北では年度変わりの落ち着かなさも一段落し、大型連休も間近という頃であるが、関東辺りでは、まさに4月に入る頃で、入学式や入社式にイメージが重なる。

当地でも漸く桜が開花。
b0032468_2154229.jpg


おらほにも、ワラシから「サクラサク」的な報せがもたらされ、関係一同、安堵。
マネ稼業を高校、大学と続けたことも(やめたくなったことも実はあったようだ)、人間としての成長に無駄ではなかったことと思う。
ラグビーの神様にも感謝。
by skipoyaji2 | 2014-04-19 21:55 | Comments(0)

充実の週末

昨、土曜は風が強かったが、本日はほぼ完璧な晴天。
朝練が始まると参加できない探鳥会で2時間半ばかり歩く。
今回は実にいいものを見せてもらった。
オラは動物、生物、特に野生ものが好きであるが、探鳥の世界にもラグビーを通じて入ったといってよい。
(と、ラグビーにこじつける)。

帰宅し洗車してから近所を少し走り(スマホのGPSを利用しデータ記録ができるのであった)、風呂に入って溜まった録画を片付けた。

(もとよりそんなに頑張ったりしないが)調子に乗ってトレーニングし過ぎると、試合の前にどごだり痛くなったする御年頃であり、不惑戦士にもあちこち痛いとの声が聞こえる。往年の大アスリートも痛めて動けないのでは何ともならず、これからは「無事これ名馬」。


さて、Super Rugbyも、もはやそれほどマニアックに見ているわけではないので、ぼんやりした印象だが、フロントローではChiefs、Redsが今節はよかった。特に後者の相手ボールスクラムを圧倒してのトライは圧巻。

前述のとおり、どれが誰だかはっきり意識していないが、見たところHighlandersの10番、(多分)11番、Brumbiesの9番、Redsの14番などがよかったと思う。豪州勢は今季混戦のような気がするが、よくわからないので、○キさんに解説をお願いしよう。では、どうぞコメント欄に。
by skipoyaji2 | 2014-04-13 19:42 | Comments(2)

新学期の光景

この手の記事は以前も書いたような気がするが、書いたかもしれない本人が定かでないのに免じ、読む向きも読んだような気もするという程度にしていただければ幸いである。

本日、バスから降りる際に、「ああ、長かったね」と道中を共にしたと思しき友人に声をかけた女学生がいた。真新しい制服と革靴を見るに、今年の新入生に違いない。

オラの辺りからは確かに遠い高校の生徒さんであり、慣れない長いバスの旅にそう漏らしたのであろう。その初々しい感想も、じきに何ということもない日常となり、3年は瞬く間に過ぎ、そのバス通学も思い出となる。



もう少し遅い時間になれば、部活帰りの男子も現れることだろうが、ラグビー部のエナメルバックを担いだ子がいれば嬉しいことだ。

さて、我が母校は、また、ワラシのいる大は、首尾よく部員を獲得できているだろうか。

ラグビーをやっていれば、必ずいいことがあるのだが、それをどう伝えればいいだろうか。
by skipoyaji2 | 2014-04-09 20:10 | Comments(0)

ラグビー・トップリーグの現状と課題

興味深い内容なので、ご紹介しておきたい。

http://salon2002.net/monthly/2013/01.html
by skipoyaji2 | 2014-04-07 21:27 | Comments(0)

今週末は(2014年4月第1週)

漸く時間ができ、土曜には沼宮内の先生にお世話になり、日曜は久々にトレーニング(順番が逆のような気がするが)。

不惑の初練習は4月20日だが、オラはその日の夕刻から小龍包の島へ出張。
これがまた重要ミッションを帯びており、筋肉痛の体で持つかという心配がある。
しかし、米軍三沢ラグビーキ○○イも来るだろうし、何よりオラも久々に楕円球に親しみたい。

いくらかでも馴らすことで筋肉痛を緩和すべく、今日は何としても体を動かす必要があった。
とは言え、右腰の蝶番が疼き、無理のない程度に走ったり、ウェイトを挙げたりに留まるも、やはり気持ちがいい。

東日本不惑には何とか都合をつけて参加したいと思っているが、自分で何ともならぬ事情が生じかねないのも、渡世人の常。



今季のスーパーラグビーはどうもJ-Sportsが手抜きである。
去年までは毎節4試合がウリではなかったか。
全部見られるわけではないが、どうもこの局にはダマされっ放しのような気がする。
開局時の、日本初のラグビー専門チャンネルという触れ込みは、一体どごさ行った。
by skipoyaji2 | 2014-04-06 20:57 | Comments(2)

2014年度の始まり KSW新体制

何とか3月を乗り切ると、今年もいきなり訪れる北の春。
昨日から新たなポストに異動したオラである。

2月2日の記事に、
>4月から部署を移ることになるのはほぼ間違いなく、恐らく、この手の行商もこれが最後であろう。
こういうこと(↑)を書いたのだが、新たな部署も同種の行商があるところであった。
するにせよ、見るにせよ、またも行商日程を気にしつつのシーズンとなりそうだ。

図らずも本日、職場の階段を昇りながら、今季のKSWもあまり期待はできねんだべなあと、何となく思っていたところ、新加入選手を含め新体制の発表があったのだが、いい意味で驚いた。

トヨタにいたHayden Hopgood、三洋、クボタに在籍のSam Norton-Knightほか、経歴を見る限り他の選手もなかなかに期待できそうだ(ときに、リストで外国選手は原語表記、読みを共通してひらがなで振っている方式は全くもって正しい。)。

一覧表で見るに、新日鐵(住金)採用への回帰も鮮明であり、1月19日の記事で触れたラグビー者たる新社長の下、強化に舵を切ったサインであれば嬉しい限り。

元豪州代表加入で○キさんの写欲にも再び火がつくであろう(か?)

2本前の記事の結びに、これも何の気なしに
>新しい風に心を洗おう、ってが。
と書いたが、同じく公式サイトに掲載の「銀河鉄道36(The Galaxy Express 36)」
https://www.youtube.com/watch?v=LpwRjD6WO8Q

オラの今があるのは ~ そうさなあ三分の一くらいは ~ ゴダイゴのお蔭といってもよく、仕事で三鉄ともおつきあいのある身としては、KSWの出演如何に関わらず、これはよろしい(恋チュンの時の記事とは豹変しているところが、何ともはしたない。)。
by skipoyaji2 | 2014-04-02 20:45 | Comments(1)