シューズ話 2017 asics Gel Lethal

本日は「所謂スパイク」、ラグビーシューズの話である。
星の国時代にadidas Flankerの記事を書いた。
10年以上前の話で、それ以降は書いた記憶がないが、時々その記事にアクセスがあり、ラグビー雀の検索でヒットしたりしているのだろう。ラグビーに限らずスポーツを嗜む者は用具に拘る向きが多いが、パフォーマンスに大きく関わるシューズには特に関心が高い。

さて、そのシューズ。上述Flanker以降、不惑加入後は、ミズノのWarrior、それも今では絶滅したミッドカットを使っていた(サッカー用ではくるぶしまで網状に包むものが最近出始めているが)。これは高校生相手など土のグランドでスクラムを伴う場合などは今でも重用している。

スポーツアパレルは有力チームや有名選手が使っているというのが訴求ポイントで、この戦略にまんまと嵌り2012年にはFlankerの後継といってよいKakariを手に入れた。その後、不惑の練習が人工芝となったため、スタッドを樹脂に替え愛用してきたが、流石にシューズの腹が外側に広がってきた(プレイしている向きはその意味が分かると思う)。

というのを理由に、5シーズンも履いたのだからそろそろ新調するべいかと、気になっていたのがAsicsのGel Lethal Tight Five。
その名のとおりFW前5人用で日本代表だと堀江や三上らが使っているほかSRでも愛用者が多い。エレクトリックブルーに黄色いソールと見栄えがいい上に、合成皮革全盛の中にあってつま先にカンガルー皮を奢った物欲を刺激する憎いやつ。
英国はLovell Rugbyの通販サイトをしばしば覗いてきていたが、サイズが払底してきて、在庫はオラの足サイズのみで、遂に4割引き。以前にヘッキャも要るようなことを書いたが、それも日本で買うより相当に安い。というわけで、これは買いと取り寄せる(黒いのはKakariである)。
b0032468_19355272.jpg
履いてみると意外とつま先がきつく失敗したかとも思ったが、家で(家人の不興を買いつつ)履きならしているうちに段々フィット感が出てくるところは流石にカンガルー皮。あとは樹脂スタッドに替えるだけと、外してみると何とネジ径が従来品より大きく入らない。Asicsに問い合わせるも交換用の樹脂製はないというorz..

人工芝でも知らんぷりして履けばと、悪魔の囁き。いやいや、せづは分別ある善きオヤジのすることではないと思い、固定スタッドのものを同じくLovellから求めることにした。それがこのGel Lethal Tigreor 7 K IT FG。
b0032468_19381712.jpg
これも気になっていた一品だが、モデル末期なのであろうほぼ7割引である。ついでに日の丸とイニシャルも入れてもらい、今季の運動公園初練習でおろしてみる。Tight Fiveと同じサイズだが、こちらのほうがややゆったりした作りのうえ、これまたカンガルー皮で非常に足沿いがいい。

このAsicsの両製品ともヒールを10mm上げてあり、自然に前傾姿勢が取れるというのが売りで、adidasでも同趣旨の製品をリリースし始めている。靴擦れもなく(部活時代にこれに泣いた向きも多かろう。痛い割にそれを理由に練習は休めないという厄介なトラブルだ)、軽いし減量効果もあってびゅんびゅん走れる(ような気がする)。練習後、不惑GMが目ざとく、せづは何だと問うて来る。やっぱり、みんなスパイク好きだよねえ。

時に冒頭に「所謂スパイク」と書いたが英語でspike(d) shoesという時には、短距離陸上で使うようなホントにトゲ状のスパイクがついたもの、あるいは意匠としてトゲを付けたファッションシューズをいい、ラグビーのスパイクのようなものはrugby shoesやrugby bootsなどという。因みにbootは動詞だと靴を履いた足で(ボールを)蹴る意味にもなる。通販サイトの購入者レビューなどでAwesome cleats!などという言い方も見られる。cleatsは原義、ソールに金属なり皮なりの突起がついた靴で、これも「所謂スパイク」である。

もうひとつオマケに書くが、Crusaders v Sunwolvesの試合での藤島大解説者。あの水浸しのピッチで、固定スタッド着用のFWの選手を評し、こういうコンディションでは金属スタッドのシューズを履くべきですねと、流石わかってらっしゃる。

オラもスタッドネタではこんなのを過去に書いている。
これ(↓)は検索したら2004年の記事で、もう13年も前だった。


by skipoyaji2 | 2017-04-24 19:55 | Comments(2)
Commented by 前座レフ at 2017-04-26 10:33 x
ども。樹脂製のスタッドもlovellから取り寄せればいいのでは?
lovellには私も世話になりました。
Commented by skipoyaji2 at 2017-04-26 20:59
それもねえんでゲスよ・・・


<< 陽狼 NZでの進化を認める 2017年度 不惑初練習 >>