そして、そのアイルランド

岩手日報ウェブ版のこの記事が1本前のオラ的アイルランド話。
ウェブ版では割愛されているが、本紙では野田市長から返礼としてKSWジャージが贈呈された旨の記載がある。
これには実は桜庭GMのサインが入っているが、氏は少なくとも95年のRWCでアイルランドと対戦している(筈だ。ゴール前スクラムで圧倒され、力の差を痛感した試合であった。)。

記事にあるデザイナーのPaul Costelloe氏はラガーでNo.8又はロック、同道した息子さん2人もいずれもラガー。うち一人は来日直前の週末のゲームで手を骨折したフランカー。故あってこのプロジェクトのお手伝いを少しさせていただいたが、釜石市さんからの返礼にはラグビー関係がよろしかろうと、囁いていたのであった。

こういうラグビー者であって釜石においでになるとあっては、オラとしては何としてもこれを差し上げたく、
b0032468_20462714.jpg
オラの着用品で恐縮であったが、ネクタイ交換はラグビー者の友誼の証、釜石入りする前にお受け取りいただいた。

これはこれでオラにとっては貴重なネクタイであったが、また求めればよろしいと思っていたところ、何と100本限定で、もはや手に入らない。

他方、釜石で再度お目にかかった際には、同じく青の氏のデザインネクタイを頂戴した。その青にスクラム釜石のネクタイを重ね合わせ、もはや何も惜しくはない。こんなもの金で買えるわけがないではないか。ラグビー者であってよかったと改めて思うのであった。

by skipoyaji2 | 2017-03-22 21:01 | Comments(0)


<< 横綱稀勢の里 何という6N最終節 >>