<   2004年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

長谷川レフ

本日、12/28の1回戦、新田高校v札幌山の手高校のゲームで花園初ホイッスルを吹きましたよ
by skipoyaji2 | 2004-12-28 17:04 | Comments(0)

NBs 後半

後半、タイ・グラッシーを投入します。時折、なるほどこれで釜石はやられたかというブレイクを見せますが、秋田のディフェンスもしぶとい。

ループで囮になるムーヴも見せていましたが、これは秋田に読まれていた感がありますね。

後半風下の秋田は、PKからは劣勢のラインアウトを避け、タップキックからのクイックスタートでリズムをつかみます。意思統一が明らかでした。

最後は無理せずPGでセーフティリードを確保。外国人選手なしでこういう試合ができるとは、秋田NBs畏るべしです。

釜石の仇を取ってくれたと暢気なことは言ってはいられませんぜ、こりゃ。

(後半8分)
b0032468_1147441.jpg

(後半20分)
b0032468_11475729.jpg

(後半23分)
b0032468_1148823.jpg

(後半25分)
b0032468_11481766.jpg

(後半32分)
b0032468_11482532.jpg

by skipoyaji2 | 2004-12-25 11:49 | Comments(0)

お見事!秋田NBs

 戦前の私の予想は50-20くらいでNTT。秋田は前半粘りを見せるも後半で自力の差が出ると踏んでおりました。
 が!秋田は本当に立派なラグビーを見せました。今日のアミノはかなり風があり、秋田は前半風を背負ってのゲーム。スタンドオフのロングキックで敵ゴール前でラインアウトのチャンスを得ますが、勝負どころで取れません。
 取れそうで取れないものの、秋田はディフェンスも粘りを見せ、NTTに容易に得点を許しません。アダム・パーカーが前半早々退場しましたが、NTTはタイ・グラッシーを温存。秋田を舐めていたと思います(私もですが)。

(前半3分)
b0032468_11352113.jpg

(前半9分)
b0032468_11355984.jpg

(前半10分)
b0032468_11373350.jpg

(前半35分)
b0032468_11381911.jpg

(前半36分)
b0032468_11433380.jpg

(前半36分)
b0032468_1139893.jpg

by skipoyaji2 | 2004-12-23 22:42 | Comments(2)

プレイオフ

釜石が出るはずだったプレイオフ、明日、すきっぷ見届けてまいります。
by skipoyaji2 | 2004-12-22 22:05 | Comments(0)

12/19雑感

TL第10節、残りの1試合、クボタv.三洋。宮古高校OB、山口君率いるクボタが1点差で勝ちました。キャメロンがケフーに替わり先発のナンバーエイトで出場したようです。

三洋地元の群馬前橋の試合ですが、観衆2954人だと。寂しいねえ・・・
by skipoyaji2 | 2004-12-19 20:26 | Comments(0)

12/18雑感

本屋にいったら、大西鐵之祐ノート「荒ぶる魂」という本がありました。
例のごとくのワセダ本か、と期待もせずに手に取ったのですが、大西教授の最終講義などを再録したもので、「クラブ」についても言及されています。第5章で、先進国の「スポーツクラブ」と日本の後進性と題し、英国などのクラブの何たるか、日本にクラブが根付かなかった理由などが述べられています。釜石のクラブ化に思いのある向きはご一読されてもいいかも。

***************

トップリーグ三昧
12/18(土)は昼からTL観戦三昧。社会人のラグビーをテレビで同じ日に3つも見られるとは、思えばいい世の中になったものです(ジジくせ~)。

見れば、岩手県出身選手が、東芝の佐々木君(久々の登場)、サントリーの北條君、トヨタの七戸君と、皆、リザーブながら登場。学生も含め、各地に散った岩手出身の選手を集めればどんなチームになるんだろ。

おっと、それから前座レフ氏は、この日も前座レフ。いや失礼。二本立の一本目を吹いたというだけですね。

****************
レフリーといえば、Sレフのコールは気になります。密集で、やたらと"No, no"というコールが聞こえます(以前、「ダメッ、ダメッ」と言うレフリーもいましたが、その英語版か)が、言われたほうは何が"no"なんだか分かるんだろうか?きちんと、"On your feet"だの"Hands away"だの具体的に指示したほうがいいと思うのですが。
氏の言う"No offside"というのも和製ラグビー英語の典型で、どうせ英語でコールするなら"Stay onside"ですね。
by skipoyaji2 | 2004-12-19 08:44 | Comments(0)

祝 全国大会出場!

といっても長谷川レフのお話。一つ下のトピックにso氏がコメントをつけていますが、長谷川レフが高校の全国大会で笛を吹くそうです。がんばれ~!
釜石も来年は続け~!!
b0032468_2015514.jpg

by skipoyaji2 | 2004-12-15 20:14 | Comments(0)

Kamaishi's campaign ends

as they were beaten by NTT East by 30-44 in thier last match of East 10.

The winner NTT East secured the third place in the league and will proceed to play-off where a ticket to promotion-relegation game is at stake.

On the other hand, the men in gold and blue were dropped to the fifth seat and will have early holiday season.

******************

 本日は、てづじんさんの速報にかじりつくでもなく、咲太郎さんのチャットで騒ぐでもなく、他の作業をしながら時々経過を見ていました。淡々と・・・
 勝てないだろうなあと、もう心のどこかで覚悟していたんでしょうね。結果を見ても、悔しさも沸いてきません。

 選手の皆さん、ご苦労さまでした。

******************

 「今季が終わっても釜石のラグビーが終わったわけではありません。」
 ・・・・・と書こうしてふと思った。
 こういう納得の仕方を始めてから何年経っただろうか。
 かつて人は釜石に、日本選手権、社会人選手権の優勝を求めていたものだった。
 東日本リーグができてからは、リーグ優勝。しかし、それを望み得たのも僅かな期間。1つは勝ってくれ、更には陥落だけはしてくれるなと、要求水準はどんどん落ちる。
 思いは叶わず、下部リーグに落ちて、早4年。気づいてみれば、優勝どころか、3位獲得するかどうかが要求水準。随分、遠くへ来てしまったものだ。そして、その3位も得られずにシーズンは終わってしまった。

 これは選手個々の頑張りとか、采配とか、そういうレベルではない(イースト10で3位でなく5位になった。これはなぜかとなると、そういうレベルで論じられるべきだろうが)。チームというか、クラブの強化のあり方の問題だ。企業クラブであることを捨てただけに、また、これが解決が難しい課題なのだが。

*******************

 「もう応援するのやーめた」って人も出るんでしょうね。
 しかし、岩手でラグビーとともに生きる人間にとっては、釜石というのは、日本人にとっての日本代表と同じ。どんな成績であれ、自らのトップチームは替えられない。

*******************
> 勝てないだろうなあと、もう心のどこかで覚悟していたんでしょうね。結果を見ても、
> 悔しさも沸いてきません。

上でこういうことを書いたのですが、ネット上を彷徨している私。

すると振興局応援団のブログには、
「30-44で負けました。感動しました。携帯からの速報です。」
との記事が!負けたくせにまたも感動的な試合をしたのか!?
これだから釜石というチームは・・・・(涙)

そうこう言っているうちに公式掲示板にも、いい試合だったとの書き込みが!
一体、どういう試合だったのか!!
by skipoyaji2 | 2004-12-12 15:42 | Comments(3)

NTT戦

 またも、オラは参上できません・・・・。が、四ッ家さんが応援写真をお配りになるというので、写真作成で協力させていただくことにしました。リザーブも含めNTT戦に出場する選手を中心に、10数枚を四ッ家さんに託します。熊谷のメインスタンドで配られるそうです。どなたの手に渡るかわかりませんが、応援の足しにしてください。よろしくお願いいたします。

b0032468_15564028.jpg

(↑その一部)

 サポータの大声援に後押しされ、我らが釜石は勝利を収め、皆さんは、写真に選手からサインをもらって大満足で帰っていく。そういう日になりますよう!
by skipoyaji2 | 2004-12-11 15:59 | Comments(0)