<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰しておりやんした

えー、出稼ぎ先から更に出稼ぎに行っておりまして、久々に書きます。

些か旧聞になりますが、当地でAsian Tri Nationsが開催され、SG v. カザフスタン戦では日本協会の藤レフが、私は出稼ぎで見に行けなかったSG v. 台湾戦では、我らが前座レフが笛を吹いたのでありました。

画像はSG v. カザフスタン戦、試合前の様子であります。この日はコンデジしか持っていかなったので、こんな絵しかありませんけど。テストマッチではありますが、雰囲気的には国際草ラグビーですかね。試合は体格に勝るカザフが終始主導権を握っておりました。

b0032468_22361742.jpg


SG v. 台湾は、前座レフによれば、終了間際にSGが逆転サヨナラトライで勝利だったとか。

誰も見ていないような試合であれ、いかなレベルであれ、必ず勝たねばならぬ相手というものがあります。そういう試合の機会があることは、プレイヤーにとっては大変幸せなことです。

不肖すきっぷが現在所属しておりますクラブも間もなく、敵地で宿敵と合い見えるのであります。私は今回の一戦、見送らざるを得ないのですが、我が同士は必ずや賞杯とともに帰国するものと信じておりまする。
by skipoyaji2 | 2006-06-21 22:42 | Comments(1)

Japan v. Tonga

で、その試合。

メンバーを見た時から、こりゃ10-50だなと思っていましたが、結果、大体そんなところに落ち着いた様子。

得点経過を見るとFifitaは大活躍だったみたいだね~。ま、何と申し上げるべきか。
by skipoyaji2 | 2006-06-04 22:02 | Comments(0)

Out of sight, out of mind

見えねぐなれば、忘れでしまう、っつう意味でやんすが、一般には「去る者、日々に疎し」と解釈するようでやんす。

オラは今日の今日まで、「去る者、日々に疎し」とは、
1) 去る者=おめはんのもとを去ったそのオラ、が主語で、その人は、
2) 日々に疎し=あたかも「木綿のハンカチーフ」の彼のように、行った先の都会の暮らしが楽しくて、日々が過ぎ去ることに注意を払わない → 日々が過ぎておめはんを見なくなって久しいことを気にしないと、

すなわち、「おめはんから去っていったこのオラは、おめはんのごどを見ねぐなるので、忘れでしまう」という意味だと思っていたのだが、そうではなくて、去られたほうが主体であって、

「オラから去っていったあの人のことは、日に日に薄れていってしまう」だということに気づいた。
「日々に」は目的語でなくて、副詞だな。これが。

いや、だからなんだということでもながんす。
明日はJAPANの試合があるようだけれど、いくらインターネットでフォローしていても、J-Sportsなんかで中継を見るような環境でないと、やっぱり余り意識しなくなる、Out of sight, out of mindだなあと思ったのだが、だども、忘れられるのはオラのほうであったのだ。

(T T T T T T T T T T T T T T T T T T T)

閑話休題

娘の学校は、タッチだけでなくフルコンタクトのラグビー部もあるのでやんしたが、うちのから今月のニュースレターを見せられ吃驚仰天!

b0032468_22484018.jpg


セブンズの時に来星したNZ代表の練習グランドが娘の学校!!
(ノ; ̄◇ ̄)ノ エエエエェェェェェ-知らねがった~
by skipoyaji2 | 2006-06-03 22:48 | Comments(0)