<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

英・蘭ライオンズスコッド発表

混成チームが好きであることは以前書いたと思うが、ライオンズは最もシビれる混成軍である。
注目のスコッドは、イングランド10人、アイルランド9人、スコットランド3人、ウェールズ15人となった。

シリーズ緒戦が香港でのBarbarians戦なんていうのも、これまた眩暈がする。
世界最高の混成軍対決なんである。

豪州ツアーはJスポで中継してくれるのだえんが??

Fullbacks: Leigh Halfpenny (Wales, Cardiff Blues), Stuart Hogg (Scotland, Glasgow Warriors), Rob Kearney (Ireland, Leinster)

Wings: Tommy Bowe (Ireland, Ulster), Alex Cuthbert (Wales, Cardiff Blues), Sean Maitland (Scotland, Glasgow Warriors), George North (Wales, Scarlets)

Centres: Jonathan Davies (Wales, Scarlets), Brian O'Driscoll (Ireland, Leinster), Jamie Roberts (Wales, Cardiff Blues), Manusamoa Tuilagi (England, Leicester Tigers)

Outside halves: Owen Farrell (England, Saracens), Jonathan Sexton (Ireland, Leinster)

Scrum halves: Conor Murray (Ireland, Munster), Mike Phillips (Wales, Bayonne), Ben Youngs (England, Leicester Tigers)

Props: Dan Cole (England, Leicester Tigers), Cian Healy (Ireland, Leinster), Gethin Jenkins (Wales, Toulon), Adam Jones (Wales, Ospreys), Matt Stevens (England, Saracens), Mako Vunipola (England, Saracens)

Hookers: Dylan Hartley (England, Northampton Saints), Richard Hibbard (Wales, Ospreys), Tom Youngs (England, Leicester Tigers)

Locks: Ian Evans (Wales, Ospreys), Richie Gray (Scotland, Sale Sharks), Alun Wyn Jones (Wales, Ospreys), Paul O'Connell (Ireland, Munster), Geoff Parling (England, Leicester Tigers)

Back rows: Tom Croft (England, Leicester Tigers), Toby Faletau (Wales, Newport Gwent Dragons), Jamie Heaslip (Ireland, Leinster), Dan Lydiate (Wales, Newport Gwent Dragons), Sean O'Brien (Ireland, Leinster), Justin Tipuric (Wales, Ospreys), Sam Warburton (Wales, Cardiff Blues)
by skipoyaji2 | 2013-04-30 20:29 | Comments(0)

さみぃなあ

厳しい冬であったので、漸く来た春を喜んでいたのだが、どうも今年は寒い。
4月ってこんなに寒がっけかと思っていたところに、こんな記事が。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130430-00000044-mai-soci

んだよね。春らしい陽気の日が数えるほどだもの。5月も寒いって、それはねえべよ。

5月6日は我がチームも開幕戦となるわけだが、以前から少し気になっていた右股関節から腰辺りが、最近いよいよ痛い。

今週の朝練ではだましだまし走っていたが、なんかやばい感じ。
若い頃から、デッドリフトとスクワットで足腰は鍛えてきたつもりだったのだが、寄る年波には勝てないか。
生物的にはヒトは40歳くらいで本来、用済みなんだそうである。
by skipoyaji2 | 2013-04-30 20:18 | Comments(0)

セコム強化再開か? / FP Sevens

今季Div.2から昇格のセコムの新体制が発表になっている。
http://www.secom.co.jp/sports/rugby/news/2013/130415.html

大量12人の入部であるが、会社として強化再開ということなのであろうか。

セコムについては、こういう記事(↓)を以前書いたが、

http://skipoyaji2.exblog.jp/14457110/
何にせよラグビーにプラスになるのであれば、それで結構である。


雪中戦となった先週末のSevens、結果にご関心の向きは県協会サイトへ。
http://www16.ocn.ne.jp/~irfu/


して、本日は、朝はさほどでもなかったが、昼過ぎからイテテテ、筋肉痛が来たよ。
この時間差攻撃は中高年の証ね。
by skipoyaji2 | 2013-04-22 20:58 | Comments(0)

今季初練習

前の記事で「北東北は云々」と天気のことを書いたのだが、なんのほぼ日本中冬のような寒さであったようだ。
当地も朝は雪混じりの雨であったが、それなりに人は集まり、久々にボールを追い、途中からは寒さもすっかり忘れ、終わる頃にはたっぷり汗をかいていた。
ああ、やはりグランドを走るのは爽快だ。
by skipoyaji2 | 2013-04-21 18:26 | Comments(0)

4/20 A5N 日 v 比ほか

久々の日本代表戦。相手は躍進著しいフィリピン。
オラは東芝1番の三上(途中出場が多いが)を昨季から高く評価しており、代表入りを慶賀していた。
本日も期待どおりの働きであり、今後の大成を期待したい。
1番三上が青森、3番畠山と5番真壁が宮城、4番大野が福島。
これでフッカーにも入れば、東北タイトファイブができるね。
それから見た向きは皆そうだと思うが、ウィングの福岡にもぶったまげた。

NZ南島ダービーは、予想通りHighlandersの連敗記録更新という結果に。
ビッグネームを集めればいいというものではないという教訓か。
劣勢の中にあって、15番Ben Smithはなかなかいい仕事ぶりだ。NZ代表復帰があってよいと思うが。

明日から我がチームは朝練開始だが、雨又は雪の予報。
ここのところ、北東北は、毎週末「この時期としては○年に1度にの寒波襲来」という有様。
一体、春はどうしたのよ(あ、でも若い時分、天皇誕生日に雪中戦になったことがあったな)。

KSWは3人の新入部員を発表した。
釜石出身者が入るのは、随分と久しぶりではないか。
今後も追加があるのかも知れないが、今季も編成は楽ではなさそうだ。
by skipoyaji2 | 2013-04-20 20:07 | Comments(0)

NZ勢 豪州に総崩れ

金曜のHighlandersに続き、ChiefsもRedsに苦杯。

よもやCrusadersまで負けることはあるまいと、レプリカ着用で
b0032468_1859754.jpg

録画を見たのだが、むむむ、何ということ。
by skipoyaji2 | 2013-04-14 18:59 | Comments(0)

祝 田中先発

明日のホームでのBrumbies戦にHighlandersはSmith, SladeのABsハーフ団をベンチに下げ、遂に田中が9番先発。前節も密集周辺からクリーンブレイクするなど、田中はいいところを見せていた。7戦目にしての初勝利を期待。

思えば、このカードは、すきっぷ v. コダレか。
ぜって勝つぞ。ライブでは見られないが。

4/12, 20:12
また負けた(涙)

by skipoyaji2 | 2013-04-11 21:20 | Comments(2)

差を分けたものは何か

思えば、KSWと同時期にバレーボールの旧・新日鐵ブレイザーズが、オープンクラブ化したのであった。
こちらはVリーグで引き続き強豪の地位を保っているようだが、彼我の差はどこから来たのだろう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%BA%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%BA
by skipoyaji2 | 2013-04-10 19:38 | Comments(0)

V7戦士には

KSWにはいろいろとモノ申すオラではあるが、若い時分の英雄であったV7戦士には、何とも抗しがたい。

http://www.budori.co.jp/magazine/scrumkamaishi-talk

上記対談の内容と少し関係するが、KSWサポって必ずしもラグビー一般の支持者ではないんだな、これが。
by skipoyaji2 | 2013-04-10 19:34 | Comments(0)

ラグビーをしていると

高校であれ大学であれOB会で現役には、「卒業してもどんな形でもいいからラグビーに係わっていて欲しい。そうすれば必ずいいことがある。」とオラは言い続けている。

そういうよさとは少し違うのだが、本日はwebで出くわした記事をご紹介しておく。

最初は日経ビジネス。2ページ目以降は会員登録(無料なので興味ある向きは登録されるとよい)しないと見られないのだが、
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130329/245846/?P=1
要するに、人事担当曰く「体育会出身のやつらは「めんどくさくない」んだよね!!」ということなのだが、特に仕事をしだすと理不尽なことの多い世の中を、体育会系は既に学生時代に経験しており、実戦で使えるといった趣旨である。

こちらはJ-Cast。
http://www.j-cast.com/2013/04/06172514.html?p=1


この記事にある

>また最近は部活やサークルの加入率が減って、理不尽な目に遭ったことのない人の割合が増えています。学校でも本気で怒られたことがないまま大人になっているので、

という記述も同様の認識に立っている。

体育会は就職に有利というのは今に始まったことではないが、就職氷河期(好転の兆しも見られるが)においては、余計に効き目があるのかも知れない。

我が大学も、オラの時代は15人集めるのが大変であったが、今は部員が30人を超えるという。聞けば、就職に有利というのも理由のひとつではないかということである。些か不純かも知れないが、なぁに、オメはんだちの中にも「女子にモテるから」という理由だった向きもいるであろう。

動機はどうであれ、ラグビーに関わる者が増えれば、それでいいかなとオラは思う。

不純な方法と言えば、ねえ、思い当たるでしょう?
「やぁ、君はいい体をしているねえ。どう、練習だけでも見に来ない?うん見に来るだけでいいからさ。」










追記
こうして入部させたガタイだけがデカイ3番。
スクラムではオラのトイメンで泣いていた。
キャンパスライフに胸膨らませてきた奴にこんな思いをさせてと、心痛んだが、なんのOBになれば、偉そうにいっぱしに指導しており・・・(これは前にも書いたね。確か)
ラグビーに引き込むのは善であるというのが、オラの一般原則になった昔々のお話。
by skipoyaji2 | 2013-04-08 20:14 | Comments(0)