<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テストマッチ3つ

先週土曜日はテストマッチ3試合。
PNCの日本対トンガ、豪州対フランス、そして南ア対ライオンズである。

ライオンズが勝てば第3戦にシリーズ勝敗が決まるわけで、その意味もあってライオンズ寄りで観戦。前半の出来を見ればライオンズが行けるかなと思ったが、サヨナラPGの幕切れ。面白い試合であった。負傷者続出のライオンズであるが、最終戦で一矢報いて欲しい。

フランスを迎え撃った豪州もいい出来だったと思う。今季トライネイションズは南ア、豪州、N.Z.の順か。

さて、日本代表。ライブで、かつ、五分五分の相手。もう少し熱く観戦してもよさそうなものなんだけど、第3国同士の試合を見るような感じで見ている自分にちょっと驚いてしまった(副音声で見ているせいかも)。ラグビーは所属協会主義だから、外国籍選手がいても何ら問題ないのだが、15人中6人(帰化済み含む)までになると鼻白む。アレジなんか優秀なスタンドオフなのだろうけれど、日本にいたときはNTTドコモだから、殆どプレイを見ていない。タラントも然り。オラほのJAPANって感じで見られないんだよなあ。

ラグビー雀の間は、またぞろ監督交代論になるんだろうが、代表チームは一国のラグビー力を結集したものである。日本が今の位置にいるのは、監督の問題ではない。日本のラグビー総力の問題だ。責任論として結果を出せなかった監督を更迭するのは仕方ない面もあるのだが、本質的な解決を図らぬ限り、いつまでも同じことの繰り返しである。ま、ここが難しいところだが。
by skipoyaji2 | 2009-06-29 21:42 | Comments(0)

6月も

TV観戦に忙しい。

まずはJWC。風情はオヤジというプレイヤーもいたが、20歳以下は、やはりすがすがしい。
決勝のEngland v. N.Z.、あのでかいFW相手にN.Z.はすばらしい展開力のあるラグビーを見せてくれた。
さすがラグビー王国だ。我がJapanは、というと、U20であれ、代表のワールドランキングに準じた結果になってしまった。高校・大学・社会人とクローズドクラブでプレイするという日本の独自の土壌の中で、強化の難しさが明らかになってしまった。

PNCは、今年も大きな順位変動なしか。今の日本代表は外国籍選手の起用に、違和感を感じる向きも多い模様。それでも勝てないんだよなあ。世界の中でランキングを上げることの難しさよ(実はろくに見てないんだが)。ときに、Japanの緒戦の相手、サモアは人口18万人、面積は鳥取県程度だそうである。

N.Z.はFranveを迎え撃った。主力に怪我人続出で連敗が危ぶまれたN.Z.だったが、何とか面目を保った。
Catrerの不在も大きいが、最近のN.Z.はTB陣、特にウィングに人材を得ていないような気がする。

最後にLions。前半、3番Vickeryが続けざまに反則を取られたのが響いた。ありゃ南アの1番がペナライズされるべきもののように思ったが。
by skipoyaji2 | 2009-06-22 21:20 | Comments(0)

09シーズン 補強第2弾

http://www.kamaishi-seawaves.com/news_attach/2009/200906110_info.pdf

ということなんだけれど、フロントローを大変心配していたオラは、ちょっと安心。
明治では1.5本目くらいの感じだったようだが、右左どちらもできるようだし、何しろでかいね。

小原君といえば、2004年、記念すべき前座レフが前座レフと命名された試合。
http://skipoyaji2.exblog.jp/511774/

どちらも所属はKSWということなんだけれど、食い扶持は大丈夫なのか、そいつがちょっと心配。
by skipoyaji2 | 2009-06-11 20:30 | Comments(0)

JWC Japan v. Samoa

久しぶりに、おおー!いげーっ!と叫びつつライブ観戦した。
未成熟だけれども、切れることない必死のタックル。
今の日本代表にはないプレイだといったら失礼か。
スタンドに見える多くのワイシャツ姿にも共感したり。
スコットランドには是非とも勝って欲しい。
by skipoyaji2 | 2009-06-09 20:54 | Comments(0)

北上招待

こりゃまた強そうな東芝。
http://www.kamaishi-seawaves.com/game_result/2009/result090607.htm

ミスマッチにならぬことを祈るばかり。
by skipoyaji2 | 2009-06-06 09:33 | Comments(2)

高校総体

結果はその筋のサイトでご参照いただくとして。それから親バカ日記も封印と(小ネタあるも)。

掴んだ栄誉、逃した夢。
b0032468_20224535.jpg


3年生の大半はこれで引退。部活からの開放感に一時、浸るがよい。

春になったら、大学で、職場で、また一味違ったラグビーがおめはんだぢを待っている。
どんなレベルであったとしても、ひんまがった球っこが好きであれば。
by skipoyaji2 | 2009-06-01 20:30 | Comments(0)