<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Tri Nations 第4戦

今晩の豪州 v. NZはメルボルンでの開催。
メルボルンは、AFL(オージーフットボール)のメッカであり、ラグビーユニオンに地元の注目は低いらしい。
チケットを検索してみたら、結構いい席がまだ残っていた。

会場はEtihad Stadium。
クリケット兼AFL用であり、開閉式屋根を備える。
ただ、このせいでグランド状態がよくないらしく(カーディフ、ミレニアムスタジアムも同様の問題が)、プレイヤーの多くがブレードでない通常のスクリュースタッドのシューズで試合に臨むとか。

そのほか、ABsの練習中Graham Henryが手にしていたアタックのプランが盗撮されて記事になったりだとか、いろいろと面白い事前情報が流れている。

世界No.1のルースヘッドであるWoodcock相手に、豪州3番のMa'afuがどこまで組めるか、McCawとPocockの7番対決、復帰するRokocoko、スピアタックルで出場停止のCooperに替えGiteauとBarnsのFEコンビや如何、といった辺りがオラの関心事項である。

が、ともあれ、お互いに展開を身上とするチームであり、ボールが大きく動けばそれでよろしいが。
by skipoyaji2 | 2010-07-31 09:56 | Comments(0)

本日のお楽しみ

やんや、暑っつがんすね。今年は岩手県も本格的な夏でやす。

さて、本日のお楽しみは、Tri Nations第3戦、豪州対南ア。
豪州はスクラムで互角に戦えるか、これまで不調のギタウの出来などがカギになると思う。

豪州でも、NZのプレイスタイルを範とすべしとの声があるようだ。
もともと役者が揃えば、展開力のある豪州。
南アはブリスベンで勝ったことがないらしく、今回も僅差で豪州との予想が多いようだ。
オラは豪州寄りで観戦するが、見応えのある試合を期待したい。

見終わったら、とっとと寝て、厳しくなるという朝練に備えることにしよう。
by skipoyaji2 | 2010-07-24 11:44 | Comments(0)

○スターの名誉回復のために

トラックバックなんて滅多にしないのだが、
そのシーンを連写で再現しましょー♪
勇敢にタックルに行ったのです。
相手が悪かったのです。
b0032468_20343266.jpg
b0032468_20342491.jpg
b0032468_20341267.jpg
b0032468_20335947.jpg
b0032468_20334737.jpg
b0032468_20333629.jpg
b0032468_20332492.jpg
b0032468_20331329.jpg
b0032468_2033175.jpg

by skipoyaji2 | 2010-07-19 20:30 | Comments(3)

そしてその試合

ラバさん、やめて、その突進。
千田さんもフォローにつくなんて。
b0032468_16492917.jpg


オラは最後の10分間だけ出させてもらいました。
試合は2点差で負け。
うーん、あのトライ。
中央まで走らせなければ、同点だったかも。
by skipoyaji2 | 2010-07-18 16:51 | Comments(0)

さて

週末は、ワレのプレイで楽しみだと書いたのだが、そのそれは、岩手不惑v.桜とシダの会である。
藤田、瀬下、林(敏)、千田、桜庭(敬称略)などのビッグネームがお出ましになるようだ。
生還を祈ってくだされ。

お絵っこは2003年5月、北上である。
b0032468_6454165.jpg



2010 Investec Tri Nations
NZL 31, RSA 17
先週ほどの点差とはならなったが、またもNZのゲームであった。
FW陣の密集での働き、とりわけカウンターラックは圧巻であった。
が、オラ的にMOMはWeepu。
Planet Rugbyを覗いたところ、同じ評価であった。
by skipoyaji2 | 2010-07-18 06:32 | Comments(0)

Umm.....

I am afraid that I just strained my left calf......
Wonder if I can be fully fit for the Sunday's game......
by skipoyaji2 | 2010-07-15 21:56 | Comments(4)

T/E 2010

日程が発表になった。
http://www.rugby.or.jp/2010/hoshitorihyo.shtml#east

盛岡のゲームが日野というのが、少し物足りないが、ま、よしとしよう。
地元、釜石で公式戦を見てもらうのも大事なことだ。

恐らくオラが撮りにいけるのは盛岡での試合だけになるであろう。
11/7の北上は、もは行商が入りそうだし。

10/10は盛岡南でT/Lの東芝v.ヤマハがあるのだが、T/Eと抱き合わせにしなかったんだ。
県協会は集客がいよいよ一苦労であろう。
by skipoyaji2 | 2010-07-12 21:09 | Comments(0)

Meet the old rivals

過日、大学の納会に行ってきた。
オラの大学は大阪にライバル校があって、毎年Home & Awayで全学対抗戦を行っていた。
運動部でカウンターパートをもつクラブは全て対戦していたはずである。

トリを飾るのがラグビー。
我々にとっての早明戦とでもいうべき試合であり、激しい試合になるのが常であった。

近年の納会ではその古きよきライバルとのOB戦があるという。
某TLチームの通訳・普及担当で、かつ、県人であって豚児の先輩であり、更にオラのライバル校出身であるところの某氏(説明なげえなあ)も、出るということもあり、久々に上京してみた。

OBは概ね30歳代中盤までの生きのいいのが主体であり、オラは十分にジジイの類である。
OB戦なんだし、もはやSocialな試合であろうと思い込んでいたオラは、お互い疲れた頃にでも出ればいいかいと問えば、主将の曰く、このOB戦はOB戦といえども現役時代のそれと変わることがなく、終盤になればなるほど激しさを増す故、年寄りは最初に出ておくが吉と。

というわけで、最初の20分、定位置を組ませてもらったが、なるほど、その激しいこと。
ラックではパンチまがいの手が飛んでくる。オラも久々に熱くなりましたったよ。
来年は、前座レフなり、某県レフリー委員長なりに吹いてもらいやんしょー。

とまれ、オラだちの現役時代の好敵手の顔もこれあり(再び見えるとは思いもせず)、国際ビジネスに活躍する先輩諸氏と話し、そして、これからそこを目指していく後輩諸君と親しく交わり、それはそれは楽しいひと時であった。

オラが大学1年の時の5年生(あれ、大学に5年ってあったか)で、T本氏というのがいる。
氏は、London Japaneseにも在籍し、林敏之氏とチームメイトであったそうで、後年、林氏を臨時コーチとしてつれてきたことがある。

T本氏は、オラのいたシンガポールのクラブにもいたことがあるのだが、現在、東京の不惑で役員をしている由(ま、ラグビー○カであるね)。
丁度納会のその日、菅平で試合があり、来られなかったとは、これまた当時5年生だった現在のOB会長。
オラも最近岩手の不惑に参加したことを申し上げれば、オレも入るかなと。そうそう、入ってくださいよ。ラグビーはやるに限る。

=========

2010 Investec Tri Nations
NZL 32, RSA 12
NZ有利を予想していたが、想像以上の出来であった。
Home gameが二つ続くNZが有利に違いない。
来週はこれほど差がつくまいが、NZが2 タテと見る。

その来週末、オラは、自らプレイするほうでも楽しみなのである♪

○キさん、撮りに来てけでよ~
by skipoyaji2 | 2010-07-11 21:29 | Comments(4)

またも

週末から行商で、しばらく記事の更新ながんす。

>ボール係へ
 というわけで、日曜の練習はスキップでやす。悪しからず。

さて、
こないだのIRB製作番組、トータルラグビーに、Eddie JonesとStephen Lahrkamが出ていたのだけれども、Lahrkamの曰く、

練習も試合も楽勝だと、日本でのプレイ経験のある連中に聞かされてきたら、あにはからんや、練習の量、厳しさに驚いたと。

リコーのコーチ陣は概ね外国人なんだが、下位から這い上がらんとするリコーであるからか。

素材を揃えても鍛えなければ輝きは得られない。
素材が劣るのであれば、なおさらである。
by skipoyaji2 | 2010-07-01 22:20 | Comments(0)