<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

TL Playoff final

三洋はトニ・ーブラウンがスタンドオフに戻ると、準決勝とTBの構成が変わって当然なのだが、霜村、北川の名前がない。
インフルエンザで欠場ということである。
あんや、なんとしたことか。

替わって宮古高出身の山内君がセンターに入る。
頑張ってもらいたい。本人の絵はないので、彼の母校の画像を、昨年の高校総体から。

b0032468_1294594.jpg

by skipoyaji2 | 2010-01-30 12:09 | Comments(0)

ラグビージャージを取り寄せる

前にも書いたことがあるが、オラは20数年前からラグビー用品をメールオーダーで取り寄せている。

オラは着るものには無頓着なほうだが、普段着のラグビージャージだけには些かのこだわりがあり、なるべくなら日本では珍しいものがよいと思っている。
加えて英国から取り寄せるほうが安い場合が多い。
というわけで通販なのである。

最近はピチピチの半袖ばかりで、普段着に適したコットンの長袖が少ないのだが、ようやく見つけたこの2点。

b0032468_10392015.jpg


航空便送料込み、2点で約5500円である。
どちらも在庫処分品であるが、安がえん。
by skipoyaji2 | 2010-01-30 10:40 | Comments(0)

釜石

仕事で釜石に行って来た。08年のANB戦以来である。

北国とはいえ沿岸の釜石は内陸とは違い、積雪もないし、やはり暖かい(尤も、今季は内陸並みに寒い日もあったが)。

新日鐵時代、年末からは、今はなき国分寺グランドに本拠を移していたわけであるが、日本選手権を視野に活動ができたのは、この気候のせいもあるのだと、いまさらながら思った次第であった。

さて、選手諸君は何をしているだろうか。
by skipoyaji2 | 2010-01-29 20:17 | Comments(0)

TL Playoff

東芝v.サントリーは予想に違わぬ、凄い試合となった。
ラウンドロビンでサントリーに大敗した東芝。
昨季ほどの強さはないように思うが、それでもあのまま終わるわけがないと思っていた。
案の定、開始から最後まで鬼気迫る東芝であった。
いや畏れ入った。
相手は違って構わないから、KSWのああいう姿も、見てみたいものだ。

三洋v.トヨタもいい試合であった。
ところで試合終了の笛で前座レフがfull timeとコールしていたが、日本のレフリーには珍しいのではないかと思った。
日本人は普通、no sideっていうよなあ。
ただ、このno sideって日本で進化した神話らしく、例えば、Yahoo UKで検索しても、日本でいうその意味では見た限りヒットしない。
one for all, all for oneというのも同様のように思う。
どちらも美しい話であるに故、それはそれで大事にすればよろしいが。

このプレイオフの2試合、オラは東芝、三洋寄りで見ていたのだが、いずれもあくまでも「寄り」というだけのこと。
かつて新日鐵釜石を見たように、負ければ自分の自我の一部が削り取られるような、そういう思いでラグビーを見ることが凡そなくなった。
精神衛生的にはよろしいのだが、勝ったときの高揚というものも、ない。
by skipoyaji2 | 2010-01-24 21:03 | Comments(0)

トップチャレンジ

NTTがマツダに快勝するであろうとは、誰しも容易に予見できたことである。
事実、そのとおりとなり、事実上、TL昇格を決めたといっていいだろう。
但し、TL定着を目指すのではあれば、会社・プレイヤーともイースト以上に強化に励まなければならない。
さもなくば1年で転げ落ちて来るという事実は幾多のチームが証明してきたところだ。

ところでこの土日は久々に、ラグビーのテレビ中継がない週末であったのだが、局地的にひとつあった。
岩手県内CATV配信のKSW v. サントリーフーズである。
25-20の辛勝というゲームであるが、サポーターの書き込みなどの評価は、概ね「セットが安定しており、負ける気はしなかった」というふうに記憶している。

見てみた。

セットピースは確かに安定していたほうであろう。
しかしだ、・・・。
いろいろ感じたことはあるが、こういうチーム設計でいいのかと思ったと、それだけ書いておこう。
by skipoyaji2 | 2010-01-17 18:53 | Comments(0)

KSW 来季補強

下記、岩手日報記事では、明治から2人、更に5~6人だとか。
http://www.iwate-np.co.jp/kamaishi/2010/sw1001131.html

明治の2人の採用元は恐らく新日鐵だと思うが、IBM、セコムに続き、今季限りでサントリーフーズ、ヤマハも本格強化を断念する中、健闘と評価すべきなのであろう。

====

ところで、すっごく遅ればせながら、三陸ブロード配信の栗田戦をようやく拝見した。
試合通して、勝たないわけがないような流れであった。
あれで引き分けに持ち込まれれば、そりゃ凹むわなあ。
by skipoyaji2 | 2010-01-14 21:16 | Comments(0)

厳しい試合

三菱重工相模原 ●30 - 35○ 横河武蔵野
経過を見るに、なかなか力のこもった一戦であったようだ。

厳しい試合といえば、昨日の大学決勝、TL最終節、高校決勝と見ごたえのあるいい試合が続いた。
大学は展開を志向する東海よりで見たのだが、ブレークダウンを制した帝京に軍配。
両校、社会人相手にどこまでできるかな。

三洋v.サントリーはドロー。
プレイオフでサントリーは東芝と再戦になるわけだが、東芝もリベンジを期していることだろう。楽しみなことだ。

リコーは入替戦に回る。あれだけ手厚い補強をしてもこういうことなわけだ。
相手は、恐らくマツダになるだろうから、イーストに舞い戻ることはあるまいが。

これから、プレイオフを経て日本選手権と、まだまだシーズンは続く。
さて、オラほの青黄色の諸兄はなにしてらべな。
by skipoyaji2 | 2010-01-11 18:38 | Comments(0)

Year of Tiger, 2010

皆さん、あけましておめでとうござんす。

黒工は残念でした。
2回戦で埼玉代表の深谷からあれだけ取るんだから、概ね予想はついたのだが、役者が一枚も二枚も違った。
1年生、2年生は次に向けて頑張ろう。
3年生の進路は分からないけれど、大学でも十分通用しそうな子もいるから、楽しみなことだ。
ところで、東北勢で3回戦まで進めたのは黒工だけとは寂しい。東北の諸君、奮起しよう。

と、オラの今年の目標は、「試合に出る」である。
不具合もあるので、もは、やらないと宣言したのであった。
実際、2009年はひとつも試合に出ていない。
なんと、1年通じてゲームに出ていないとは、ラグビーを始めて以来、初めてのことであったのだが、よろしくないね。
by skipoyaji2 | 2010-01-01 16:51 | Comments(0)