2017年2月冬の日~仄かな春の気配

昨季のシーズン終了くらいから、右膝が痛み出し歳を感じる。中学くらいの時に膝下にぽっこり骨のようなものがでっぱり、ぶつけると「ひぃ」というくらい痛いあのアレ。お心当たりの向きもあるのではなかろうか。
オラも中学の時に出て、ほどなく痛くなくなったので放置してきたが、俗に「軟骨が出た」と言っていた症状、何とオスグッド病というらしい。
痛いのはこれがある右側で、生活やプレイそのものに支障あるわけではないが、先週の雪上戦やら、レッグ系の筋トレをするとその後痛み出す。例年より自主トレに盛んに励んでいるのだが、以前から負荷をかけると疼く右腰蝶番に加え、この膝が気になっている。筋トレもトレッドミルもまだまだ負荷をかけられそうなのだが、どうもこれらジョイント部分がボトルネックだ。

FW特に前5人の筋トレと言えば、レッグプレス≒スクワット→膝に悪い、ローワーバック≒デッドリフト→腰蝶番に悪い、とオラの得意なものはいずれもジョイントには負荷がかかる。

今更、最大筋力を上げても仕方ないのだが、筋トレも重りとの勝負と認識する困った性分。
更に、土曜は市立体育館で白パンフッカーのT君とばったり。地の素養で既に彼にはかなわないのだが、それでも若い衆には負けぬという無駄な闘争心。これを年寄りの冷や水と言うんだな。


さて、その他、観るほうでは6Nとグローバルテンズ。10人制とは実は初めてじっくり見たが、スクラムもちゃんと組むのでフロントローとしてはそこも面白い。PWKの健闘、県人SHの活躍も実に喜ばしい。

日本海側中心に寒波が襲来している週末だが、オラほの辺りは、午後の柔らかな日差しと近所に今年も現れたツグミ。
春も遠くないと思うのであった。(5年前も同じ2月12日にツグミとウェイトのことを書いていた(↓))



by skipoyaji2 | 2017-02-12 18:55 | Comments(0)


<< SR開幕間近 陽狼の躍進を祈り あああ・・残り5分での >>