<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ラグビーを支える人々

先日のIBC杯もそうであるが、試合を開催するには様々な裏方の支えが必要である。

盛岡での会場には駐車場係に始まり、オラのクラブの先輩・後輩の姿も多い。
皆、手弁当である。

オラは口舌の徒であるからして、そういう事情を書くばりだが。
by skipoyaji2 | 2009-05-27 21:19 | Comments(0)

キヤノン

今月のラグビーマガジンにキャノンの部員表が掲載されているのだが、その新入部員の多さに驚いた。
TLからの移籍組を含め、既存部員と同じくらいの選手が入部している。一気にこんなに補強する例も珍しい。巻末には特集記事もあって強化の意気込みが伝えられている。

経営層が強化といえば一気にその方向に動けること、社業とラグビー部としての活動の調整が取りやすいことが企業クラブの強みである。反面、経営判断で一気に縮小することもありうるわけであるが。

春の練習試合、東ガスに5-38と完敗しているが、秋のシーズンには侮れない相手になるであろう。


ときに、拙ブログの写真は、一部を除き全てキャノン製カメラによるものである。
by skipoyaji2 | 2009-05-27 20:35 | Comments(0)

IBC杯 照井アナ

この人のラグビー中継はユニークである。
と思っているのは、オラばりだか。

今年の中継で印象に残るのは、
(近々結婚する菅野君のトライシーンにて)
「ウエディングトラーイ!」
>爆


(明治のBKが走る様を)
「あの明治のバックスが走っています!フォワードではなくバックスが!」
>明治だってバックスはそりゃ走るべや
 というか、明治はBKにも幾多の名プレイヤーを輩出しているのだが。

つっこみどころ満載である。岩手は楽しい。
by skipoyaji2 | 2009-05-25 20:51 | Comments(2)

IBC杯前半1

前半はいいブレークあり。
最後の詰めでの反則多し。もっと取れたはず。

b0032468_2037514.jpg
b0032468_20372068.jpg
b0032468_20373627.jpg
b0032468_20374960.jpg
b0032468_2038689.jpg

by skipoyaji2 | 2009-05-24 21:38 | Comments(0)

IBC杯前半2

b0032468_20392280.jpg
b0032468_2039377.jpg
b0032468_20394946.jpg
b0032468_20401158.jpg
b0032468_20403079.jpg

by skipoyaji2 | 2009-05-24 21:28 | Comments(2)

IBC杯前半3

b0032468_2042148.jpg
b0032468_20421386.jpg
b0032468_20422412.jpg
b0032468_20423364.jpg

by skipoyaji2 | 2009-05-24 21:23 | Comments(0)

IBC杯後半1

前半の勢いで、こりゃもしかして100点ゲームもいけるかと思ったのだけど。

b0032468_2051119.jpg
b0032468_20511260.jpg
b0032468_20512332.jpg
b0032468_20514771.jpg
b0032468_2052959.jpg
b0032468_20521931.jpg
b0032468_20522889.jpg

by skipoyaji2 | 2009-05-24 20:52 | Comments(0)

IBC杯結果

KSW 54 - 21 明治大

ま、勝ったのでよしとするが。

Peter Miller突進の図。
b0032468_18233343.jpg



津嶋君2態。

b0032468_1850948.jpg

b0032468_18503526.jpg





突進の様から、こんな昔のお絵っこ、思い出した。
b0032468_18512593.jpg

by skipoyaji2 | 2009-05-24 18:23 | Comments(0)

トップリーグ 09-10シーズン

試合日程が発表になり、当地では10月11日に東芝 v. リコー。
今までで一番いいカードじゃないかなあ。楽しみなことだ。
by skipoyaji2 | 2009-05-20 21:09 | Comments(0)

IBC杯

成年の部、KSWの相手は明治大学である。
昨季、早稲田に勝ったものの、対抗戦6位である。
吉田新監督の下、再建に取り組んでおり、それなりにモチベーションもあがっているとは思うのだが、春のオープン戦の結果を見る限り、飛躍的に伸びているようでもないようだ。

よろしいか。明治大には失礼だが、対抗戦6位である。
KSWが負けてよいわけはない。

以下、過去のIBC杯戦績である。
2001 76-7 早稲田
2002 92-24 慶応
2003 31-59 関東学院
2004 33-45 法政
2005 36-38 明治
2006 20-29 リコー
2007 7-35 セコム
2008 31-45 早稲田

最多得点であった02年の慶応戦から2枚。

b0032468_20564624.jpg

b0032468_20572091.jpg

by skipoyaji2 | 2009-05-20 20:57 | Comments(0)