2017年正月/アンダーアーマー祭り/古老の見立て

それほど体が丈夫なほうでないことは以前も書いたが、結構、正月明けは調子を崩したりする。今回は、それが年末に前倒しとなり、寝込むほどではないが、体調悪いままの年越しであった。

というわけで元日の初蹴りは見送り、大人しく家人らの買い物に付き合うことにした。帰省中の娘、大したスポーツができるわけでもないが、マネ経験者でありスポーツウェアは好きでアンダーアーマーの福袋を買うという。開けてみると、なかなかの当たりと、やっこさん喜んでおる。

続いてラグビー用品も扱う別の量販店に向かうと、ここでもアンダーアーマーの福袋が売れ残っている。型から入るのは父娘共通であり、オラもコンプレッションなど機能性のあるものを喜んで使いたがるタイプ。というわけで、オラも男子用XLを求めることとした。帰宅し開けてみるとこいつもなかなかの当たり。
b0032468_17342391.jpg

元日夜、オラほはアンダーアーマー祭りで、気勢を上げたのであった。

同社製にはColdgearだのHeatgearだのとの区分があり、そういえばオラのウェールズのレプリカにもなんだか書いてあったが、前者は寒冷期間用、後者は酷暑期間用という。両方とも入っていたので、早速、寒冷期用のcoldgearの上下を意味もなく着てみる。高校ラグビーで刺激を受けているところに、風邪も回復傾向とあって、着た勢いで少し近所を走ってみる。今年は雪がないので、雪氷で危なくて走れないという言い訳が自分にできない。

走っていると土地の古老(知らぬ翁だが)が、「おめはん、何たら走って元気がいいなあ」のようなことを言ってくる。続いて「歳はなんぼだえん?」と。さて、どう答えたものかと思い、「なんぼに見えるス?」と応じると、「んー、ななじゅっ!!」。70!?、この流れだから、実年齢よりも若いほうに振れることを期待していたので、返答に一瞬詰まるも、「せづよりは何ぼが、若がんす(汗)」と辛うじて応じたのだが、そうか見た目80くらいの古老に70と言われるほどにオラもヤキが回ったのだ。

そういう今年の正月である。
皆様、今年もよろしくお願いいたします。
by skipoyaji2 | 2017-01-03 17:35 | Comments(0)


<< TC1 第1節 メディアが果たすべきこと >>