ラグビーが切れた/フランスv日本など

切れるにはいろいろ用例があるが、オラの今日のは「ヤクが切れた」のソレ。
オフに入りひと月になる。アバラと右腰回りの養生のために筋トレも控えめにしてきたが、日本の先週のトンガ戦辺りからむずむずしだし、今朝のフランス戦で点火。
ジムにて2時間、みっちりウェイトとトレッドミルで汗をかく。故障箇所も痛くなることない。これはこれでいいのだが、する、撮る、見るのうち、見るしかできない北国のオフ。ラグビーが切れてきた。
「ラグビーを、ラグビーをさせてくれえ~。ゼニはぁ、ゼニはここにある(荒息)。」

さて、日本のフランス遠征。
先週はトンガ相手にノートライに抑え完勝。RWC以外のトンガは本物ではない。
それでもウェールズを苦しめており、侮れない相手だったがよく抑えた。
続くフランス相手にもソリッドなゲームができるかどうかだと思っていたが、世界ランキング8位から10位程度の地力があることを証明した。
HC交替以降、種々論議あるところ、メディアももう少し落ち着いて論評すべきだと思うが、ま、煽ってアクセスなりで注目させるのが商売か。



あ、また切れてきた。
あ“あ”あ“~、ラグビーを、ラグビーをさせてくれえぇぇ
屋内練習はいつなのよぉおぉ~


# by skipoyaji2 | 2017-11-26 18:04 | Comments(0)

2017年11月 国際試合群結果

b0032468_21404072.jpg
日本が楽観できるともいえるような、そうでもないような、そういう結果。
# by skipoyaji2 | 2017-11-19 21:42 | Comments(0)

しつこくて恐縮だが 更にウインドウマンス window month

11月の国際試合期間に入ったせいか、Window Monthに関する記事へのアクセスがこのところ多い。
(これら↓

拙ブログのせいではあるまいが、一時ほどウィンドウマンスを使う向きは減ったような気もするが、まだまだ見られる。
J-sportsウェブの番組案内でもがっつり書いており、影響大きいだけになんだかなあと思う。

WRの広報テレビ番組であるところのワールドラグビー過日放送の#46でも、このwindowが期間であることを示す用例があり、
11月の国際試合に話題が移る際、ナレーターが
This weekend test window kicks off in earnest.
という。
「今週末、テスト(マッチ)期間が本格的に開始」という意味だが、windowを期間と取るとすんなり理解できる。

# by skipoyaji2 | 2017-11-19 21:13 | Comments(0)

2017不惑シーズン終了後のあれこれ11月

10/29、雨の降る中、最後の朝練で岩手不惑のシーズン終了。
少人数で延々と続くタッチフットの後は何と100mコンビ。
最後の展開でSOが上げたキックパスをオラが(ナイス?)キャッチで、ダイビングトライ。
あれを落としていたら何を言われたことか(安堵)。

これで終わりのはずだったが、11/3の他チーム試合に助っ人で参戦。
行ってみると若い子ばかりで場違いであったが、ウサギ組盟友も1人現れ、好天のもと30分ハーフを乗り切った。十分走れるのだが、知らぬじいさんにはなかなかパスを放ってくれない。ま、オラもあんな若い子に本気でタックルされてはひとたまりもないから、いい天気で60分プレイしたということで良しとする。

今季は減量、ミッドウイークトレーニングの成果もあってか、肉離れほか、大きな故障もなく過ごすことができたのだが、シーズン終了直前、さもないエクササイズで例の右腰蝶番を再び痛め、11/3の試合でも終盤痛み出してしまう。

東北不惑で打ったアバラも普段は何ともなくなったが、体幹に負荷をかけるウェイトなどすると、途端に疼き出す。朝練が終了したので、ジム通いに切り替えたいのだが、ちゃんと治してからでないと、いつまでも痛みが続きそうだ。というわけで、家でできるダンベル程度に抑えて、基本、オフにしている11月である。

この間、高校新人戦(わが校はAブロック陥落)、RWC2019カードの発表(釜石は特にロジスティクスが心配)、日豪戦などがあった。
豪州戦の結果には、種々、論評あるが、豪州との力関係は本来こんなものだろう。前回、南アに勝ったことのみを以て、日本の力を過大評価しがちではあるまいか(無論、オラもRWC2019での躍進を期待はするのだが)。というわけで勝てる相手にきっちり勝つということがまずは大事で、今週末のトンガ戦の内容に注目と思う。

さて、東芝の経営危機は案の定、ブレイブルーパスにも影響しそうで心配なところに、今度は神鋼の問題。
いっそのことが鉄鋼巨人が引き取り、新日鐵住金コベルコスティーラーズwith KSWなんて、合併後の某都銀みたいな長い名前にしてダブルホーム化するとか、ま、こういうのを妄想という。

# by skipoyaji2 | 2017-11-16 20:48 | Comments(0)

永遠のラガーマン曰く

今月の文藝春秋巻末、社中日記。
社長からの新規事業募集の巻、オチの部分にどこかで拝見したお名前が(56○のほうでねえど)。
b0032468_15351427.jpg

ルーティンが大事と力説の段、大いに同感。


「あっ!アレはドゴさやった!?(ドキーン)」という中高年混乱あるあるを避けるには、ブツは常に同じところに仕舞うというルーティンを励行しないと。
え、趣旨が違う?
これまた脱力。

# by skipoyaji2 | 2017-10-27 19:25 | Comments(2)

2017年体育の日(3)

というわけで8日の朝練。
試合前日であり、通常、合わせ程度になるものだが、1時間みっちり走らされる。
前日とうって変わって行楽日和だったが、帰宅し風呂に入ると前夜からの疲れがどっと出て休養に充てる。

そして体育の日は、仙台との恒例の定期戦。
一応機材は持って行ったが、この試合フォーマットではなかなか対応が難しく、試合は措いて今季のテーマのひとつである集合写真はきっちり抑えるつもりでいた。試合後も雲が取れず、光が今イチだなと思っていたが、仙台が合流した辺りで光が差し、いい具合となった。

集合写真は実は意外に難しい。
式典などで職業カメラマンから立ち位置など細かく指定されたりした経験は誰しもお持ちだろうが、全員の顔が写り、目を閉じさせないというのは結構大変である。
構図、水平をきっちり取るには本来三脚を立てるべきだが、試合後はそういう暇もない。
ヤマノカミが代わるかと言ってくれるが、段取り、盛り上げも含め、ここはオラの仕事としてやらねばならぬ。完璧とは言わないが、ま、及第点か。原版リンクは不惑公式ブログに掲載したので、ここにはウォーターペーパー仕上げで。

b0032468_21010872.jpg
ちょうど同じころ、次ゲームの緑生園v消防の集合写真の撮影が行われていたが、スタンドを見上げる方式。光の具合によるが、来季はこれを試してみよう。

今年は懇親会も撮るべえとスピードライトも持って行ったし、ヤマノカミのウクレレ伴奏も初披歴すべく、アンプも持参。撮影だ、伴奏だと商売道具が多くてオラだぢ大変なんだ。普段はY先生のハーモニカのみのところ、当日のオファーであり、何とおっしゃるかなと思ったが、先生もお喜びであった。

時に、エレキギター。若いころにギターをいじった経験がある向きが我が年代多かろう。
ウクレレに触発され、オラも昨年、長年の願いであったエレキギターを求め、不惑部歌は練習曲のひとつとしているが、音楽一般に不得手であり、本番でコケると恥ずかしいので、お披露目に至るかどうか。

さて、試合だが強い選手が揃ったFWで行けとの指示。
序盤のラインアウトモールからぐっと前に出て、強い選手がガンガン前に出ていく。
オラも2度ボールをもらい当たりにいく。最初はダウン後、よせばいいのに上手ぶってポップパスを出しノックオンを誘ってしまい、元笛吹きに怒られる。
懲りた2度目はもらった時点で、ただ当たると決めてしまい、これはいいダウンボールになったが、この時は後ろからヒゲウサギが盛んにパスを求めていたので、引き付けて放るべきだったかも知れない。

公式ブログでは、この日レフリーを務めたS弟氏に、どうしてもケガができない事情でレフに専念との言及。
読んで、ああオラも本来そういう立場かもと思う。

懇親会では北上のS先輩から、ブログ楽しみに読んでいるが、最近記事が少ないとのご指摘。
これもあり、体育の日3連休関連で4本書いた次第である。
どんどはれ。

# by skipoyaji2 | 2017-10-13 20:54 | Comments(0)

2017年体育の日(2)

7日TLのTMOは我等が前座レフであり、夜は拙ブログでも触れたお師匠さんを囲み仲間内で痛飲。
(時に減量後、初めて師匠にお目にかかったが、「SKP、オメちっちぇぐなったな」と。病気でねえかと心配される)
仕事関係では翌日まで響く呑み方はもうしないのだが、ラグビー者の呑みは激しい。
その夜の会話でも、翌朝の練習には参加することが当然の前提となっており、呑んだからといって休んだら負けになってしまう。従い5時半にきっちり起きる。

元・笛吹委員長は前座レフを連れて来ると言いながら、自身は遅刻で前座レフも連れずに現れる。曰く、迎えに行っても無駄だと思ったと。

幸い、翌8日の朝も具合がひどく悪いというほどではなく、朝練にはきっちり出たが、コンビでは隣のフッカーN君に「SKPさん、酒くせえ」と嫌がられる始末であった(往来で運転はしていないので念のため)。

時にそのN君、2005年(12年前!)拙ブログの掲載画像に写っていたことがあり、何と岩手選抜であった。
強いわけだよ。ブログも長いことやっていると思わぬ蓄積があるね。

ボールを持っているのは元KSWの佐藤君で、早いこと我らの常連になってGMをベンチに追いやらないと。

# by skipoyaji2 | 2017-10-12 19:40 | Comments(5)

2017年体育の日(1)

体育の日3連休はラグビー漬けであった。
その初日、7日はTCとTLの2本立てに加え、RWC2年前イベントも併催。
何とも非情な雨模様でこの点は残念であった。
TLの撮影はお仕事として請けており、こちらに万全を期さなければならない。
従い、止まぬ雨の中、機材と自身がダメージを負わぬよう、TCには残念ながら力を入れられない。
試合のほうもKSWの今季の立ち位置が明らかになったと言わざるを得ない結果となった。

TLは、メインの○キさん、サブのオラで撮るのだが、我々のお役目は試合レポート用の画像を収めることにある。
ライター(それが誰か今回初めて知ったが)が恐らくこう書くであろう筋書きに沿ったショットをできるだけ抑え、かつ、試合後ただちに、メインの○キさんに選抜画像をデータで渡さねばならず、あまり撮り過ぎると処理が厄介(一昨年は撮り過ぎて迷惑をかけてしまった)。
本記事執筆段階ではレポートはまだアップされていないが、お役に立つショットがあればよいが。

時に最近のTLをTV中継で観客席から超望遠で撮っている姿を見かける。
禁止ではなかったのかと思ったが、どうも緩和されていたようだ。

オラが中学、高校と写真部だったということは過去に書いた。
ラグビー写真を高校2年から撮るようになったのは、人を感動させるのは人の姿ではないかと当時思ったからであり(ま、今思えばそんなこともないのだが)、心底ラグビー者となった今では、ラグビーの素晴らしさをなるべく多くの人に知ってもらいたいと思う。今回の2年前イベントにもそういう趣旨は含まれている筈だ。協賛してオラができることは、ボールを持って突進の如き典型的ラグビー写真ではない、ラグビーの何かをお伝えするお絵っこをご覧に入れることではないか。
そういう意味で、7日撮影分からいくつかご覧に入れたい。

b0032468_19281952.jpg
b0032468_19281957.jpg
b0032468_19282090.jpg
b0032468_19282036.jpg
b0032468_19282188.jpg
b0032468_19282100.jpg
b0032468_19282029.jpg
b0032468_19281927.jpg


# by skipoyaji2 | 2017-10-11 19:31 | Comments(0)

KSW11, 日野24

知られざる闘い。
心霊写真でねえど。
b0032468_20340588.jpg

# by skipoyaji2 | 2017-10-08 20:35 | Comments(3)

神様が認めるトライ

昨日は花園予選準々決勝であった。
久々の母校進出につき、先週は少しばかり練習の台になり、昨日は撮影に出かけた。
OB会現場担当副会長によれば、ひとつ前の試合が会心の出来だった由。
恐らく大敗になるであろう準々決勝より、そちらを撮るべきだったかと些かの悔悟があった。

他方、拙ブログで過去に書いた「負けたが勝ったような試合」、


その再来なるかという期待もあった。

開始早々、試合結果を予感させる失点。
しかし、スクラムを共に組んだ若い友人ら、何ら切れることがない。
オラもこの一瞬、全てを収めるべしと気合いが入る。
スコアはどんどん開く。都度、我が方ボールのリスタートとなるが、そのボールを追うFW諸君の気迫は萎えることがない(SHのような体格のロックまでいるのだ)。BKの守備も気持ちは切れず、抜かれて容易に独走を許すシーンがない。
b0032468_16583304.jpg
(フォトショップで画像加工してある)

そして、最後の最後にFWがじりじり前に出て、百点ゲームに一矢報いる。
以下は昨日、オラがOB会のMLに投稿した文面の引用。
「撮影者の視点からいうと、力の差はありながらも飽くなき勇敢なタックル。
ラグビーの神様がそれを認め、最後にトライをくださった、そういうゲームだったと思います。」

30分ハーフの試合で1500枚も撮っていた。
いいものを撮らせてくれてありがとう。
この翁の写真が、貴兄らがラグビーを続ける一助になれば嬉しがんす。

一方、KSWは開幕3連敗となった。
HT10点差リードで今日はさすがにようやく初勝利かと思っていたのだが、なんたらおめはんだぢは・・・・本日のワレの試合を措いて行っていれば、上の記事を書く意欲まで削がれていたかも知れぬ。


# by skipoyaji2 | 2017-09-24 17:01 | Comments(3)

寅次郎先生であれば/KSW2017開幕を控え

某日の下り新幹線の車内。若い女性の二人連れ。
一人が切符をなくしたようで、スマホを見てウェブにはこう書いてあるよと言ってみたり、改めてあちこち探してみたりだが、車掌氏からの「なくした切符は駅でも見当たらないようです」との言に落胆している。諦めたか、「いいよ、もう寝よう」と。

娘を持つ身でもあり、気の毒だなと思っていたが、自分にできることもなく、声をかけたりすれば却って怪しまれたりし兼ねないご時世。
こういう時、車寅次郎であればどうするかな、などとぼんやり考えてみた。

~~~~

「どしたい、お嬢さん、切符をなくしたのかい。よし、俺が車掌に話をつけてやらあ」
と車掌室に殴り込み。
「おい車掌さんよぉ、見ろ、このお嬢さんは、雪深い青森からなぁ、女工の仕事でやっとの思いで貯めたお金で、東京に行って来たんじゃねえか。改札を通ったんだから切符は持ってたに決まってるじゃねえか。何とかしてやれよ!」

米倉斉加年演じる気の弱そうな車掌。
「お、お客様、きっ、規則ではもう一度買っていただくことになっておりま・・・」
「なんでぇ、なんでぇ規則、規則って、血も涙もねえのかい。これだから国鉄はダメなんだ!」
「お客様、もう国鉄ではございませんで、JRで・・・」
「ゼーアールだが何だか知らねえが、ちったぁ気の利いた計らいはできねえのかい!ほら見ろ、お嬢さん困ってるじゃねえか!」
「(青森弁で)寅さん、もういいでば。ねぐしたオラが悪いんだから・・」

と、寅、件の札入れをポンと置き、
「車掌さんよぉ、それじゃお代は、こっから取りな。それなら文句ねえだろ!」
と、車掌が財布を恐る恐る覗くと、そこには500円札が一枚。
「お客様、これでは少し・・・」
「足りねえってのか?」
財布の中身を見た寅はじめ、一同バツの悪い表情に。

場面は変わり青森駅頭。3人が笑いながら歩く様子。
切符は無事見つかり、
「寅さん、オラ、どうすっぺがど思ったよぉ」
「ほんとだな、俺もどうなるかと思ったよ(笑)」
「お財布さ、お金入ってないんだからぁ(一同大笑い)」
「ところで寅さん、これからどうするの?よかったらウヂさ泊まっていかない?」

と行った先には、出戻りの綺麗なお姉さんがいて・・・
あとはお約束の展開。
~~~~

このくだらぬ妄想の元は、huluというネット配信TV。「男は・・・」シリーズも毎月3本ほど新規配信されるのを楽しみに拝見している。本シリーズは、若いころからオラも不惑GMも好んで見ていたが、その息子(拙ブログでは「ワレラガムスコ」と称している彼)、若いくせに全話見たという見どころのある奴。

さて、今週末公式戦開幕となるが、果たして出番はあるか。
ラグビーのラの字もない話に始まり、久々にKSWネタで〆るわけである(多少ムリクリ感はご容赦を)。

# by skipoyaji2 | 2017-09-06 05:46 | Comments(0)

アバラやらなにやら

減量の成果もあろうか、加えて、小さな擦り傷、過度な日焼けも含め、避けられる不具合の類を全て回避できるよう、練習・試合とも常時、ヘッドギア、ロングコンプレッションタイツを着用したりしているせいか、今季は肉離れもなく、調子がいい。

他方、打撲は不可避で、日曜の試合でアバラをまたも痛打。試合中はあまり気にならなかったが、帰路から結構痛み出し、これが引かない。もしかしてと思い医者に診てもらうと、骨はなんともないが、暫くは安静にせよと湿布をいただく。

任天堂のwii fit plusという、ひと昔前話題になった家庭用トレーニングゲーム。数年前に勢いで求めたのだが、元来が飽きやすい性分で、長いこと放置していた。
そういえばこれにも体重管理機能があった筈と、盆休みに引っ張りだして4年ぶりに測定すると、やはり10kgほどマイナスと出る。

以後、購入当時好んでやっていた筋トレ系の一部を再開しているのだが、今週はアバラに響くので、今まで使っていなかったバランス系(これがまたオラの弱点でもある)を試してみると、なかなか侮れない負荷をかけられる。調子に乗ってしばらくやってみたら、汗は滴るわ、息は上がるわ、40分で0.5kg落ちていた。

筋肉のケアにはコレも効いているかもしれない。
b0032468_06283860.jpg
筋膜リリースに効く、トリガーポイントTM。
ゴッドハンドのS先生が、東日本(当初「東北」と書いたが東日本の間違い)不惑にお持ちになっていたので、効くに違いないと求めてみた。筋膜とやらがリリースされているのか分からないが、少なくともイタ気持ちよいことは確かで、むくみ感も解消する。ジムにも持って行きクールダウンにも使っているんである。

先日の東北不惑では諸先輩方、大いに躍動された。こうしてオラも心身万事出来る限りの手入にて、赤、黄、そして紫までいきたいものだ。
日曜はそのOver60のねんりんピック強化練習2時間コースなるも、このアバラでコンタクトは無理だし、それ以前に他用ありで、お相手を務められず残念。来週の秋田大会、健闘を祈ります166.png

# by skipoyaji2 | 2017-09-01 21:25 | Comments(0)

2017 東北不惑 兼ねて県内五惑

昨日は北上をホスト地として東北不惑大会、兼ねて県内五惑大会であった。
この天候不順の今夏にあって、唯一といってよいほどの快晴。
湿度も低く、この日までに不惑各位が傾注してきた努力に相応しい舞台となった。

我が方は裏方でもあり、大会を成功裏に終えることができたのも、北上勢含め特に役員各位のご尽力の賜と(仲間うちながら)敬意を表したい。

オラも役員の端くれであるが、お役目は例の如く撮影部隊。
奥州の○キさんの応援を得て、また、今回は頼んではいなかったがヤマノカミの撮影分含め、多数のショットを得た。
撮影とプレイが両立できるゲーム編成も有難いことであった。

さて、実は撮った後が一仕事であり、懇親会をパスして帰宅し、画像選択、アップロードを当日中に済まるというワレに課しているノルマを達成。一方、この日の目標は、なるべく全員撮るであったが、これは2台体制でもなかなか難しい。

選抜全編は公式ブログに貼ったが、3人の撮影者分からオラ的なベストショットをここではご覧に入れる。

奥州○キさん分
先々週の練習で負傷したところ、撮影を快諾いただいた。
主に撮影をお願いしたピッチは逆ゴール側での攻防が多かったようで、何だか申し訳ない。
オラが選んだのはこの一枚。水平を保てなくなりがちなトライシーンだが、それも半流しで捉えたスキルはお見事。
b0032468_20291503.jpg
ヤマノカミ
撮影技法で敢えて主題を画面脇に置くというのがあるが、これは当日の青空を強調したナイスショットである。
水平が取れていないのも味のひとつと理解し補正せず、ちょっとだけトリミングしたが、意図的にこうしたのなら大したものである。
b0032468_20303741.jpg
オラ
昨日、岩手日報と思しき記者が来ていたが、果たして今日の朝刊に掲載があった。
我が方、黄パン戦士の画像を使っていたが、ワイド気味に試合の雰囲気を描写した報道写真的によいショットであり、参考となる。オラからはワレが旨とする望遠の切り取り画像でご案内する。
b0032468_20315389.jpg
さて、お役目とはいえ、オラは撮ることそのものが道楽であり、それがどこかで役にたてばよろしいと割り切っている。それでもFBでいただいたTさんからのコメントは正直嬉しい。

冒頭書いたように今回の大会はじめ、日々のクラブの活動も、全く見えない地味な裏方に支えられていることを忘れてはならず、オラにはご披露できる画像がある分、恵まれていると思わねばバチが当たる。

# by skipoyaji2 | 2017-08-28 20:34 | Comments(2)

本日のM1、M3、M北 OB戦 集合写真



# by skipoyaji2 | 2017-08-13 15:03 | Comments(0)

朝練の効果

先の三連休の日曜はOver60の試合のため、朝練がなく、ジムでの自主トレで代替し、以後、久々に長期出張に。体重、筋肉量の変化が心配であったが、旅先でもできるトレーニングをしたことや、食事にも気をつけたせいか若干の体重増に留まる。

戻って、それ、2週間ぶりに朝練かと思えば、豪雨で中止。今週になって体重は元に戻るも、筋肉が1kgほど減。
家でできるダンベルトレーニングは結構しているのにである。

大きい筋肉は下半身にあり、走ることの多い朝練の効果って大きいんだなと思う次第。

次の日曜は、非不惑の試合で、これまた朝練をパスとあいなる。

# by skipoyaji2 | 2017-07-25 20:26 | Comments(0)