<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

TB ハイランダーズ復帰

Otagoの地元紙によれば、FHのSladeの負傷に続き、Sopoagaまで戦線離脱のHighlandersはTBを次節の南アでの試合から合流させることにした模様だ。

明日にも日本から飛び、今週末のBulls戦出場が濃厚らしい。
36歳、頑張るねえ。

日本から南アまで、オラは飛んだことがないが、20時間以上要するようだ。
by skipoyaji2 | 2011-02-28 22:11 | Comments(0)

サントリー強し

多くを語る必要はあるまい。
貧弱な語彙で申し訳ないが、素晴らしいラグビーでサントリーが頂点にたった。
シーズン開幕当初、チームビルディングの失敗ではと指摘したのだったが、何の、この日に勝てばいいだけのことであった。

ピシ、アイイに共通するが、アイランダー系のスピードがあり、トリッキーな動きをする選手のループの動きは強烈だ。
最近のループはピボット役のセンターが真後ろにボールを放つが、横に浮かせるより動きが読みづらい気がする。
加えて、カラループも相当、効いていた。

どうだ、オラホでも使うか、SO氏よ。
by skipoyaji2 | 2011-02-28 19:18 | Comments(0)

Highlanders連勝

今季もunfanciedかと思われていたHighlandersであったが、開幕のHurricanes戦に続き、Chiefsから2002年以来の勝利。

ブレイクダウンでのカウンターが今季は強烈。キャプテンの1番Mackintosh、昨季の怪我から復帰の6番Thomson、8番Manu、BKでは15番Smithといった辺りの活躍が目立つ。

東北人と(オラが勝手にそう思っているだけだが)重なるケルト系、その移民の地であるOtago、して地球最南端のメジャークラブということで、フォローしているわけである。

本来、強いチームにつくほうが精神衛生上はよろしいのであるが、今季はどんな気持ちで見られるだろうか。

そのOtagoの元pivot、TBは本日の日本選手権決勝は欠場のようだ。
b0032468_9593584.jpg

最後となるであろうその雄姿を見られないのは心残りであるが、今季の三洋はTBの不在が響くようなチームではない。連覇を祈りたい。
by skipoyaji2 | 2011-02-27 09:59 | Comments(0)

NZ震災続き

やはりPlanet Rugbyにもクライストチャーチでの試合を危ぶむ記事が掲載された。
http://www.planetrugby.com/story/0,25883,16024_6773215,00.html

要点は村上晃一氏のブログに掲載されているようなことである。
http://koichi-murakami.cocolog-nifty.com/loverugby/2011/02/post-56af.html

都市としての規模こそNZ最大ではないが、ラグビーにおいては、オークランド、首都ウェリントンを凌ぐチャーチからはKSW最大のヒーローといっていいマコーミックはじめ来日選手も多い。

日本協会サイトには何の告示もないが、こういう時こそラグビー者が結束する時である。

画像は、2003年IBC杯、KSW v. 関東学院大から。
b0032468_2045107.jpg

by skipoyaji2 | 2011-02-23 20:45 | Comments(0)

NZ震災

クライストチャーチを襲った震災で甚大な被害を被っているようだ。
同じ地震国に暮らす者としても、一刻も早い被災者の救出を祈念するとともに、亡くなられた方々へ心からお悔やみを申し上げたい。

RWC開催の年であるが、この災害が影響を及ぼさないことも願わずにはいられない。
こういう苦難の時こそ、RWC優勝が国民に明るさをもたらすものであろう。

がんばろうNew Zealand!!
by skipoyaji2 | 2011-02-22 21:49 | Comments(0)

SO氏コメントに関し

1本前の記事に、SO氏が、
> Jonathan Davisが解説か。それはおもしろそうだ。
とコメントしている。

オラは海外ゲーム副音声観戦歴、多分10年くらいである。副音声で聞く目的は、英語の耳慣らしと、往年の名プレイヤーがどんな解説をするのか聞きたいが故である。外国語がわかるということは世界が広がるということであり、英語圏が本場のラグビーに至ってはなおのことである。

但し別に難行苦行で聞いているわけではなく、元来の言葉好きでありそう苦にはならない。
SO氏が走るのを厭わないのと似たようなものである。

日本の放送の場合は、実況だれそれ、解説が誰某となるが、英語圏だと区別なくともにCommentatorと称するようだ。

元プレイヤーのコメンテーターだと、オラが分かる範囲では、NZだと最近はGrant Fox、Justin Marshallなんか、豪州だとPhil Keansなんかがよく出てくるところ。英国からだと、イングランドのFHだったBurns、おなじみJDなどである。

苦節10年、所謂実況の話はおおむね聞き取れるようになったが、肝心の解説者の言はなかなか聞き取りが難しい。英語でももともと豪州英語、NZ英語は特に聞き取りがたい。

JDは甲高く、なるほど、いかにもJDってこういう声なんだろうなあという感じである。
高い声は聴きやすく、元選手の中では最もわかりやすい。

内容はというと、JDに限らず、おおむね皆直裁的であり、Oh!, what an awful pass!=ひんでえパス!だの、That's a shocker!=よく豪州発の放送で聞かれる言い方で、まあ、クソキックを蹴った時などに聞かれる。

レフリーの判定に対しても、あれは明らかにノックオンを見落としただのと、こいつも直裁的で容赦がない。

どちらがいい悪いではなく、それぞれの文化的背景もあろうし、日本の狭いラグビー界では口を慎まないと生きていけないという事情もあるのではないかと思う。

さて、最近気を付けて聞いているのが、レフリーの時計を止める時のコールである。
日本のレフリーはほぼ100%、Time offという言うし、英語圏では概ね、Time outと言う。

時計をoffにするという語感でTime offというのが正しいような気もするが(逆は、日英ともTime (back) onで、こないだの日本選手権で平林氏が日本人には珍しくbackをつけて、Time back onと言っていた)、Time offは英語では時間(単位の)休暇を指し、プレイの一時停止はTime outというのが辞書的には正しい。

知った顔をしてTime outが正しいのではと書こうと思っていたが、6N第1節で確か、W v. Eの試合だったと思うが、アイルランドのRolandレフがTime offと言っていた。

この辺、今季はしっかり検証しようと、マニアックなところを聞いている次第である。
ま、どっちでもよろしい話であるが。

そうこうして、走るよりもイメージトレーニングばかりに精を出すオラである。
by skipoyaji2 | 2011-02-21 20:58 | Comments(3)

2月雑感(2)

流石に2月も終盤になると、厳しかった今季の冬も退散の兆しである。
陽射し、空気の匂いが、春が近いことを告げている。

欧州では6Nが開幕し早くも2節を終えた。
先週のことで恐縮だが、Scotland v. WalesはJonathan Daviesが解説であったのだが、同性同名がWalesのセンターにいて、JDがJDがどうのと解説している様が何となくおかしい。DaviesはJonesやWilliamsと並んで、かの地に多い苗字である。

スーパーラグビーも開幕。今季は仕組みが変わって7月までの長丁場である。
開幕時期は南半球の夏の雰囲気が感じられてよろしい。
肌で感じてみたいものだが、オラがNZに行くことができるのは、いつの日であろうか。

神戸製鋼が日本選手権準決勝まで残ったが、一部報道では古豪と称されていた。
そうかぁ、古豪か、彼らの栄光も既に歴史であったのか。んだら、釜石はもは化石ね♪

そのKSWは納会だったそうで、津嶋君も引退と。
http://www.iwate-np.co.jp/kamaishi/2011/sw1102191.html
ご苦労さまでした。

オラの最も初期の在庫から2枚。
2003年の明治安田生命戦、@松倉。これは以前にもお見せしたかもね。
b0032468_13402452.jpg


こっちは間違いなく初公開。2003年の北上招待、神鋼戦。
SWという名称と初代ジャージのデザインは、確か彼の作だったはず。
b0032468_13404154.jpg

by skipoyaji2 | 2011-02-20 13:40 | Comments(1)

Not me

本号は、分かる方だけ分かればよろしい業務連絡でやんす。

昨2/10、県内某紙、社会面のあの記事、オラではながんすからね、念のため。
by skipoyaji2 | 2011-02-11 03:26 | Comments(0)

祝 日本選手権進出

といってもレフのお話。
IRFU所属(って言うんだべか)、磯部レフが本日の日本選手権、早稲田大v. NTT Docomo戦の第3ARを務めた、と。
お絵っこは、2009年11月15日、日本v.Canada、於:仙台から。左端が磯部氏。

b0032468_1804021.jpg

おめでとー。出世してくなんせよ~

ところで、Docomo結構強えなあ。
by skipoyaji2 | 2011-02-06 18:30 | Comments(0)

結構いける

6N開幕週の3ゲームを見て、気が付いたことがひとつ。
Asicsも, Mizunoも、それなりに履いてもらっているでねえの。

こんなとこ見てる奴、いねがべなぁ。
by skipoyaji2 | 2011-02-06 18:11 | Comments(0)