<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

常ならぬ日々

震災の影響というものは、直接被災した方々のみならず、間接的なものを含めれば相当な広範囲に及んでいる。
岩手県内では何も影響がないという向きは、職業人である限り、凡そいないであろう。

私の職場も同様であって、震災に由来する突然の業務やオーダーが日々降ってくる。
現場などへの支援要員にスタッフは抜かれていくし、向こう1年、どう回していくのか、頭が痛い。

1本前の記事で、
>明日の晩もそういう意味で経済を回す行事(ってほどのものでもないが。T造君のところ)に参加の予定。

ということを書いたのだが、この日の夕方に非常事態が発生し、本来のシフト要員が対応できなくなり、卒業した筈のオラが徹夜仕事に赴く破目に。

こういのって、05年桜庭・元HC苦渋の現役復帰や、新日鐵時代の入替戦(相手は明治生命だったと思う、ゼンコーまさかの途中登場などの事例と重なるなあと・・・いやオラの独りよがりな思いであるが。

いずれ、本日は疲れ果てて1日寝ていた。
この歳になって。これも常ならぬこと。
by skipoyaji2 | 2011-04-29 20:49 | Comments(0)

練習も再開

まだまだ自粛ムードが日本を覆うが、ものごとはできる限り平時モードに復すべきである。
Life must go on.

さもないと、いろいろなところで食えなくなる人が出てきてしまう。
明日の晩もそういう意味で経済を回す行事(ってほどのものでもないが。T造君のところ)に参加の予定。

不惑の練習も再開(尤も、概ねこの時期から始めるのが常なのだろうが)。
半年のブランクでなまり切った体ではあるが、やはりラグビーは楽しい。

ところで岩手県は未明まで結構な雨。
それでも朝7時から使える状態にあるとは、運動公園ラグビー/サッカー場の水はけの良さは特筆ものだ。
by skipoyaji2 | 2011-04-24 19:40 | Comments(0)

Crusaders 18, Highlanders 26

J-sportsでは中継がなかったこの1戦。
好調のHighlandersがCrusadersを降した。

後刻、ハイライト動画で見られるだろうが、TVで見られないとは残念なこと。

顎の負傷から戻ったColin Sladeが前節で再び顎を負傷。
この試合、TBが再びFHに入り、3 PG, 1 Conを決めたようである。


=======

追記

Reds v Waratahsも力の入ったいいゲームだった。
録画して見る向きもあろうから、結果は書かないでおく。
by skipoyaji2 | 2011-04-23 19:07 | Comments(0)

すごいぞトシヤ

ベタなタイトルであるが、素直にこう書くのがよろしかろう。もう皆さんご存知の記事である。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110418_2

ほかにも多くのunsung heroがいるのだと思うが、ラグビー者を取り上げていただき嬉しいこと。

若きトシヤ君の画像を2003年9月の横河戦から。
b0032468_223721.jpg


トシヤ君は釜石へ転籍ののち、スラッタリーとHB団を組むことになったはずだが、スラッタリーは東芝戦で大けがののち殆ど公式戦出番なしだったように思う。
by skipoyaji2 | 2011-04-20 22:40 | Comments(0)

Get it Back to Normal

新日鐵釜石製鉄所が操業を再開した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000555-san-bus_all

オラのワラシも進学先でラグ部マネ稼業を再開。

自粛ムードが日本を覆ってしまっているが、徐々に物事を平時に戻していかなければ、経済が回らない。
重傷を負った左脚を思う余り、右脚に始まり全身が弱っては元も子もない。
左脚を庇うためには、体のほかの部分が余計に働かなくてはなるまい。

県外の皆様、5月15日のIBC杯には、どうぞ内陸に1泊でお越しくなんせ。
「KSW & KGU(+前座レフも一緒だよ???)の選手と一緒にお泊りパック」でも仕掛けたらどうだえん。
いや冗談でなぐす。

~~~

前座レフと言えば、今月の文藝春秋に勇気づけられたり、不覚にも涙したり。
by skipoyaji2 | 2011-04-13 22:07 | Comments(6)

本震から4週間

そろそろ復興モードへ気持ちを移そうとしていた時期であったが、その夢をブラックアウトする大きな余震。

電気を失うと現代の生活は脆く、途端に非常感が深まる。
オラほは意外に早く復旧。
いよいよ今日は無理かと思っていた毎金曜日に1本のルーティンが続けられたが、ともあれ沿岸の早期再通電を祈りたい。

+++++++++++++

この1週間、沿岸の方から直接、間接に話を伺う機会があった。
もはや沿岸で仕事は続けられないという声はなく、無になったからこそ、リセットしたくてもできたかったことをこの機会になど、、皆、いずれも明日を目指していた。

思えば、三陸沿岸は幾度も津波に襲われつつも、その都度立ち上がってきたのだ。
オラも釜石人(尤も山側の松倉だが)の血を引く男。
負けるまい。
by skipoyaji2 | 2011-04-08 21:48 | Comments(0)

本震から3週間

本震から3週間。新年度が始まった。
オラも本日、少し昇任し新しい職場に移った。

釜石も甚大な被害を蒙ったが、KSW事務局からはメッセージの発信が再開された。
昨冬、10年間の総括としていろいろオラも書いたわけであるが、もうこうなればTLも何もかもよい。

復興の祈りを背負い、1戦1戦魂を込めてゆけばよい。
勝とうが負けようが、その戦いぶりが人の心に響くチームであれ。

オラも今季は、素直に頑張れ釜石と叫ぶ(さがぶ)ことにしよう。
by skipoyaji2 | 2011-04-01 22:10 | Comments(0)