<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2013年9月14~16日 3連休

9/11から行商に出る。国内ながら今回も厳しい行程で、9/14土曜日の昼前にへとへとで帰宅。
一方で、国内ラグビーも本格的シーズンを迎え、見る、撮る、するの三拍子揃う週末となった。

NZ v RSAは荒れ模様の展開。判断に疑問のイエローカードが効きNZが躱したが、一方でCarterを失い来日は無理そうだ。9/14の発売から数時間でチケット完売とは流石にABs。豪州はようやく久々の勝利を挙げたようだが、この試合はまだ見ていない。

TLは見るにも楽しいゲームが毎節続く。
今節は、なんといってもNEC v サントリー。文句なく素晴らしい試合であった。
今季は更に大物外国人選手が見ものであり、神鋼 v docomoなどもそういう意味では(流して見た程度だが)面白かった。
パナはヤマハと引き分けるなど序盤の2週間を見るに、どうも混戦模様であり、興味深い試合が続くことを期待したい。その意味で、盛岡でのダブルヘッダーも非常に楽しみ。オラは基本的に中央席で観戦の予定である。

「撮る」ほうの成果は1本前の記事のとおり。
「いつか使う日が来る筈」と買っておいたカメラ用のレインカバーの初出動となった。
が、しかし、前半の中盤からいよいよ雨脚が強まり、堪らずゴール下からスタンド庇下に移動した。
TLでも専らタッチ際を移動しながら撮るプロもおり、オラもこのアングルが結構好きである。というわけで今回はゴール裏では撮れないお絵っこもある。

「する」のほうでは県内五惑以降、久々の練習参加。
昨日はオマケのタッチまであって、これも楽しませていただいた。
(コンタクト練習、所謂「当たり」も好きである)
b0032468_16341872.jpg


再び、来週、再来週と朝練はパスとなるが、今季県外遠征に加われずにおり、10/26-27の蔵王の仙台ゆうわく40周年は何とか参加したい。

ホームでの10/14体育の日の仙台ゆうわく戦は大丈夫そうである。
これにはBillyが来るかも知れないし、10月中旬にアフガニスタンから三沢に戻る米人BVが、アップだけでもいいからと(まだ38歳なので)来たがっている。BVは、三沢から毎週朝練に来たいという。類は友を呼ぶとはよく言ったものだ。
by skipoyaji2 | 2013-09-16 20:02 | Comments(0)

KSW v IBM 選抜画像

我がチーム主務大兄が、本来80-0くらいであるべきと評しているが、実はオラも戦前評として、
「TL昇格を本気で言っているなら80-0程度で勝って当たり前。だども、そういうこと書くと40-15なんてスコアになるんだえんなあ」的な記事を書くつもりであった(面倒になってやめたのだが)。

三菱もWilliams, S Donald, Borichが出場しながら、ヤクルトを粉砕したようでもない。
という事情からみると、昨日も書いたとおり、まずまずの出来ということにしておこうと思う。
選抜画像は以下URLから。
シャープ加工などを施したリサイズ版である。
撮影者も対応力を鍛えられる午後であった。

https://skydrive.live.com/redir?resid=22A49930C0F55C06!1114&authkey=!ACs4GOgKxLCFqbM
by skipoyaji2 | 2013-09-16 09:26 | Comments(0)

2013年9月14日 岩手日報記事から

9/14付け岩手日報には、全面見開きでKSW特集記事が掲載されていた。
b0032468_8431096.jpg

紙面右下に関連広告も見えるから、スポンサーを得ての記事であろう。

この記事にはなかなかいい情報もある。
選手雇用が関連企業も含め新日鐵住金に回帰していることが、リストにすると一目瞭然である。
b0032468_8425151.jpg

この点については、過去にも記したところてある。
http://skipoyaji2.exblog.jp/14717424/

そして、ここでは傭兵化の進展が人数で示されている。
b0032468_8423098.jpg

単にクラブを存続というのではなく、TLも視野に強化しようとすれば、殆どこれしか方法はない。
http://skipoyaji2.exblog.jp/14758694/

一方で地元選手率は大幅に下がり、先発15人では岩手だと2番、3番のみ。
東北でカウントすると、更に6番、14番と4人。

TLを窺えるようであれば、選手構成などを問う気はないが、メディアなどが好んで用いる「地元密着のクラブチーム」というコンセプトとは相当に乖離してきているということのみ、申しあげておきたい。
by skipoyaji2 | 2013-09-16 08:42 | Comments(0)

TE Div.1 2013開幕節 全結果

横河武蔵野○14-10●日野自動車○
栗田工業○39- 3●セコム
ヤクルト●14-31○三菱重工相模原
釜石シーウェイブス○47- 0●日本IBM
秋田ノーザンブレッツ● 7-53○東京ガス

昨季の結果から見るに、KSWもまずまずの滑り出しというべきか。
b0032468_19323342.png


KSWが失点0というゲームは非常に珍しい気がする。
by skipoyaji2 | 2013-09-15 19:48 | Comments(0)

TE Div.1 2013開幕節 KSW 47, IBM 0

台風の接近による降雨。時折雨脚も強まり、難しい状況下の試合であった。
とりあえず、そんなイメージのお絵っこを。

b0032468_19173679.jpg

by skipoyaji2 | 2013-09-15 17:14 | Comments(0)

Awayな日々

今週は明日から仕事上3泊away、我がメンバーでは3連休も出動が5人。
来週末は、家庭事情で2泊5日のaway。
月末も週末にかけて行商で4泊5日のaway。
して怒涛の10月。

辛うじて9/15のKSWのゲームは出撃可能か。今季はこれだけになる予感。
by skipoyaji2 | 2013-09-10 23:19 | Comments(0)

祝 東京オリンピック/パラリンピック決定

オラは正直なところ五輪にはさほど興味がなかったのだが、7人制橄欖球が競技種目に加わるとなれば、話は全く違う。
欖球翁としては7人制を会場で是非見たい。
by skipoyaji2 | 2013-09-08 09:21 | Comments(0)

キヤノンの躍進

本日の18:55からのライブは、キヤノン v パナ 又は 豪州 v 南アのどちらを見るか少し迷った末、前者を選択したのだが、これが大正解。

決勝戦を思わせるような好ゲームであり、かつ、キヤノンの溌剌とした試合ぶりが爽やかである。
Toeavaの10番とは初めて見たが、これが大当たり。うぉー、スゲーというプレイを久々に見た。

FW戦もラインアウトを除き、素晴らしい出来であり、前節、東芝を苦しめたのは地力の故であることを鮮やかに証明した。

今季、どこまで上位に食い込めるか、非常に楽しみになってきた。

一方、トヨタは、前節で織機と接戦になったのも宣なるかなという試合ぶりであった。
by skipoyaji2 | 2013-09-07 21:03 | Comments(0)

2013年9月1日(当直、TL開幕ほか)

猛暑だった過去2年に比べ、岩手内陸は普通のペースで秋が訪れそうな気配。
盛岡ではススキが平年比5日遅れで開花だそうだ(ススキにも開花日ってあったのね)。

本日は年に2回ほど回ってくる当直。
頻度的には平日の夜のほうが多いのだが、なぜかオラは続けて2回とも日曜の昼番。
朝練にも参加できず、ナンカソンシタキモチ。
だが、対応を要する事態は起きず、これはこれで結構なことだ。

来週土曜も別な仕事が入ってしまい、東北不惑は欠場。
奥州の大先輩にも、「東日本もオメが来ねから、オラが組まねばねがった」と言われるし、試合だけでも何とかならんかと調べてみたが、酒田のなんとまあ遠いこと。

8月9日の大雨災害では、職業人たるオラも対策に追われ、すっかり夏の予定もくるってしまった。
災害と言えば、震災対応のほうも依然継続中であり、またも配下から若いのが1人抜かれ、オラも一兵卒を兼ねることに。
引退してコーチに転じた元選手が再びジャージを着るような按配である。
例年、秋からワークロードが重くなるのだが、今季は更にきつそうだ。

さて、この週末、トップリーグが開幕。
サントリー v NTT戦は、いろいろ見方があると思うが、オラとしてはサントリーの素晴らしく早いボールリサイクル、そして蹴ることがルールにないようなラグビーに感心(蹴るべきところは蹴るラグビーが正しいと思ってはいるが。)。
キヤノンは東芝に食い下がる。ラインアウトがうまくいっていれば、勝負もわからなかった。高城先生Jrがピッチに入ってからはキヤノン寄りで見ていたよ。ヤマハvクボタの試合も見たが、この2試合の組み違いとなる10/6の盛岡南でのダブルヘッダーが何とも楽しみだ。

これには米軍三沢の連中が観戦に来ると思われるが、連中10/19(土)にクラブの20周年記念祭があるという。
参加したいチームはないかと訊かれており、御関心の向きは、オラが仲介するので、是非お知らせ願いたい。
オラは仕事の按配次第ではあるが、見るだけででもカミさんと行こうかと思っている。

米国ボストン駐在時代、関係のあった学校の用務員さんから、オラは若い時に三沢ベースにいたったよと言われたことがあり、何か三沢関係者には親近感がある。
by skipoyaji2 | 2013-09-01 19:15 | Comments(3)