<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本震から2週間 巣立ちの季節

明日、娘が進学のために上京する。
ついこの間まで赤ん坊だったような気がするが、もうそういう時が来てしまった。

私が何ら勧めたわけではないが、高校ラグビー部ではマネを務め、県内ラグビー関係者には一方ならぬご厚情を賜った。
衷心より御礼を申し上げる次第である。

進むのはラグビー無名校だが、大学でもマネ稼業を続けたいという。

東京には夢があると、父の南下から30年経ってみれば大震災。
首都圏に送り出すことに些かの不安も覚える2011年春である。

ラグビーの神様のご加護があらんことを。
b0032468_21192110.jpg

by skipoyaji2 | 2011-03-25 21:19 | Comments(3)

本震から1週間

全てを変えてしまったと言ってよい、あの本震から1週間が経ちました。

私は元の部署の仕事をほぼ措いて、支援物資配送のお手伝いをしています。
段取りは走りながら決めつつも、他方、走っているうちに前提条件が刻々と変わるということが、この仕事の難度を非常に高いものにしており、更にオペレーションの規模が大きく、最初から段取りが決まっていても混乱は避けられない業務といってよいでしょう。

さはさりながら、被災地の皆さんが必要としているものが行き渡っていないことはそのとおりです。
私が代表ヅラして申し上げる資格はないのですが、作業に携わる人間として、その点は忸怩たる思いがあります。

こういう風にできたらいいのに、こういうやり方もあるのではないか、など種々ありますが、現状の大きいオペレーションでは対応できないことが多々あります。隣の家に飛行機では行きかねるというイメージとでも言ったらいいでしょうか。

後方支援まで倒れるわけにはいかないので、被災した方々より、遥かに楽をさせていただいており、申し訳ない感もあります。

その替りでもありませんが、原則、石油を使わない暮らしをしています。オラホで浮かした分が、どこか必要なところに回るべえと。
by skipoyaji2 | 2011-03-18 21:04 | Comments(0)

大地震

すきっぷ、家族ともども無事。
徹夜仕事から戻り、疲労困憊なるも。
by skipoyaji2 | 2011-03-13 14:06 | Comments(3)

Southern Power Style

1月16日の記事でKSWの目指す方向の一案として、寒冷なNZ南島スタイルということを申し上げた。
実はオラもその明確なイメージはなかったのだが、現地報道ぶりでは、目下好調のHighlandersがまさにその典型との由である。
by skipoyaji2 | 2011-03-08 21:00 | Comments(0)

Highlanders3連勝

本節Bullと対戦したHighlanders。なんと35-28で敵地で勝利。
Bullsは本拠地、プレトリアでの20連勝が途絶えた。


TBはベンチスタートながら、後半早々には投入され、3G, 1PG。
今季の好調は本物のようで、S/R観戦も興が増すというもの。

RWCに向け、NZの唯一といってよい懸念が控えの1st FE。
まさかTBがっ?!
by skipoyaji2 | 2011-03-06 10:11 | Comments(0)

Crusaders v. Waratahs

NZを襲った災害により、いくつかの点でイレギュラーなゲームであった。

まず開催地が南島のほぼ北端のNelson。
ここはTasman協会の本拠で、Chris Jack, Ali Williams, Ben Franks, Brad ThornなどがABs級の所属選手。
Trafalgar Parkは本来クリケット用だそうだ。
オラは、こういう田舎のスタジアム(十分立派だけど)のほうが好きである。

b0032468_7464520.jpg


それからCrusaders着用の赤白hoopedジャージは、West Coast協会のもの。
昨年11月のPike River炭鉱事故への追悼のため、所在地協会のものを着用したということだそうだ。
但し、ロゴなどはきちんとS/R仕様になっている。
こういう例は、Super rugbyにおいて初めてであろう。
オタクには堪らぬアイテムである。

オタクついでにもうひとつ。
NZはABs, S/Rの各フランチャイズともadidasがサプライヤーで、シューズもほぼ例外なく同社製であったはずだが、フロントローのFranks兄弟はasicsを履いてらったよ。
by skipoyaji2 | 2011-03-06 07:47 | Comments(0)