<   2014年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

某大関東遠征?

某大元カントクという場合の某大が、この春関東遠征の予定で、オラの娘のいる大と練習試合をするカモ、の如き連絡がワラシからあった。

ホントかいな。
それより、娘のいる大
4年生が抜けた後、チームが組めるんかいな。
by skipoyaji2 | 2014-02-23 09:20 | Comments(0)

TL入替戦結果

雪で順延になっていたNTT com v 横河を含め、3週に亘った結果。
b0032468_9113279.png


三菱が意外に肉薄。
イースト2位では、やはりまだ異次元。
by skipoyaji2 | 2014-02-23 09:17 | Comments(0)

週末が忙しい(6N, S/R開幕, 日本選手権)

岩手内陸に限っては、積雪は平年ほどではないように思うが、寒さの厳しいこの冬。
2/22でマイナス9度とは、そりゃねーべよ。

さて、1月の下旬から週末に何かしらの仕事が入る。
明日も午前中のうちに家を出なければならないし、3/2、3/9と既に仕事があり、こりゃ日本選手権はライブではひとつも見られないものと覚悟を決めたが、よく調べると準決勝は3/1の土曜日で、これだけは大丈夫かも。

毎度、この時期にはSix Nations, Super Rugby, 日本選手権と3重苦ならぬ3重楽なのだが、年間で最も忙しい時期で、さらに今年特有の事情が加わり、見るにも時間が足りない。

という中で見たWales v France。
前節、Irelandに全くいいところのなかった前回王者。
好調は3季続かぬかと半ば諦めの境地で見たが、何の強いRed Dragonが戻っていた。
内容的にも完勝といってよいし、スクラムが勝負を分けた感もあり(フッカーに足も出させず押し込み敵ボールを奪ったスクラムは見事)、MOMがGethin Jenkinsにも異論はないが、それにしてもスクラムでの反則の多いこと。
トイメン同士の1番、3番にイエローが出るなんてシーンも初めて見た。
Millennium Stadiumの足場の悪さには定評があり、確かにあのような状態ではフロントの足も滑るであろう。基本、落としたくて落とすプロップはいない筈であり、何とかならぬものか。

Super Rugbyは先週の南アでの開幕に続き、今週はNZでの開幕節2試合が中継された。
オラ的には、Crusaders v Chiefsは、どちらが勝ってもいい試合。
Highlanders v Bluesでは当然、前者に肩入れ。
人口1/10以下の南島ホームサイド勝利とは痛快なことである。

合間を見て本日もトレーニングに行った。
お絵っこはLower Back及びLeg Press、それぞれMAX挙げるの図。

b0032468_19181240.jpg

b0032468_19225511.jpg


もういい歳なんだから、適度な負荷で回数稼ぐほうが正しいような気もするが、マシン相手でも勝負を挑みたくなる性分。

オラもやっぱりバカ。
by skipoyaji2 | 2014-02-22 19:18 | Comments(0)

本日 米人の雪上戦

米軍三沢Vargasに誘われていたのだが、先週に続き天気が大荒れとなることが予想され、三沢までの往復で立往生してはシャレにならず見送ることにした。

FBアカウントがない向きでも見られるかわからないが、こんなんだったようだ。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10153850518695370&set=a.10151081492380370.784164.718700369&type=1&theater

このヒトたちも、やっぱりバ○だね。
by skipoyaji2 | 2014-02-15 19:52 | Comments(0)

ポッドやらシェイプやら

今どきのラグビーでは、ポッド(POD)やらシェイプやらという戦術が用いられているという。
オラが聴き取れていないだけかも知れないが、ラグビー中継の英語音声でもそういう講釈を聞いたことがないので調べてみた。
シェイプはSHAPEだと推測されるも検索ではそれらしきものにヒットしないが、PODのほうは簡単に見つかった。

ここでは練習例が動画で示されており分かりやすい。
http://rugbyiq.com/index.php?option=com_content&view=article&id=1564
ま、フツーといえばフツーだ。

ほかにもいろいろな練習例が掲載されており、大変興味深い。
学生時代にこういうのがあれば、オラも相当研究していたことだろう。
by skipoyaji2 | 2014-02-15 19:45 | Comments(0)

TLファイナル

素晴らしい試合であった。
パナ先発3番相馬の入替のシオペラトゥが入って直ちに退場、そこに入った川俣の殊勲をオラ的には賞したい。
1番の選手だと思っていたが、あんなに立派に右を組めるんだ。

サントリーもそうだが、Burns(10番として本当に大きな役割を果たした)、Petersenといったビッグネーム、更に指導陣にはRobbie Deansと、ほんに大きな投資をしないと、ここまで来られない時代になったのだと思う。
by skipoyaji2 | 2014-02-11 15:57 | Comments(0)

盛岡 つなぎ 人工芝G

じゃじゃじゃ。こんたなのでぎでらの知らねんでらったのオラばりが??

b0032468_20302437.jpg

by skipoyaji2 | 2014-02-09 20:30 | Comments(0)

モーロク

漢字では耄碌。
練習時間、12時から14時を、午後2時から4時と間違うことを言う。

Vargasに送ったメールでも同様に間違っていた。
大雪で奴が来られなかったからよかったものの、三沢から無駄足踏ませていたら申し訳ないことであった。


仕方がないので、盛岡体育館でランニングとウェイトして帰宅。

すんげえ有意義だったぜ。
背筋(デッドリフト系マシン)、大腿筋(スクワット系マシン)もMAX行ったぜ。
おうよ、悔しくなんかねえぜ。
by skipoyaji2 | 2014-02-09 19:41 | Comments(1)

大雪とラグビー 2014年2月

オラが盛岡を発った月曜以降、当地は更に厳寒の日々が続いたようだが、帰国した土曜の朝は成田空港も雪。更に天気は悪化する予報であり、雪に弱い首都圏からはとっととズラからないとひどい目に遭いかねない。
b0032468_9183825.jpg

というわけで、フライトが幸い少し早く着いたため、以後の列車を可能な限り前倒しし、10時前には東京駅を発つことができた。途中、雪景色が続くが、仙台以降から雪がなくなるという普段とは全く逆の光景。

盛岡には定刻に着いたが、その後、案の定、首都圏の交通は大幅に乱れたようで、やんや危ないところであった。オラはそれでよかったわけだが、その後、成田に着いた皆さんはどういうことになったであろうか。

大雪とラグビーといえば、オラが学生の時に来日し、戦慄のドライビングモールを披露したNZはManawatu州代表。NZ代表のプロップであったGary Knightが確か主将であり、日本とのスクラムについても多大な関心をもって見ていたが、惜しくも最終戦は秩父宮の積雪で中止になってしまった。

本日は我がクラブの屋内練習。参加予定であった米軍三沢B. Vargasからは、業務上、大雪対応が生じ、無念の断念との連絡があった。

TLファイナルも延期。
前座のスクールの試合はキャンセル。わらしゃんど楽しみにしてらったべに。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140207_10
して、また、雪上戦なら慣れたものだったえんに。
by skipoyaji2 | 2014-02-09 10:42 | Comments(0)

2014 RBS 6N 第1節土曜日の2試合

欧州の大きい競技場で、歌声や大歓声が響く、えも言われぬ雰囲気のSix Nationsである。
Walesは開幕勝利を飾るが、Italyが様々な面で進化しているのに感心。
ビジター13番のCampagnaro(カンパニョーロ)が特によろしかった。

が、圧巻は前半終了間際、ホームチームの両センターによる絶妙のタメとアングルで、鮮やかなラインブレイクでのトライ。
こんなトライ取れたらセンターは気持ちいいよねえ。

France v Englandも好ゲームとなった。
負けはしたが、オラは白の9番、Danny Careというらしいが、彼がよかったと思う。

ときに、今季のFranceのジャージ、こいつはオシャレだなあ。

ところでスクラムから真っ当に球が出ることがめっきり減り、半分ほどは何らかの反則になっているような気がする。これでいいわけはないと思うが。



さて、オラは再び、日曜夜の当直にまたも当たり、明日は朝から行商。というわけで残るIre v Sctはお預け。
4月から部署を移ることになるのはほぼ間違いなく、恐らく、この手の行商もこれが最後であろう。
行商中もできるトレーニングはして、1週間後の屋内練習に備えることにしよう。
まさか、体育館でストレートをするとは言わないだろうな。
by skipoyaji2 | 2014-02-02 13:48 | Comments(0)