花園予選

昨日の1回戦に続き本日は2回戦。
菅平で常用の望遠ズームを壊したオラは、まず見るだけにすっかぁと、しかし、どうせ帰路にはレンズを修理を出しに行くのだからと、いつもの一式を積んで出かけた。
途中、結構な雨が降りだし、こりゃいよいよ撮影は無理だと思っていたが、意外とあっさり雨が上がった。

オラのラグビー用主力レンズは(以下は分かる方だけ分かればよろしい)、EF100-400 F4.5-5.6L IS USMというやつで、ほかにもいくらもゴージャスなレンズはあるが、家族持ちの貧乏サラリーマンには、ほぼこれが限界。

残る手持ちのレンズはタムロンの18-270mmF/3.5-6.3 Di II VC PZDという奴で、画質は多くを望めないが、これ1本でもほぼなんとかなる高倍率ズームである。35mm換算だとテレ端は432mmだからフィルム時代を思えば、十分ともいえる。

思えば、不惑主将の息子の高校時代を撮るのも最後になるし、ゴール裏で撮るだけがラグビー写真ではないと思い直し、なんぼか撮ってみた。

以下にご披露するが、どうであろうか、なかなか悪くあるまい。
このタムロンのレンズはサーボAFの際の追従性もよく、体感的にはEF100-400を凌駕することもある。
周辺減光があり、気にすれば気になるが、味わいともいえる。

b0032468_21181228.jpg

b0032468_21103192.jpg
b0032468_21101884.jpg
b0032468_2110822.jpg
b0032468_2195983.jpg
b0032468_2194966.jpg
b0032468_2193899.jpg
b0032468_2192844.jpg
b0032468_2191860.jpg
b0032468_21989.jpg
b0032468_2185799.jpg

by skipoyaji2 | 2012-08-25 21:11 | Comments(0)


<< 2012 Investec R... イメージトレーニング >>