<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2011シーズン終了

2001 関東社会人A:4位
2002 関東社会人B:1位、関東社会人総合1位
2003 イースト3位:(1位からIBM、三菱)
2004 イースト5位:(1位からセコム、三菱、NTT、東京ガス)
2005 イースト8位:(1位からIBM、三菱、NTT、栗田、東京ガス、横河、B/S)
2006 イースト6位:(1位から三菱、東京ガス、NTT、横河、栗田)
2007 イースト6位:(1位から横河、セコム、NTT、S/F、東京ガス)
2008 イースト6位:(1位からリコー、NTT、三菱、東京ガス、セコム)
2009 イースト5位:(1位からNTT、横河、三菱、東京ガス)
2010 イースト4位:(1位からキヤノン、東京ガス、三菱)

そして今季は、
2011 イースト4位:(1位、2位はキヤノン・クボタで未確定、3位三菱)と相成った。

かつて、釜石を苦しめたチームがイーストの2部にも沈んでいる。
一旦、強化の歩みを止めたが最後、坂道を転げ行くのは速い。
KSWの強化策も現状程度では、今のポジション維持が精いっぱいということである。

恵まれない境遇にありながら、V7を達成した伝説チームの復活の任を帯びたのがKSWであった。
その十分に遠い目標に加え、震災以降は復興の祈りを背負うことになった。こいつは更に重いミッションである。

このミッションにコミットするのか否か。
いや、選択の余地はなく、否応になく応じねばなるまい。
職業選手を少なからず抱える状況に既に移行した中、では、経営陣が打つ手は何なのか。

あとは現場の責任では通らない。

一方、現場は現場でオフの間にすべきことがある。
特に、ノンプロの地元選手は。
何のことかはお分かりであろう。
by skipoyaji2 | 2011-12-05 21:43 | Comments(0)