早明戦

私がラグビーを本格的に見始めた頃、早明戦はラグビーの華であった。
当時と比べれば社会人との差は大きく開いたが、楽しみな大一番であることに変わりはない。
とりわけ海外にいる身には、中継してもらえる数少ない試合である。

大一番が大一番として成立するためには、勝敗がどちらに転ぶか分からぬ展開でなければならない。明治には往年の強さを取り戻してもらわなければならないということである。関東学院が出場辞退となった今季はなおさらであった。

今日は明治の先制トライで、「ををを、今年は!」と思ったのだが、しかし、まだまだ縮まらぬ大きなギャップがあった。

強い明治よ、帰って来い。

新日鐵の残像を追ってはいかんのだが、「そして釜石も」だ。
by skipoyaji2 | 2007-12-02 21:57 | Comments(0)


<< ふたつの釜石 KSW15 セコム31 >>