<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

平成24年度最終日

本日は、そういう日でなのであるが、東日本は冬の寒さ。

香港の賑わいを見るに、天気のせいもあるだろうが、東京のセブンスは寂しい。
伝統ある香港からの転戦という前提での日程であろから何ともし難いのだろうが、本来であれば暑いくらいの時期がセブンスには似つかわしい。

http://skipoyaji2.exblog.jp/m2006-04-01/
シンガポールで見た時は、ビールをjar(日本でいうピッチャーね)で2つくらい空けたような記憶があるのだが。


本戦もよいが、女子ユースの試合にオラは感じ入った。
高校1年だの2年の女の子が、実に立派なラグビーをする。
すんごいねえ。

==========

SRではHighlandersが遂に5連敗。
ホームのDunedinでRedsに敗れたのは初めてだそうな。
むむむ・・・

==========

そして、本日は今週2度目のトレーニング。
いい具合に筋肉も張ってきたよ。
by skipoyaji2 | 2013-03-31 17:44 | Comments(0)

No matter how young or old you are

男もほどほどに枯れてくると、自分がいかほどの器であるか、凡その見当がついてくる。

覇気のないことと思われるかもしれないが、身の丈にそぐわない栄達を愚かにも求めるよりはマシではないかと、謙虚なオラは思うのである。

が、この春から、進学なり就職なり、新たな世界に旅発つ若い衆は、そのようなことは、そのようなことに思いを致すべき時に思えばいいことであって、志高く、大いに自らを高める意欲を以てことに当たっていただきたい。

思えば、高校を出る辺りが、人生で最も希望に満ちた季節だよねえ。
俺もそういう青雲の志を持って上京したのだったなあ(遠い目)。



伸びシロが限られているとはいえ、不肖すきっぷも精進は怠らない所存である。

あれ、ラグビーのことに触れなかったかな。
でも、職業生活であれ、プレイヤーとしてであれ、共通点はあると。こういうオチで。
by skipoyaji2 | 2013-03-19 22:06 | Comments(0)

3/17 諸々

【注記 本記事は3月17日に書いたものだが、公開は本19日としたものである】

箇条書きで。

1. Walesが6N制覇
 正直、ここまで来るとは。England戦は胸のすく出来。
 Land of my fathersやらBread of Heaven(少なかった)、Swing Low(意外に多い)の大合唱はW v Eならでは。7番のTipuricがMOMということだけれども、例の如くオラは赤龍のフロント陣。とりわけ交代も含め1番へ。

2. Highlanders 3連敗 ・・・・豪華な補強で期待していたのだが。

3. J-Sports「がれきの街に夢を ~ラグビーに愛された街・釜石~」
 過度に美談仕立てとなっていないことは結構。

 TVで知られる前に、KSW自らが知らせるべきことがある筈だ。
 昨シーズンの総括、自主トレの取り組み。小さいことも含め幾らでもあるだろう。
 震災後増えたサポーターも激減だとか。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/03/13/kiji/K20130313005384520.html

 申し訳ないが、当然である。
 ラグビーマッド度に偏差値があるとすれば、少なくとも岩手県内では上位5パーセンタイルに入ると自負するオラでさえ、KSWを支援し続けるべきか逡巡がある。目に見える成果も、クラブからの強いメッセージもなければ、一般の方が関心を喪うのは当然だ。
 人々の関心や支援を得ようというクラブにあって、この貧弱な広報ぶりは、一体どういう考えか。
 IR, PRともに落第と言わざるを得ない(一般サポーターはIRのIの範疇ではないかも知れないが)。

 個人のFBで関係者に辿り着くと、OFFの間も全く何もしていないわけではないということが、辛うじて分かる。

 たまたまか、演出かわからぬが、上記番組では伊藤のみがウェイトに取り組む姿が。ほかはどうした。

 仕事柄、時に説明責任を同様に問われる者として申し上げるが、組織としての体をなしているのか、本当に心配になる。
 それとも、そういう心配もしてくれるなということなのだろうか。





4. 昨日は久々にワレの自主練。
 市内某所のスポーツクラブの無料体験に行ってみた。
 バーベルでのスクワットもできるし、プールも、風呂も、サウナ(大好き)も、マッサージチェアもある。
 んー、魅力的なんだが、あの月額会費ではとてもモトが取れそうにない。
(いい気になって飛ばし過ぎたよ、いててて、あちこち痛い)
by skipoyaji2 | 2013-03-19 21:57 | Comments(0)

震災から2年

あの日が昨日のようでもあり、遠い昔のようでもあり。
ラグビーの結果如きで、「現実として受け入れられない」と抜かす私が言うのも憚られるが、愛する人を喪った方には、まさに「受け入れられない現実」が起きた日であった。

本日の政府主催追悼式典で、お母様を亡くした宮古の高校生が挨拶を述べた。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130311/t10013117321000.html

立派な内容であったが、そういう挨拶の必要のない世の中であって欲しい。






b0032468_2030448.jpg

by skipoyaji2 | 2013-03-11 19:58 | Comments(0)

1か月分

前回記事から丁度1か月ぶりの更新となる。

もともと2月から3月は年間を通じ最も忙しい時期であるが、今年はこれに仕事上のひと騒動にプライベートの所用が重なり、更に週末行商も相俟って、非常に厳しい1か月であった。

これだけ間が空くと、ワレのブログが、「なぁ~に、オメ、今更何か書ぐっ気してらっけがっ?」と問うている感もあって、何となく気遅れする。

とまれ、この間も日本選手権クライマックス、SR開幕、6N佳境、日本代表スコッド発表などなどあったわけであるが、脈絡もなく少しだけ何か書くことにする。

============

(早送りしながらでも)全部見られたゲームは、今節の六か国対抗2試合に止まるが、Walesの復調を慶賀するし、ScotlandはLaidlawに加え、Beattieといった往年の名選手の血縁の活躍が嬉しい。Franceもこのまま沈んでいていいチームではなく、復活を願う。

============

SRでは我がHighlandersが不調。田中加入で注目だったのだが、カウンターラックで鳴らしたFW陣にも迫力がない。
Adam Thomsonはキヤノンに来るんだね。

============

加入といえば、東芝にRichard Kahui。
そろそろ大ゴマが欲しい旨書いてきたので、これは歓迎。
意図的にWaikatoの選手を続けて採っているのかな。

============

東芝といえば、日本代表のスコッドにフロントロー陣が結構入ったが、当然のセレクションであろう。

============

オラも募金させていただいた、笹田さん主宰のプロジェクトは無事目標額に達した。
意義ある派遣となるよう祈る。
https://readyfor.jp/users/12451

(オラもNZさ行ってみたい)

============

疲労の蓄積した1か月、この週末は無性に肉が食いたくなった。
食べたいと思うものが、体が必要とするものだとオラは思っており、最近できたという焼肉バイキングへ向かった。

b0032468_12345720.jpg

ん?何となく見覚えのあるところ・・。
ここは確か、若い時、不惑主将とボール開きなどと称して遊んだ、某銀行のグランド(というか、草地)だったところではなかろうか。
まんず、歳甲斐もなく、肉はたらふく頂いた。

==============

今週末は再び荒れ模様であるが、陽射しの角度は春のそれだし、降り積んだ氷雪もプラスに転じた最高気温と雨には、もはや抗しがたく、長く厳しかった今季の冬も漸く出口が見えてきた。




春と言えば、進路が決まる季節。

夭逝した小学と(中学飛ばして)高校の同級生。
奴の八王子の下宿で、奴が藤波、オラが長州に扮しプ○レ○ごっこに興じた。
その息子がオラの母校に合格したそうだ。
ラグビー部ではなかった筈だが、大学から転じるというオプションがある。
一度会って激励(というか慫慂)したいものだが。

===============

昨日のクラブの総会は欠礼としたが、春の訪れとはチームの始動ということでもある。
冒頭のような事情で、今季は碌に自主トレもできていないが、これから取り戻そう。





さて、2月から自主トレ開始と言っていた某チームは、その後、一体どうしたか。
by skipoyaji2 | 2013-03-10 12:34 | Comments(0)