<   2005年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

7/31 我が試合

上寄木は今日も暑かったっす。20分ハーフの試合後、高校生の相手を少々。たいした、がおりました(分かるかな?「くたびれた」の意味です。方言ですが、もともとは「臥る」と書き、「横になる=疲れる」というのが語源)。

高校は合宿シーズンです。私は午後の試合だけ行きましたが、午前中は若い(といっても私との比較でですが)OBがスクラムの台を務めたそうです。相手の高校生はべそをかきながら組んでいたとか。弱いとスクラムって本当に大変です。泣きたくなる気持ち、分かりますよ。

大学のとき、騙して入部させた奴に3番をやらせたのですが、そいつも最初は泣きながら組んでました。見かけによらず優しいトイメンのオラは、ラグビーに誘って悪かったべかと思ったりもしたものですが、何の何の、そいつもOBになって練習にくれば、現役に「スクラムってものはなあ~」といっちょ前の口を。

ラグビーはやるのが一番です。だけんとも、もう少し涼しいときがようがすね。
by skipoyaji2 | 2005-07-31 21:14 | Comments(0)

7/30松倉練習

本日は、
①松尾で合宿中の現役高校生のスクラムの台になる(生スクラムの相手をすること)
②釜石に鳥見がてら出かける(お師匠さんの薫陶を受け、最近鳥見もしています)
と2つのチョイスがあり、①は若いOBに任せればよい(明日もあることだし)と理屈をつけて、②を選択。何回か松倉には行ってますが、練習を見にいったのは実は初めて。画像は3時からのセッション。今日は岩手も暑かったのですが、釜石の3時は何ぼか過ごし易くなってました。

画像は、春シーズン怪我に泣いたお三方。元気に復帰してましたよ。

ハンセンコーチに教えを請う。
b0032468_2149322.jpg

タックル&タックルドボールへの仕掛け
b0032468_21494490.jpg

全体練習後、プレースキックに励むキャプテン
b0032468_2149553.jpg

おらの同級生の某氏も高校時代、始業前だの昼休みに校庭でプレースキックを黙々と練習。
女子生徒の人気を集めたとか集めないとか。

さて明日は、その松尾で自分の試合、終わった後は高校生のスクラム台です。
軽くあしらっていたワラシャンドが、しばらくぶりに組むと、おらの手に負えなくなるようなスクラムを組むようになっていることがあります。こういうときはワゲすたづの可能性というのをしみじみ思います。
by skipoyaji2 | 2005-07-30 21:50 | Comments(0)

運命の一瞬

暫く覗いておらなんだ間に、公式サイトのサポーター部屋でご本人がこの一瞬のことを触れているのを発見。すきっぷ、まん前で目撃しておりました。そういうシーンだし、載せるのもなんだなあと思い、今日まで公開しないでおきましたが、ご本人が記述しておられる内容そのままなので、載せてみました。
ご本人が「よろしくない!」ということであれば、即削除します f(^_^)
お早い復帰を!

b0032468_20333923.jpg
b0032468_20335532.jpg
b0032468_20333913.jpg

この手の絵といえば、昔、昔のラグビーマガジンの「技術をひもとく」で、アニマル藤原(若い人は知らんよなあ)がトライ寸前で肉離れを起こし、崩れていく連続写真を見た覚えがあります。
by skipoyaji2 | 2005-07-29 20:33 | Comments(0)

密かに 

帰国しておりやんした。

ぶらぶらしてたらアンガスのこんな記事発見。んー、おらも参加しえみてえ~

リタイアしたらNZに渡る。近所のクラブに出没する。試合に来ては、なぜか撮影し写真を配ってくれる。そういう怪しい東洋人の小父さんになりたいなあ。今でも、もは怪しい小父さんには違いないけれど
by skipoyaji2 | 2005-07-28 04:48 | Comments(0)

すきっぷ@旅の空

タイトルどおり、依然某国滞在中です。今日は、Tri Nations開幕前に、南ア v. 豪のマンデラカップ第2戦がプレトリアで行われました。この試合、日本のJ-Sportsでは放送がないのですが、当地ではStar Sportsで放映されました。Star Sportsって日本を除くアジア各国もカバーしているサテライトTVで、ごく一時期、PerfecTVとJ-Skyが合併する前、流れていたように思います。

試合のほうはというと、南アではなぜか調子のでないワラビーズ。前半に2本インターセプトで取られると、いいところなく、そのまま33-20。スコアはそこそこにも見えますが、豪州は終了間際に帳尻を合わせたもlので、内容は南アの圧勝。来週からはTri Nationsが始まります。Lionsに3タテ食らわせたNZが優勝候補ですが、昨年も下馬評が高かったのに失速しましたからね。
by skipoyaji2 | 2005-07-24 20:33 | Comments(0)

八幡平ラグフェス

梅雨の合間を縫って、天気に恵まれた2日間でした。あんまり暑くてプレイするほうは大変でしたが、雨に降られるよりはよっぽどましです。35歳オーバーではこんな人がプレイヤーで出場。ゼンコー、千田さん、不惑さ出てる場合ではねがったぞーっ!
b0032468_21595980.jpg


ほいほい、こちらは4kg痩せた人。レフリーと選手では使う体力・筋力が違うとか。
b0032468_23525838.jpg


実は、このゲーム、「千田さんに押してもらえるぞ」というプロップフォワードには堪らぬ教唆が某氏からなされ、危なく出されるところでやんした。明日から出稼ぎでなければ出てもいがったのですが。

というわけで、再び、出稼ぎ。当分、更新はありません。おらほの常連さんなぞ、なんぼもいねんだども、予め、ごめんくなんしょ。
by skipoyaji2 | 2005-07-18 22:01 | Comments(5)

3番重枝

前半だけしか見られませんでしたが、そこそこ組めていたように思います。
フロントローにしては運動量が多いというのは特筆すべき点でしょう。

来られないと仰っていた四ッ家さんがおいででした。後半までお撮りになったはずですから、画像はそちらを期待してください。私は一枚だけ。
b0032468_2317485.jpg


7/17:追加で一枚。タックルも強いと見ましたよ。
b0032468_655440.jpg


****
試合の出来はというと・・・
心優しきサポーターさんたちには怒られるのを承知で申し上げますが、「んでもなあ、こんな試合でいいのかねえ・・・」

公式戦でこういうクラスのレフに吹いてもらえるようになる日はいつかしらん
b0032468_70592.jpg



明日も松尾で試合してきます。暑くて年寄りにはゆるぐないっす
by skipoyaji2 | 2005-07-16 23:17 | Comments(0)

梅雨

今年はなかなか手ごわい梅雨で、盛岡も毎日雨でやんすが、今日は漸く晴れました。明日もどうやら持ちそうです。KSWも、おらほもいい試合できますように。
by skipoyaji2 | 2005-07-15 19:05 | Comments(0)

Front row

重枝君が3番で練習開始だそうな。

そこでフロントロー話をひとつ。ご存知の方はご存知でしょうが、前の3人、1番から3番まで全然組み方が違います。

プロップとフッカーの大きな違いの一つが、ロックからの押しの有無。通常、ロックは4番が左肩で1番を、5番が右肩で3番を押しますが、フッカーは押しません。フッカーは、後ろから押されるとフッキングできないからです。従って、こと前後からの物理的プレッシャーという点だけでは、フッカーはプロップに比べれば負荷が少ない。私は1番なのですが、人がいなくて2番をやらされると、体自体は楽です。ただ、2番は体が柔軟でないといけませんし(そうでないと足が出ず、フッキングできません)、落ちるときも両側をプロップに挟まれているので、ゆるぐないです。

プロップでも1番と3番は組み方が全く違います。3番は自分の頭の右側に相手1番、左に相手2番の頭が入り両側を挟まれた状態なので、「tighthead=きつい頭」といいます。こういう状態なのでスクラムでは最も重さがかかる位置になることから、スクラムの要と言われるわけです。スクラムを押しにかかるときにも、3番が前に出られないとスクラムは回るばかりです。

一方、1番は自分の頭の左側が空いています。「Loosehead=ゆるい頭」と言われる由縁です。1番は、自軍ボールのスクラムの際に、相手3番を持ち上げ気味にしてフッカーがボールを見やすくしてあげるのが重要業務です。3番に比べ小柄な場合が多かったのですが、最近は皆大きくなったので、余り差はなくなってきたように思います。また、3番が筋力の塊であることを求められるのに対し、1番にはより経験が求められる・・・とは往年のEnglandの名プロップ、Fran Cottonの言です。

釜石では長山氏が1番、3番両方できましたし、石山氏が晩年2番に転向しましたが、一般にフロントの複数ポジションができるプレイヤーは非常に少ないです。

重枝君、体はあるのですが、さて3番の経験はあるのか、きちんと組めるのか。やはり日本人の3番の調達が困難ということでしょうか。
by skipoyaji2 | 2005-07-15 05:03 | Comments(3)

タマリバって

強いんだか、弱いんだかよくわかりません。若手主体の三菱重工Bに63-19で勝っているかと思えば、早稲田Cに負けたり。まあ、クラブなので人の集まり具合にもよるんでしょうけどね。
by skipoyaji2 | 2005-07-13 19:20 | Comments(0)