<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

讃 オープンラグビー

今日は早朝からラグビーの日である。
今季序盤、マコウ、カーターを欠き、輝きを失ったかのようなAll Blacksであったが、南アを破り好調と見られたフランス相手に5トライ、被トライなしの快勝である。

互いに広く展開するチーム同士で、好試合も多いカードである。
フランスに若干、分があるというのが試合前の評価であったようだが、何のなんの、ABsが大爆発であった。

昨日の記事で、TBのオフロードに触れたが、カーターのそれもまた見事。
NZの1st FEに脈々と伝わる妙技というべきか。

Back threeのカウンターアタックも素晴らしかった。
やはり、オープンラグビーが讃えられるべきである。

ABs快勝で、朝から気分がよろしい。

難点は、あの白のChange Shirt。
なんだか、日本のサラリーマンが白いTシャツ着たときみたいだじぇ。
by skipoyaji2 | 2009-11-29 15:15 | Comments(0)

2009年11月28日結果

キヤノン ●19 - 21○ KSW
KSWが大勝したJALに敗れたとはいえ、強いのか弱いのか本当のところが掴みがたいキヤノン。
今日の結果は、いろんな可能性がありえるだろうと思っていたが、そうかい、こんなところだったかい。

NTTコム○35- 24● 三菱相模原
日本IBM ●19- 41○東京ガス
セコム ● 5 - 53○横河武蔵野

もしかしてEastの1位通過はNTTか?

====
再開したTLでは三洋が神戸を粉砕。
神戸はつまらないチームになってしまった。
やっと返したトライがドライビングモールからとは。

今日のゲームは、何しろTony Brownのオフロードだね。
by skipoyaji2 | 2009-11-28 17:44 | Comments(2)

2009 早慶戦

というわけで、本日のお題はラグビー早慶戦である。
前の記事のとおり、オラは初めて生観戦に赴いたわけであるが、外苑前駅から秩父宮ラグビー場に向かえば、早稲田・慶応、両陣営のスポーツ紙は配られているわ、特設テントで売られるラグビーグッズの数々、いやがおうにもビッグゲーム気分が盛り上がる。

試合の結果は、皆さんご承知のとおり。慶応のほうが理に適った得点の取り方をしていたというべきであろう。ディフェンスも見事であった。

早稲田はゲームプランに疑問。プレイヤー個々の地力で引き分けに持ち込んだという試合である。

内容はさておき、ワケあって早稲田寄りで観戦したオラ。
ハラハラ、ドキドキという意味では近年稀なワクワク感をもって80分を過ごした次第。
いがったなあ。

b0032468_21355291.jpg


対抗戦Gの優勝の行方にはオラは余り関心ないが、慶応v.帝京がカギになることは間違いない。
こいつも面白いゲームになるだろう。
by skipoyaji2 | 2009-11-23 21:36 | Comments(0)

1本前の記事で

忙しいと書いたのだけれども、先週の土曜から本日まで、出張、私用のお出かけ続きで、この10日間、終日盛岡にいたのは2日だけであった。

この3連休も、わけあって旅の空。
昨日は、こいつを見てきた。
決戦前日、対戦チームのジャージを着せるというアレである。

b0032468_7555980.jpg

本日は秩父宮へ行き、その足で帰宅する。
オラは東京に通算6年住んだことがあるのだが、早慶戦は生観戦したことがない。
今季は対抗戦の優勝決定戦になることもあり、おそらくfull houseになることだろう。
試合も白熱したものになるだろうが、何しろその雰囲気を楽しみたい。

大学といえば、昨日のコレ。
明治大 ●0 - 56○ 帝京大。一体どうしちまったのか。

さて、イースト。前節になるけれども、
サントリーフーズ ●5 -12○ 秋田ノーザンブレッツ
セコムに続いての白星。ホームでの連戦になってから調子がいいようで。
敵さん、秋田の寒さで体が動かないかな。本当にそうかどうか分からないが、ホームアドバンテージを生かした戦いぶりである。

今節では、
日本航空 ○20 - 19● キヤノン
おおお、全敗かと思われたJALが。
キヤノンは、強化も容易ではないということを学んだことであろう。
しかしながら、IBM、セコムに続き、ヤマハも本格強化を断念する中、社を挙げて強化に取り組んでくれるチームはありがたい。

セコム ●7 - 10○ 日本IBM
その本格強化中止同士の対戦はIBM。セコムは入替戦が視野に入る。

釜石シーウェイブス ○45 - 16● 秋田ノーザンブレッツ
もう少し点差をつけてもいいように思うが、このところホームで強い秋田相手だから、まあよしするか。
秋田には、国際教養大の学生がリザーブで入っている。
ときに、JKが英文の読売にこんな寄稿をしているのだが、大学生がより高いレベルで戦う必要性に触れている。

http://www.yomiuri.co.jp/dy/sports/20091107TDY20301.htm

多分、ラグビー部のない国際教養大の学生がANBsに活躍の場を求めたということなんだろうけど、地方部のオープンクラブにはそういう可能性もあるということだ。
学生のチームには学生同士ならではの一体感もあり、それはそれで捨てがたいものだが。
by skipoyaji2 | 2009-11-23 08:31 | Comments(0)

最近やたらと

忙しく、書きたいこと、やりたい作業はあるんだけど、手がつけられましぇん。
by skipoyaji2 | 2009-11-16 23:46 | Comments(0)

筑波大 ○43 - 24● 明治大

慶応にいいところなしで敗れた明治であったが、更に筑波にも完敗であったようだ。

気のせいかと思っていたのだが、どうも吉田新監督は優しすぎるのではないか。
NHK秋田のドキュメンタリーを見たときに、これが、ラグビーに対する厳しさの余りチーム内に軋轢を生んだ男なのかと、ふと思っていた。

TV中継でもれ聞こえるプレイヤーに掛ける声を聞いても、これが吉田義人なのかと思ってしまう。

寂しい早明戦にならなければよいが。
by skipoyaji2 | 2009-11-09 21:52 | Comments(0)

TE R7 結果ほか

JAL相手に74-6という大勝であったようだ。
釜石がこれだけ得点したのはちと記憶にないので、過去のデータを調べてみたところ、やはり03年にイーストリーグへ移行してからの最高記録であった。

こうなるとゲームとしての興味は失せてしまうけれど、小春日和の穏やかな午後、地元はKSWの久々の強い姿を見ることができて、それはそれでよかったことであろう。

今季ももはや昇格の目はないが、残る試合、ANBには引き続き大勝しなければならないし、栗田は言うに及ばず、躍進著しいサントリーフーズ、キャノンにもきっちり勝っておかねばならない。

なんていう期待をすると・・・・

=======

ときに現在、11/7、15時。来週のカナダ戦に向けたJAPANのセレクションマッチが進行中である。もともとこういう混成軍の試合ってオラは大好きなのだが、仙台でのテストマッチは、どうやらオラも見に行けそうな雰囲気であり、そうなるとセレクションもいよいよ見てみたい。激しがべおんなぁ。
by skipoyaji2 | 2009-11-07 15:00 | Comments(2)

TE 第7節

KSWがJAL Wingsをホーム松倉で迎え撃つ。

経営危機のJALは、ラグビー部の休部・廃部も当然視野に入っていよう。
このカードも今季で見納めかも知れない。

そういう意味でも見ておくべき試合かも知れないが、残念ながら出撃はなしである。
by skipoyaji2 | 2009-11-06 19:51 | Comments(0)

H1N1 新型インフルエンザ

岩手県は高校新人戦の季節である。
オラのわらしも本日、宮古へ出撃した。

もとより、15人ギリギリのチームであるのだが、怪我人に加えH1N1でやられたりでピッチに立てるのは13人という状況だそうだ。
オラも大学の時に15人揃わない恐れがある状況で菅平なぞに登ったこともあり、その切なさはよく分かる。

ともあれ、問題はH1N1である。
ラグビーはコンタクトのあるスポーツだし、フロントローなんか対面が感染者であれば一発で伝染ってしまいそうだ。
花園の季節はもとより季節性インフルエンザのシーズンなのだが、特に今年は健康管理が大変であろう。
指導者の苦労はいかばかりであろうか。

インフルエンザでせっかくの舞台を、それが花園であれ、地方の小さな試合であれ、棒に振る若者が出ないように祈りたい。
by skipoyaji2 | 2009-11-04 20:12 | Comments(0)

2009年 10月最終週、11月第1週

TLは休止期間。一方で大学ラグビーの好カードが増えてきた。

慶応v.明治は慶応が全てにおいて一枚上手であることが明らかになった。
明治には誤算であっただろう。

法政v.関東学院。法政はPKの選択肢を誤った印象。
特に終了間際の2回。どちらもタップキックでFWが行く必要はない。

Top Eastは秋田がセコムに今季初白星。
11月はホーム秋田で4連戦。北東北で11月に4つも公式戦とは、なんちう日程だと思うが、これをホームアドバンテージに士気が高まることを祈りたい。

KSWは飛車角抜きでNTTに健闘したようだ。いい試合は結構だが、そこで勝てないとなあ。

今季のTEもほぼポジションが明らかになってきた。
概ね予想どおりであるが。
by skipoyaji2 | 2009-11-03 20:13 | Comments(0)