<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年12月21~23日

第2ステージに入ったトップリーグは両プールとも見るに楽しいゲームが続く。
ステージを二つに分けたことで、競る試合が増えたことは誠に結構だ。
これで、一般のお客さんにアピールできればいいのだが。

今節の注目は東芝 v パナソニック。
Hillが10番に戻りKahuiと組むバックラインが楽しみであり、どちら寄りで見るか決め難いゲームであった。
結果、なんとなく東芝寄りで見たのだが、試合に勝つという意味では、ペナルティの選択を誤ったか。
パナの1番に定着した感のある稲垣は、凋落する関東学院にあって、辛い主将を務めた筈だ。
WKsに進んだことも知らないでいたが、ルーキーながら見事なことである。

クボタ立川は、CCWJ戦でセンスある10番であることを随所に示した。
SOでは筑波の彼もいい。同じく11番がすげえなあと思っていたら、そうか、彼は日本代表であったか(^_^;) これだから年寄りは・・

TC2では、横河が中部電力を破りTC1進出と相成った。
b0032468_204995.png

なんと三竦みであったのだ。

オラは盛岡体育館で久々のウェイト。
あのアリーナで冬の間、タッチ大会でもできないものか。
by skipoyaji2 | 2013-12-23 20:49 | Comments(0)

終戦 その2

12月5日の記事の末尾で、(後編に続く)と書いたものの、
先々週末の不惑戦士の激しい飲み会(久々に翌日までダウンしていた)やら、なんやらあり、
また、何度もこういうことを書いているのが、常習的クレイマーのようでもあり、筆が進まないでいた。

かの文は文体的に、増田事務局長の作であろう(ま、殆どそうだろうが)。
オラは挨拶する程度の関係でしかないが、それでも面識がないわけでもないので、その点でも厳しいこと(そうでもないと思うのだが)を書くには些か躊躇いがある。

しかし、一支援者の気持ちとして伝えておくべきことでもあると思い、少しだけ書くことにする。

まず、
>皆様への謝意と報恩の思い、さらには一歩及ばぬ悔いを発奮に変え、

の件、
「一歩及ばぬ」という。
今季こそ昇格を果たすと誓ったチームにあって、
http://skipoyaji2.exblog.jp/20673024/
「一歩及ばぬ」とは、イーストを全勝でTC1に進むも、惜しくも1位通過(即ち自動昇格)を逃し、TL15位との入替戦に回るも、終了間際で引っくり返され昇格を逃すと、オラとしては、それ程の状況を指す。

TC2では、横河がマツダに41-24で完敗する有様であり、例年の状況を見ても、TC2に進むくらいでは実質的にTL昇格など無理だ。

無論、「一歩及ばぬ」には多様な解釈があるだろうが。

>直すべき処を直し

2001年からである。新日鐵時代も含めれば、オラは30年近くも覇権奪還を待っている。

>早速に来季に向けた準備を整える所存でございます。

これも何度も書いたとおり。一例以下。
http://skipoyaji2.exblog.jp/19690039/

昇格を果たせなかった事実は如何ともしがたい。
来季に向けた準備をするしかない。

オラのFacebookには、S/Rで贔屓のHighlandersからの発信記事が、やれ、始動したの、こういうトレーニングをしたのと入ってくる。
他方、KSWがオフの間に、何をしているのかどうか、さっぱりわからない。

人々の関心を引き止めるには、取り組む姿を発信していく必要があると思うのだが、どうしてその程度のことができないのだろう。これも何度も書いた筈だ。プロ契約選手もいるだろうから、全員でとは言わないが、少なくとも有志でバーベルと格闘していますとくらい、知らせてはもらえないものだろうか。

続く以下のメッセージには、

>今後も地元の皆様と辛苦を共にし、震災復興を地域とともに促進するためにも、トップリーグ昇格に相応しい格のチームとなり、必ずや宿願を完遂せんことを誓い、御礼に代えさせていただきたく存じます。

とある。
そのようになって欲しいと願うばかりである。
by skipoyaji2 | 2013-12-16 20:27 | Comments(0)

東芝のKahui

前節、東芝vトヨタにおいて、Kahuiがデビュー。
登場早々に、真の国際級選手たる所以を披露した。

東芝については、こういうことを昨年2月に書いているが、
http://skipoyaji2.exblog.jp/17870870/
十分にインパクトのある大ゴマである。

今節はToeavaを擁するキヤノンとの一戦であるが、大学選手権1回戦中継のためか放送がない。
因みに、この試合、東芝では黒北出身の渡辺太生が久々に先発、キヤノンでは盛工出身の高木がリザーブに控える。

それはさておき、大学の1回戦がTLに優先して放送されるのは、さて、如何なものか。
by skipoyaji2 | 2013-12-06 18:55 | Comments(0)

終戦

関東でも選手権に関係のないチームは、概ね11月下旬から12月第1週でシーズンを終える。
オラの母校も、ムスメのチームもそうであった。
彼女のほうは、最終戦に勝利し、かつ、競合校が負ければ上位ブロックへの入替戦へ進む可能性があった。
画像はその試合の前日、ことによっては最後となる練習の模様。今回はPhotoshopで少しお遊びしてみた。

b0032468_20452156.jpg


b0032468_20454770.jpg


b0032468_204683.jpg



結局、最終戦には勝利したものの、勝ち点で及ばず、この翌日でシーズン終了となった。
昨年12月にこういう記事を書いた。
http://skipoyaji2.exblog.jp/19732603/

この記事のせいではないだろうが、KSWからも今季は一応の報告がある。
http://www.kamaishi-seawaves.com/news_attach/2013/201312030_info.pdf

この中で、
皆様への謝意と報恩の思い、さらには一歩及ばぬ悔いを発奮に変え、直すべき処を直し、早速に来季に向けた準備を整える所存でございます。今後も地元の皆様と辛苦を共にし、震災復興を地域とともに促進するためにも、トップリーグ昇格に相応しい格のチームとなり、必ずや宿願を完遂せんことを誓い、御礼に代えさせていただきたく存じます。
と述べられている。(後篇に続く)
by skipoyaji2 | 2013-12-05 20:46 | Comments(0)

KSW 2013シーズン

本来であれば、2013-14シーズンと書かせてほしい。

10月には、こんなことも書いたりしたが、
http://skipoyaji2.exblog.jp/21269891/

結局、8月11日に記したとおりとなった。
http://skipoyaji2.exblog.jp/20842013/

こんな見立てなど、当たらなくてよいことなのだが。
by skipoyaji2 | 2013-12-01 05:44 | Comments(0)