高校決勝・大学決勝

いずれも素晴らしい試合であった。

東海3番渡邊は既にキャップ持ちだが、日本のスクラムを担う大器であることを十分に証明した。
さて4年生だが、どこに進むのだろう。

ときに帝京竹山のトライは、グランディング不明で処理すべきだったと思う人が多いのでは。
by skipoyaji2 | 2017-01-09 18:18 | Comments(0)


<< ラグビー憲章/よきラグビー者で... TC1 第1節 >>